ピクシブ百科事典

赤い実はじけた

あかいみはじけた

名木田恵子による小説。転じて他の意味でも使われる。
目次[非表示]

概要

名木田恵子による小説
光村図書出版の国語教科書に掲載されていたことで有名。

内容から転じて「恋に落ちる」という意味で使われることがある。pixivではこの意味での使用が多い。イラストだけではなく、小説でも使用されている。内容に関しては腐向け二次創作が多いので、閲覧の際は注意する事。

「赤い実」が邪気眼の意味で使われることがある(大人の階段を登り出すという意味)。
初恋をするようになる→煩悩に悩むようになる→心が穢れる、という連想だとか。

その他の使用


関連イラスト

赤い実はじけた瞬間



関連タグ

短編小説 初恋 生理 / 初潮 精通 大人の階段
二次性徴 ローティーン 小六病 中二病 嫉妬

pixivに投稿された作品 pixivで「赤い実はじけた」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 84684

コメント