ピクシブ百科事典

那雲澪

なぐもみお

那雲澪とはセブンスドラゴンⅢの登場人物である。

CV:豊崎愛生

概要

ゲーム開始時に主人公が最初に出会う少女。14歳。
VRゲーム「セブンスエンカウント」のチケットを持っていた所、偶然出会った主人公と共にゲームに参加する事になる。
と言うよりも主人公はチケット無しで「セブンスエンカウント」をやろうとしていた
(なお、当ゲームはプレミアムチケットが3年待ちと言う超が付くほど大人気のゲームである)

性格は純粋無垢。
その為かナガミミの「会話の前後にナガミミ様バンザイとつけろ!」と言う無茶苦茶な命令にも従おうとしていた(勿論その後ナガミミはジュリエッタに怒られた)。
ちなみにノーデンスにやって来たのは、行方不明になった父親を捜す為。

「竜斑病(りゅうはんびょう)」と呼ばれる不治の病を患っており、咳き込む事が多々ある。
アリー曰く「身体能力は最悪」。
その一方で知識や解析力はS級レベルと非常に高い。
ゲームの際も非凡なオペレート能力を見せ、本格的にノーデンスのオペレーターとして参加する事になった後もエデンの学都・プレロマの地形データからほぼ完璧な作戦を考案する程。

好物はドライフルーツ。

ここからはネタバレとなっております
ネタバレを嫌う方はブラウザバックをお願いします






















髪の毛の色・優れたオペレート能力の持ち主と言う事から過去作に登場したミロクミイナとの関係性が疑われたが、それもそのはずである。
彼女は「NAV」シリーズの一人・ミハルと、「ISDF」所属の軍人・ヨリトモの間に生まれた娘である。
つまりNAVシリーズの混血

NAVシリーズは竜斑病で全滅しており、これはミオの母親であるミハルも例外ではなかった。
ミオ自身もNAVシリーズの肉体的脆弱さを受け継いでしまっていたが何とか生き残っている。
その為、事実上の最後のNAVシリーズとも言える存在である。
普通のNAVシリーズと違うのは、あくまでも普通の人間であると言う事。

しかし、能力の悪用を恐れた父親・ヨリトモは「自身とミハルの娘」としてのミオの戸籍を抹消し、彼女をナグモ博士に預けたのである。
苗字が那雲(ナグモ)なのはその為。
ヨリトモ自身も、自身が父親である事を知られるのを避けている。

ちなみに、ユウマはミハルが生きていた際に行っていた研究の結実と言える存在。
つまりミオとユウマは(ある意味では)兄弟に近い存在である。

ここからは本編終盤のネタバレとなっております
ネタバレを嫌う方はブラウザバックをお願いします

























アリーが正体(第2真竜ノーデンス)を明かした際、主要人物が殺害され地球上の全ての生物が死滅する中、事前に使用していたワクチンの効果に加え13班に庇われた為何とか生き残る。
しかし、その場に現れたユウマによって殺されそうになってしまう。
その時、ユウマの攻撃から命を懸けて彼女を庇ったのは父親であるヨリトモだった……

その後は「シン・ドラゴンクロニクル」によって「Code:VFD」に対抗する為、千鳥ヶ淵へ向かう主人公達を必死にナビゲートするも、ナグモ博士からもらったワクチンによる病状悪化の遅延が追い付かなくなり遂に息も絶え絶えになってしまう。
ユウマを倒しノーデンスとの決戦に向かう13班に最後の通信を入れ、希望を抱いたまま遂に事切れてしまった。

しかしその魂が消える事はなく、全ての情報が統合された世界「グレイトフルセブンズ」の奥底でVFDに苦戦する主人公の前に現れ激励の言葉をかけた。

VFDが倒された事により主人公は世界を再構築する。
しかし竜に関する記録がすべて消えた影響で、最後まで行動を共にしたナガミミ以外の記憶から主人公の存在が消えてしまった(ナガミミはナガミミで主人公の意向で姿が変わってしまったが)。

そんな世界でミオは父親であるヨリトモと共にあるパーティーの準備をしていた。
(恐らく再構成の際にヨリトモがミオの戸籍を抹消した事実がなくなったものだと思われる)
そして、目の前に現れた主人公に対してこう呼びかけた。


「おかえりなさい……13班!」


彼女は再構築の影響で忘れられてしまった主人公の事を唯一覚えていたのである。

こうして「東京」を舞台とした80年にも渡る長き「セブンスドラゴン」の物語は終焉を迎える事となる……。

関連タグ

pixivに投稿された作品 pixivで「那雲澪」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112964

コメント