ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

ゼムリア大陸は導力革命によって、飛躍的な発展を遂げた。その発展先に空が向けられるのも必然であり、各国では飛行船の開発にも着手していた。

中でも山岳地帯が多いリベール王国はZCFの元でその最先端を行き、王家所有の飛行船《アルセイユ》は『白き翼』としてその名を轟かせ、七耀暦1202年に発生した通称『リベールの異変』で同国のクローディア王太女とエレボニア帝国のオリヴァルト皇子がそれに搭乗して事件解決に乗り出したことでその名を轟かせている。

大陸の二大国エレボニア帝国カルバード共和国でも飛行船の開発には着手しており、民間用の小型飛行艇など幅広く運用されている。また、結社身喰らう蛇もアルセイユを遙かに凌ぐ大型飛行船グロリアスを所有し、更にステルス機能を搭載するなど二大国とリベールを遙かに凌ぐ高性能艦を運用している。

各国の飛行船の装置にはエプスタイン財団も協力しており、正に大陸各地の技術の粋を結集した船が揃っている。

ゲーム本編においては度々移動手段として定期客船などが用いられ、ストーリーによっては仲間の好意でパーティーの移動手段になる事も多い。

主立った飛行船

『アルセイユ』
正式名称――アルセイユ級飛行巡洋艦一番艦。その名の通り、アルセイユ級のベース艦でありリベールの事件で活躍した飛行船。最高速度では七耀暦1204年の時点でも大陸最速を誇る。
リベールの事件解決後、事件解決に協力したオリヴァルト皇子を帝都ヘイムダルへ送り届ける役割を果たし、同時に宣戦布告を行う為の立役者を担うなど活躍している。

『カレイジャス』
リベールのZCF、帝国のラインフォルトやエプスタイン財団の協力で開発された真紅の飛行船。帝国の皇室専用艦であり、リベールとの宥和の象徴も兼ねている。お披露目の際にはトールズ士官学院生徒達を乗せていた。オリヴァルト皇子が開発を主導していたこともあり、国内ではオリヴァルト皇子の座乗艦として有名。
内戦時には帝都を離脱し、『第三の道』を模索するオリヴァルト皇子の意志を受けたトールズの学生達が運用、内戦の終結に尽力した。その活動中は『紅き翼』を名乗り、学生達と共にその勇名を帝国全土に知らしめる。内戦後は政府によって接収されてしまい、オリヴァルト皇子は『翼をもがれると共に、剣を喪ってしまう』。
七耀暦1206年ではセドリック皇太子がトールズ本校の実習に用いた後にオリヴァルト皇子が再び乗船する。帝都で起きた異変を解決するべく、カレル離宮へ急行するが共和国の工作員によって爆弾が仕掛けられており、カレル離宮の上空で爆破される。

『カレイジャスⅡ』
カレイジャスの姉妹艦。爆破されたカレイジャスに変わる新たなる『紅き翼』として死亡したと思われたオリヴァルト皇子がトールズの卒業生達の協力を得て、鮮烈な復活を果たす。
その後、帝国と共和国の戦争を阻止する『第三の道』を模索する英雄達の翼となるべく、『光まとう翼』として戦争の終結に尽力する。

『アルセイユⅡ』
戦争終結後にリベールで極秘開発された姉妹艦。カレイジャスⅡのデータもフィードバックした七耀暦1207年に就航した巡洋艦で、アルセイユの名前どおりに最高速も折り紙付き。クロスベルの再占領に伴う混乱を収拾するべく、英雄達の助力に駆けつけた。

『パンタグリュエル』
帝国の貴族連合軍の総旗艦で、内戦時はカイエン公爵の座乗艦であった。内戦終結後に政府に接収されたが、後に共和国との戦争を阻止するべく貴族派を中心に極秘裏に組織された『ヴァイスラント決起軍』の旗艦として運用される。

『メルカバ』
七耀教会で運用される飛行艇。帝国や共和国のガンシップよりはやや大型で、小型ゆえに機動力と最高速度も高い。
古代遺物の一つを動力に用いているため、様々な機能を搭載しているがその特異性故に十二人の星杯騎士にのみ運用を許されている。

『グロリアス』
結社で運用される大型艦。『紅の方舟』と呼ばれる大型艦で、その船体はアルセイユを大きく凌ぐ上にステルス機能を搭載しているため、各国の対空監視をくぐり抜けることが可能。
明らかなオーバーテクノロジーが搭載され、結社が並外れた技術力を持つ裏付けにもなっている。

関連タグ

軌跡シリーズ ゼムリア大陸

関連記事

親記事

軌跡シリーズ きせきしりーず

兄弟記事

コメント