ピクシブ百科事典

如月優真

きさらぎゆうま

如月優真とはゲーム「セブンスドラゴンⅢ」の登場人物である。

CV:中村悠一

概要

国際自衛軍「ISDF」に所属するエリート軍人。ヨリトモの部下。

実はISDFがムラクモ機関の技術を流用して生み出した人工生命体。
言葉通り竜を殺す為に生み出された生きる「殺竜兵器」とも言える存在。
なお外見こそは大人ではあるが、実際は成長を促進されているだけであり実年齢は12歳である。

その体は「Dインストール」と呼ばれる処置によって竜のデータがインプットされている。
物語開始時にはなんと第5真竜フォーマルハウトのデータがインストールされており、主人公達が(この時点では)手も足も出なかった帝竜・スペクタスを一撃で倒してしまう程の高い戦闘能力を誇る。

しかし本人は決してその強さを鼻に掛ける事はなく基本的に物腰は丁寧。
但し生まれゆえなのかその戦闘能力自体には高いプライドを持っており竜を殺す事を己の存在意義にしているきらいがある。
また実年齢故か育った環境故か普通の人間とはかなりズレた一面も。

が、本編では肝心な所でDインストールの後遺症に悩まされてしまう。
その一方で、主人公率いる13班が並み居る帝竜・真竜を討伐していく中で自らの存在意義を揺るがされ徐々に焦燥感に駆られていく事になる。

ここからは終盤のネタバレとなっております
ネタバレを嫌う方はブラウザバックをお願いします






















主人公(13班)に対する焦燥感を埋めるように、真竜のデータを次々とインストールしていく。
ニアラのデータをインストールした時点で(オリジナルとほぼ同じ戦闘能力を持つ)擬似ニアラすら一撃で粉砕する程の力をつけた。
しかしそれでも真竜を狩るのはいつも13班であり、これに対抗するために遂に5体もの真竜のデータがインストールされてしまった。
勿論これは自身の存在意義を失いたくなかったユウマの意向ではあるのだが、その結果……




「つくづく愚かだな、人類……」




ユウマは人間性を失い、真竜に近い存在と化してしまった。
第2真竜ノーデンス曰く、主人公同様の第7真竜候補となったとの事らしい。

手始めにアクツ総司令を一撃で撲殺した後ISDFを壊滅に追い込み、ノーデンスによる大量虐殺で混乱するノーデンス社に現れチカリッカの心臓を引き抜いて竜殺剣に還し、自身に意見するミオを殺そうとした
が、ミオの殺害はヨリトモが現れたことによって妨害されてしまう。
ユウマは自身を気に掛けるヨリトモを自らの手に掛けてしまったのである。

そして、廃墟と化した国会議事堂で主人公率いる13班と激闘を繰り広げる。
※ちなみに、この際のユウマは行動の最後に必ずLIFEを全回復すると言う理不尽な行動を取る為(基本的に)1ターンでユウマのLIFEを削りきる必要がある。

激戦の末13班に敗北したユウマは、主人公やミオに諭され自らの真の存在意義を死の間際に見つけた。
そして主人公に「普通の友達として会いたかった」という本音を吐露し消滅していった……。

その後VFDに苦戦する13班の前に魂の状態で激励の言葉をかけた。

しかし、世界が再構築された際竜がいなくなった影響で殺竜兵器の研究は存在せず、ISDFは国際的な支援を主とする平和な組織に変わっており彼の存在もまた(少なくとも殺竜兵器としてのユウマは)存在しないことになってしまった。
が、ナガミミ曰く「(「都合が良い話ではある」と言ってはいるが)もしかしたら、この世界にもいるかもしれない」らしい。

関連タグ

セブンスドラゴンⅢ 軍人 ライバル

関連記事

親記事

セブンスドラゴンⅢ せぶんすどらごんすりー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「如月優真」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 191033

コメント