ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

じいちゃんと平和に暮らす、そんな当たり前のことも出来ない世の中なら…


ぶっ壊すしかないでしょ、グーパンで!


プロフィール

名前マッシュ・バーンデッド
誕生日11月11日
年齢16歳
性別男性
身長171cm
体重66.5㎏
足のサイズ26.5cm
一人称
呼び名マッシュ、マッシュくん、マッシュ・バーンデッド、キノコ頭
所属アドラ寮
固有カラー
家族じいちゃん(養父)
趣味・休日の過ごし方筋トレ、シュークリーム作り
好きな食べ物シュークリーム
苦手なもの扉の開け閉め、難解な説明
得意科目筋肉で解決出来るもの
苦手科目筋肉で解決出来ないもの
好きな言葉大腿四頭筋
好きな異性のタイプ森育ちだからよくわからない
よく訪れる学校スポットトレーニングルーム、寮のキッチン
お小遣い使用例シュークリームの材料、プロテイン
CV小林千晃(アニメ版) / 花江夏樹(原作PV)
舞台演者演:赤澤遼太郎

概要

マッシュル-MASHLE-』の主人公。

魔法が全ての魔法界において魔法を一切使えない少年。


自衛のための筋トレを毎日続け、常人離れな程に鍛え抜かれた筋肉を持つ迄に成長した。


赤ん坊の時に捨てられていた自分を拾ってくれた養父レグロ・バーンデッドと森の奥の家で二人暮らしをしていたが、魔法警察に存在を知られ、ブラッド・コールマンの手引きにより、魔法学校に行き神覚者に選ばれる為にイーストン魔法学校・アドラ寮へと入学する。


寮の部屋は302号室。

クラスメイトで友人のフィン・エイムズと同室でありルームメイトでもある。


人物

基本的にローテンションでほとんど表情が変わらない為非常にわかりにくいが、人並みに感情豊かで、心を許した者にはたまに微笑みを見せたりもする。


シュークリームが大好物であり、いかなる時でもためらわずに食べる程で、シュークリームが関わるとかなり行動的になる。

自分で作る事も出来る(尚、シュークリーム以外は何も作れないというか、何を作ろうとしても次のコマやカットではシュークリームになっているという謎現象が起こる)。

因みに甘党なワケではなく、シュークリーム以外なら豆や野菜をモリモリ食べてるとの事。


基本的には温和でおとなしく、非常に素直な性格。


「押し戸か引き戸か迷った結果ドアを破壊する」、「魔法を使う課題を筋力で強引にこなす」等、周囲を唖然させる行動も目立つ。

困っている人がいると助けるが、ツッコミどころがあればさすがにおかしいと思う常識的な部分も持ち合わせている。

又、あまり表情が変わらない為に分かりにくい様だが、家族や友人への想いは大きく、バカにされたり自分の周りの人間に危害を加えられたりした際には激情に駆られ、相手に対して過激な行動(報復行為)を取る事を厭わない部分も目立つ。

感情表現の1つとして、人差し指を下に下げる挑発行為を行う事も多い。

非常にマイペースで肝が据わっており、何があっても殆ど動じる事が無いが、編入試験やドゥエロ等でブーイングを受けた際は「帰りたい…」と溜め息混じりで落ち込むナイーブな一面も見せる。

やはり素直だからだろう。


女性に対して関心を見せる事がなく、レモン・アーヴィンの好意に気づかなかったり、ローレン・キャバスが魔法を使って魅了しようとしても通用しなかった。ただし、常に献身的な行動をするレモンには思う所がある節を見せている。

(ファンブックによると「情緒が大変心配」との事だが、二人が結ばれるかどうかについて作者は「ご想像におまかせしまっちょ」と回答している。)

そもそも男女問わず、親しい友人や先輩以外の顔と名前を覚えるのが苦手。

ドゥウム戦にて、「勝手に期待してガッカリするとか恋人とやってくれませんか?ちょっと重いんで…」等の発言をしている。概念までは理解しているようだが、やはり森育ちの為色恋には疎い様である。


容姿

マッシュ・バーンデッドと鍛えぬかれた筋肉💪

一見すればどこにでもいる平凡な少年に見えるが、腹筋がバキバキに浮かび上がった肉体を持っており、脱げばすごいするタイプ。


髪型

マッシュ

黒髪のマッシュルームカット。

その為、周囲からは「キノコ頭」「キノコ」等という仇名をつけられている。

マッシュくん

マッシュルまとめ4

原作の扉絵では正装で分け目を入れる、ハロウィン(吸血鬼)でオールバック等イメチェンしたイラストも存在する。


服装

森で暮らしていた頃はワイシャツと黒ズボン、魔法学校にいる時は制服であるローブ、筋トレをする時や本気を出す時には黒のトレーニングウェアに身を包む等、状況に応じて使い分ける。

因みに着替えはメチャクチャ速い上に綺麗に畳まれている。


基本的に魔力を持っている人間は、顔に線型のアザが浮かび上がるが、魔力の存在しないマッシュには当然ながら本来は顔にアザ等存在しない。

その為、ブラッドの手によって偽のアザを一本左頬に入れられている。


「ダンゴムシを飼ってそうな根暗顔」と評されており、校内での異性人気はあまりないようである。


戦闘能力

マッシュ超カッコイイシーン②マッシュ超カッコイイシーン③

魔力が無い為に魔法の類は一切使えないが、自衛の為にとレグロからは筋トレを課された事で、常人離れした筋力と身体能力を持つ

鍛え上げられた肉体は極めて強靭で常人ならば倒れてしまう程の重傷を負っても平然としていられる程。


戦闘の際にはそれら筋肉の名前を冠した「魔法を使う」という名目で、「箒を異常な速さで放り投げ、さらにそれに異常な速さで飛び乗る」といった、ある意味、魔法よりも魔法的な現象すら生み出せる様になっている

