ピクシブ百科事典

駅の怪談(秋の怪談 酔狂都市伝説)

なんともおかしなはなしがおもしろくておもしろくて

酔狂なネタバレ注意。
目次[非表示]

おどろおどろしいネタバレ注意。
























概要

2010年10月01日にニコニコ動画へ投稿された、小雨大豆と酔狂倶楽部制作【酔狂文庫:秋の怪談 酔狂都市伝説】内のショート動画:怪談話『駅の怪談』と、あるショート動画内で語られた怪談話『神隠しのコインロッカー』。

その世にも恐ろしい話とは…。


駅の怪談

を巡回する男は一人の迷子の少女を見つけた。
少女は目にを浮かべ、色あせたピンク色の毛布に身を包み、よろよろとおぼつかない足取りで駅中をさまよっていた。

どうも様子がおかしい。

男は少女に近づき「母親はどこにいるのか」と訪ねると、少女は何も答えなかった。正確には答えなかったのではなく、答える事が出来なかったのだ。決して少女はをきけなかったわけではなく、が聞こえないわけではなく、さりとて外国人には見えなかった。それなのに少女は一言も話そうとしない。

それもそのはずである。なぜなら少女は言葉というものを知らなかったのだ。

母親はどこなのか」「君はどこから来たのか」を男は身振り手振りで必死に語りかけると、何とか少女は意味を理解し、その小さな手で一つの場所を指差した。


それは……一つの古ぼけたコインロッカーだった。


神隠しのコインロッカー

それはモノを食べる不思議な怪物のお話。

ある人はお弁当箱の中身だけを食べられ、ある女の子は盗んだ携帯ストラップだけを食べられ、ある麻薬の売人は顧客情報が入った貴重な携帯電話を食べられたという。

それは恐ろしい怪物。その名も……”神隠しのコインロッカー

因みに数年前、身元不明の誘拐児童がコインロッカーで育てられた謎の少女として世間を賑わせた事件があったが…。


関連タグ

怪談 都市伝説

秋の怪談 酔狂都市伝説

















































中学林間学校で友達がおどろおどろしく語った怪談話『神隠しのコインロッカー』を聞いていた女友達(メイン画像内の手前にいるポニテ娘)は、怖がるどころか面白おかしく何かを堪えるかのように必死な様子だった。

コメント