ピクシブ百科事典

邪呀

じゃが

邪呀とは、SNK(現:SNKプレイモア)の格闘ゲーム『風雲』シリーズに登場した悪の忍者組織である。
目次[非表示]

概要・・・ククク・・・

暗殺、爆破、スパイ活動等を専門とする、闇の忍者組織。
メンバー全員が仮面で素顔を隠し、鉤爪や様々な忍術を武器としている。

構成員・・・ゴーパーッ・・・

今の所、以下の四名(うち、故人が一名)が判明している。

ゴズウ

初代から登場している、赤装束の忍者。
ガスマスクを装着しており、火炎忍法と鉤爪を組み合わせた、全く新しい格闘技を駆使して戦う。
初代では、末弟のカズウが獅子王に殺害された為、仇を討つ為、次弟のメズウと共に獣神武闘会に参加する。
が、続編で、意外な事実が判明する。
血液型は、『黙示録』ではO型だったが、何故か続篇『STB』では、A型になっている。
趣味は爆破で、サルノコシカケが好物。

メズウ

ゴズウの弟で、同じく初代から登場。
青装束の忍者で、馬面の様な独特な形状のマスクがトレードマーク。
水流忍法と鉤爪を組み合わせた(以下、省略)。
兄共々、弟の仇討ちの為に、獣神武闘会に参加する。
必殺技の無道水流波は、『黙示録』と『STB』では仕様が大きく異なっており、前者は渦潮に身を固め、相手を巻き込む技だったが、後者では地を這う渦潮を発射する飛び道具になっている。
精神面での修行がやや足りず、性格は兄よりも感情的である。
趣味は暗殺で、兄共々、サルノコシカケが好物。

カズウ(故人)

『黙示録』のメズウのエンディングでのみ素顔を見せる、ゴズウとメズウの弟。
緑装束の忍者で、鹿の角に救護マスク、そしてゴーグルといった、全く新しい装備をしている。
獅子王に殺害されたかに見えたが・・・。

ジャズウ

邪呀の首領。
組織内でも、その姿を見た者は殆んどいない。
実はカズウを殺害した張本人で、目的の為ならどんな手段もいとわない、残虐な性格の持ち主。
自らが頂点に立つため、カズウを殺害し、その罪を獅子王に被せ、
ゴズウとメズウに彼の暗殺を命じるが、用済みと判断したのち姿を現し、二人も殺害しようとする。
忍術の他、妖術も使い、真・獅子王の居城を怪しげな空間に変え、更にカラスに化けたりもする。
もはや人外の存在で、炎、氷、雷、全ての忍術を使いこなす。
(あれ?ゲーム中では、雷を使った技は、一度も披露していない様な・・・?)
それから暫くして、主人公のショー・疾風共々、皆が忘れた頃に『KOFⅩⅠ』に参戦した。
実に19年ぶりの登場である。

関連タグ・・・マァヨカロウ

風雲黙示録 SNK

外部リンク

邪呀 - Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「邪呀」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 297

コメント