ピクシブ百科事典

電気制御

でんきせいぎょ

カイジのEカードの耳腔内針回転装置のモータとかいろいろ制御してみよう。

電気制御を学ぶ者は、電気関係法規(電気事業法など)も理解しなくてはならない。電工1種の例題をやってみよう。「電気関係報告規則で、事故が発生した時所轄の産業経済局長に報告しなくてもよいものは?」 ①電気死傷事故②電気火災事故③供給支障を発生させた事故④墜落死傷事故 答え④ 解説。墜落死傷事故は電気設備に限らず発生する。カイジの電流鉄骨渡りでは、感電が直接の死因ではないしー。帝愛グループが報告するわけもない。
電気制御の学習は、計測法・シーケンス制御・フィードバック制御・等と進んで行く。手始めに計測法の入門と称してコンセントの充電状況をネオン式検電器で調べてみよう。なお、検電器をコンセントの非接地側に突っ込めばいいわけだが、先端が折れやすいので注意しよう。ユークみたいに「余計な講釈はけっこう」などと恰好を付けていると、先端が折れて、講師のサフィーにお仕置きされるはめになる。サフィー「先端折れやすいって注意したでしょ、ばかぁ!」。人間検電器をやることになる。サフィー「針金持って、コンセントに突っ込んでちょうだい。ちゃんと非接地側に入れてね」
ネオン式とユーク式の違いを説明しておこう。①ネオン式は充電状態ではネオンランプが点灯する。ユーク式はユークが絶叫する②ネオン式は電圧がわからない。ユーク式はユークの悲鳴の大きさでおおよその電圧がわかる③ネオン式は人体に微弱な電流が流れる(感電はしない)ユーク式はユークに比較的大きな地絡電流が流れる(ユーク自体の抵抗値がかなり大きいので、それほど大きな電流でもない)澤井「頃合いか・・・死なれてもつまらん」
ミリア「ねえ、あかりー。KMBの意味知ってる?」
あかり「えーと、配線用遮断器!」
ガーネット「それはMCCBでしょ!全然違うじゃない」
サフィー「そう!ユークが非接地側に針金を突っ込むと、MCCBが作動して、
     電気が止まっちゃうのよね」
こういう場合は、MCCBや過電流保護付き漏電遮断機を短絡しておいて、
何が何でもユークの地絡電流が止まらないようにしなくてはならない。
サフィー「あとは工場とかでよく使う、瞬低対策用のユニセーフとかを
     設置しておいてもいいわね」
ガーネット「ユニセーフって、あのコンデンサの装置のことね」
ユークをおしおきするためにここまでするのか君たちは?

