ピクシブ百科事典

青葉弥生シンプル版

あおばやよいしんぷるばん

漫画家「高橋陽一」氏による漫画「キャプテン翼」のキャラクター
目次[非表示]

概要


青葉弥生とはキャプテン翼の登場人物。5学年異なる(弥生小学校5年生時に中学3年生の)サッカー好きの兄がいる。東京都の下町(多分葛飾区)出身。女性。

※注意
もともとの「青葉弥生」の百科事典ページがあまりにも膨大な情報量となったため、シンプルに理解できる物として「シンプル版」を作成しました。

声優さんに関しては親記事青葉弥生をご参照ください。


人物


漫画、アニメの双方において「可愛い」と言われる容姿。基本の髪の色はオレンジ系の赤毛かキャラメルブラウンに近い明るい茶色。

性格は直球的な一面や感情の起伏があり、誤解されやすい。然し、社交性が高く、しっかり者で面倒見も良い漢女であり、才色兼備。

三杉淳と付き合っている。

※アニメのバージョンにより原作とかけ離れた性格、容姿の場合もある。詳しいことは親記事青葉弥生をご参照ください。


経歴


主役の大空翼とは、翼が静岡に引っ越す前の小学校(東京都 多分、葛飾区)の同級生。5年時に同じクラスとなる。野球の盛んな地域だったため1人孤立していた翼に臆することなく声を掛けている。また、中学でサッカー部のキャプテンを務めていた兄を翼に紹介し、翼が羽ばたくきっかけを作った。

小学校6年になる直前の春休み(翼が静岡に引っ越した後)に都内の山の手に引っ越し、三杉のいる東城学園に入学。三杉に誘われサッカークラブ「武蔵FC」のマネージャーとなる。

マネージャー業務の中、キャプテン:三杉淳

(1)心臓病で激しいスポーツができない体であること

(2)医者からサッカーを止められていること

(3)しかしそうした状況でも、三杉が全国大会終了まではサッカーすることを願っていること

を偶然知る。

三杉の病気と決意を知った彼女は(小学校全国大会の)南葛との試合前、翼に三杉の体の状態を伝え「キャプテンを勝たせて欲しい」と懇願する。

この行いにより、作中では三杉淳から頬をはたかれ、読者や視聴者からも反発を買ってしまった。

しかし、小学校6年生という年齢の女児の悩んだ末での言動であり、弥生も反省している姿が描かれている。

中学では三杉を始めとする武蔵FCの選手が多く入学した「武蔵中学」にてサッカー部のマネージャーをこなす。中学3年、夏の大会後から三杉と「弥生」「淳」と名前で呼び合うようになる。

高校は三杉と異なる学校へ通い、卒業後は看護師目指し勉強中。

三杉との関係は「恋人」と言ってよいが、三杉からは(三杉自身が自分の体調に不安を抱いているため)「君を一生守るとは言えない」と言われている。しかしこれに対し弥生は「私が淳のことを守るから、そんなこといいのに」と松山光の婚約者:藤沢美子に話している。


その他


弥生というキャラクターは

(1)(小学校全国大会時)翼に試合で「キャプテン(武蔵FC)を勝たせて欲しい」(=わざと負けて欲しい)と言った

(2)(中学時代)中沢早苗に三杉とのツーショット写真を送った(見せた)

(3)(中学時代)早苗に三杉からの手紙を自慢するため電話した

ことから「嫌い」と言われることも多くあった。

しかしながら

(1)小学生時代、同学年児からバカにされ孤立していた翼に声掛けしたり、同級生、老若男女問わず仲良くなるなど社交性が高かったり

(2)マネージャー業務もしっかり行いながら三杉をサポートしたり

(3)日向小次郎の母が倒れた際には日向家のサポートを行ったり(この時、日向家や周囲の人とも上手くやっている)

(4)三杉を「自分が守る」と力強く宣言したり

と良い面も多く描かれ、成長が分かるキャラクターとなっていて、女性や海外からの読者・視聴者からの人気がとても高い。


関連タグ

キャプテン翼  三杉淳  青葉弥生  大空翼  淳弥生

pixivに投稿された作品 pixivで「青葉弥生シンプル版」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 72

コメント