 
 電気制御の回路設計の世界に触れてみよう。まず、こういう装置はどうやったらいいのかな?という小学生なみの好奇心からスタートしてもいいと思う。例えば、カイジで、田川(一瞬だけ借用書に名前が出てくるオヤジ)を焼き土下座強制機に確保する場合、その装置を制御してみよう。田川を確保した後、装置の動作は①台を鉄板側に回転させる②台のガラスを引っ込める③田川を土下座させる と3つに分解できる。ここで、①②③の動作は順番通りでなくてはならない。すると、いわゆる順序回路が思いつくのではないだろうか?もともとシーケンスとは順序という意味もあるのだ。順序回路は①のリレーを励磁した際、②のラインの自己接点のメーク接点により初めて②の起動スイッチを受け付けるという感じの回路だ。以下③のラインの起動スイッチは②のリレーの励磁で可能となる・・・
また、①②③の動作を①の起動スイッチだけで済まそうとすると、現時動作瞬時復帰接点を持ったタイマーリレーにより連鎖的に3つのラインを動作させようとすることも考えられるだろう。設計はユーザーの希望を取り入れることが重要である。たとえば、この装置の非常停止ボタンをブレーク接点として根元に置くことが常だが、兵藤が非常停止を許すはずがない。とすると、③のタイマーリレーの
ブレーク接点で装置の接点回路を切る設計をしなくてはならない。また、3つのボタンを1つずつこれみよがしに押した圧迫感をあおるというのなら、3つの起動ボタンのある順序回路が望ましいともいえる。
 制御回路は組んだ後にチェックをしなくてはならない。動作確認の前に回路の理論が間違っていないか確認するべきだ。ここでは、マイメロが兵藤に頼まれて作った装置の制御回路のミスを検証してみよう。マイメロはEカードの耳腔内針回転装置のモータの制御回路を作ったが、見事に誤作動して危うくカイジが聴力を失うところであった。この装置は、起動ボタンAにより針が前進回転し(つまり鼓膜破壊に向かう)利根川が押す権利がある。起動ボタンBにより針が後退回転し、カイジが押す権利がある。それぞれのラインにはインターロックをかけて相手側が勝手に起動できないようにする予定だった。ここでインターロックには先入れ優先と後入れ優先があることを説明しておこう。相手側の入力を封じるブレーク接点はこの場合、自己保持の並列部分を避けて設置しなくてはならない(つまり、先入れ優先)これにより例えば利根川がAボタンを押した後にカイジが割り込むことはできない。
ところが、間違えて自己保持の並列部分にブレーク接点を置くと、後入れ側が割り込むことができる(つまり後入れ優先)後入れ側は起動を封じられておらず、割り込むことによって相手の自己保持を切り、自分の方に自己保持をかける形となる。マイメロは間違えて、Aの利根川側を後入れ優先のインターロックをかけて、Bのカイジ側に先入れ優先のインターロックをかける回路を組んでしまった。これにより、カイジが先入れ入力しても利根川が後から割り込めるし、利根川が先入れ入力するとカイジは割り込むことができない。立木ナレーション「奴隷は2度刺すッ!」となっても、利根川「あ、すまん、手がすべった!」といってカイジの聴力を奪うことが可能になる。もっともマイメロはミスでなく、わざとやったらしい。白い悪魔だから。
 このへんでご要望にお応えして(誰も要望してねーよ)自己保持回路の説明をしよう。
例えば、カイジの「姫と奴隷」で、1番のライオンの部屋のボタンのメーク接点に
に自己保持がかかっていないと、ライオンに気づいた時点で指を離すと扉が止まってしまう
これでは一条の立場がない。そこでそのメーク接点と並列にリレーのメーク接点を
置いて自己保持をかける。1番を押した際、2番と3番のラインに1番のリレーのブレーク
接点を置いて、先入れ優先のインターロックをかけていることは言うまでもない。
こうしておくと、ライオンに気づいて2番とか3番を押しても受け付けないわけにゃん。
 ≪ジュエルペット4コマ劇場≫
空腹で道端に倒れているセージ
サフィー「ねえ、生きてるー?」
あおい「かわいそうに。みなみさんのお店でお好み焼きでもごちそうしてあげる」
セージ(ガフガフッ!)「このくらいでは、魂は売り渡さないっスよ」
あおい「ダイアナのことはいいの。ただ『姫と奴隷』に挑戦してほしいの」
セージ「ああ、あのキチガイ拷問グッズで有名な帝愛のギャンブルっスね」
ガーネット「お好み焼きただで食べさせてあげたんだから、それくらいは協力しなさいよ」

一条「さあ!今回の勇敢な挑戦者の登場だっ!」
なんと、姫の部屋にはミントが待ち受けていた!
セージ「ミント様!」
ミント「セージ、おまえが奴隷だったとわね・・・」
セージ「ミント様!ぼくと人生をやりなおすっス」
利根川「この男の賞金は全てあのネコへの部屋代の支払いで消える。誰が
    真実の答えを教えるというんだ・・・」
セージ「教えてほしいっす!真実の答えを!」
ミント「そうだね。・・・1番だよ!」
1番を押して、ライオンが入ってくる。セージは裏切られた!
セージ「うぎゃああああ!」
ミント「・・・許してくんな」
アオジソ「セージの奴、辛うじて生きてるみたい。キャハッ!」
一条「すばらしい!恋人を見事嵌め殺した鬼畜な姫に、300円進呈だー!」
成金A「300円?どこまで底辺なんだよ?」
ミント「う、うれしいっ!パン屋で初めてパンの耳以外を購入できるよー!」
あおい(涙を流しながら)「賞金300円で挑戦できるのは、彼らだけだった・・・」

電工1種では、シーケンスを使った装置の表示灯の色の意味が問われる(出題されない年度もある)例えば、緑(GN)は停止状態だ。これは、耳腔内針回転装置の停止中に、カイジに対して、これから聴力をいただく、とプレッシャーをかけている状態でもある。白(WH)はサーマルリレーの作動(過電流等の異常事態発生)を示すものだが、カイジがトイレで暴れた場合に、表示させて、リモコンアラームが鳴る仕掛けを併設するという使い方もできるだろう。もちろん、モータの回転が始まれば赤(RD)だ。

コメント