その為当初は身体強化魔法と勘違いされていた。

そりゃあそうだ

敵の魔法反射アイテムをものともせず粉砕したことでついに魔法が使えないとバレた周囲の反応はといえば「今までの全部単なる身体能力だけでやってたのか」「ファンタジーだろそれはもう」と絶句された。

そりゃあそうだ


咄嗟の機転で相手を自分に有利な局面に持ち込む策や罠を積極的に多用しており、戦術面に関しては意外にも頭脳派な面も見せる。


並の魔道士はおろか優等生クラスの魔道士を上回るポテンシャルを秘めている。

又、彼の動きには格闘技を思わせる物もあり、関節も柔らかく、魔法攻撃を膝で勢いを殺しつつ受け止めるといった芸当も可能。


ただ、基本的に筋肉によるゴリ押しばかりなので、ギャグ・シリアス問わず彼が暴れた後は例外なく死屍累々の惨状になる。(ドット曰く「滅茶苦茶だこいつ…」)


使用魔法

※自称魔法であり、実際に魔法は使えないが相応以上の威力を持つ。


詳細→マッシュの魔法(物理)



以下、会得している可能性のある格闘技

基本的には筋力に物を言わせて相手の魔法を真っ向から迎え撃つのがマッシ戦法だが、作中では筋肉だけではなく格闘技系の技術を使う事も多い。


素行の悪い上級生に対しジョルトブローボディブローの様なパンチを打ち込む。


素行の悪い上級生とつるんでいた女子生徒に対してジャーマンスープレックスを使用し、寮生のトップにはパイルドライバーを使用する。


自分を退学させようとした教頭に対し、顔面に飛び膝蹴りを使用する。


影の魔物に三角絞めを繰り出す。


自分の友人をリンチしていた上級生の頭を掴んで一瞬で地面に叩きつけ、自分よりはるかに大きい巨大森サソリを相手の力に己の力を加えて遥か彼方へと吹き飛ばす。


逆立ちして相手の頭を両足でつかみ、回転して体勢を崩して叩きつける投げ技を披露した。


鉄の杖

みんなで休日を過ごした際に、立ち寄った杖の店で床にめり込んでいるのを発見し、店長によれば店に古くからある(1000年以上だという)が、重過ぎて誰も持つ事が出来ず、その下には素晴らしい杖を作る事が出来るエルフの水が湧き出ているとして、マッシュはこれをいとも簡単に取り出し、そのまま譲り受ける。

以降はこの杖を用いた戦闘も行う様になる。

マッシュは凄まじい握力と腕力で杖の形を変形させて使用している。

使った後はどうやっているのか元に戻っている。


カルパッチョ戦で変形させた。杖を初めて使用した戦いでもある。瓦礫の欠片をボール代わりにして、彼の杖の化身を壁打ちの要領で倒した。


神覚者選抜最終試験で変形させ、敵の魔法による巨大虫を全て弾き出した。


レヴィ戦で変形させた。見事なフィールディングで棘付き鉄球を全て捕球する。何故か質量が増えている


同じくレヴィ戦で変形。彼が魔法で作り出した砲台から撃ち出され10m先から時速8000kmで飛んでくる超電磁砲(レールガン)芯で捉えて打ち返した


その他のスペックかつ偉業

※単行本最新刊以降の内容を含みます。


  • 初登場から自分の体より2回りも大きなバーベルを顔色ひとつ変えずにものすごい速さで上げ下げする。(空想科学によれば、バーベルの重さは10t近くあり、更にマッシュが行っているのは持久力を鍛えるトレーニングなので、本当の20%程の力しか出していない模様)
  • 街中の魔法を使った商売を「手でできることだ」と一蹴する。
  • 力んで握りしめただけで硬貨をへし曲げ、さらに自力で完全に修復する。
  • 警察の制服をいとも簡単に引きちぎる。
  • ドラゴンを追い払う威力(らしい)のエネルギーボールを素手で叩き落とす
  • 一帯を吹き飛ばせる威力のエネルギーボールを素手で弾く
  • エネルギーボールをお手玉したりドリブルする
  • 杖を投げて木製の壁に突き立てる。
  • 空気イスをしながら読書をする。
  • 魔法で動き回る文字を気迫で静止させる。
  • 岩を親指1本で持ち上げる。
  • 水の上を走る。
  • 錠の鎖を平然と破壊。
  • 厚さ1mの壁を突き進んで破壊。
  • 杖を握りつぶす。
  • 校長の使用する古代魔法を両手でせき止める。その際に負傷した両手から血だまりが出来る程の大怪我を負っている。
  • 南京錠を引きちぎる。
  • 箒を投げて追いついて飛び乗る
  • 上級生の頭をつかみ、一瞬で地面に叩きつける。
  • 素手で一瞬で地面を掘り教頭を埋める。
  • 大ジャンプをした直後に(箒に乗った状態で)足をバタバタさせてホバリングする
  • ボールに自分の方へ戻ってくる程強いカーブをかける。
  • 巨木の根を引き抜く。
  • 重力がかかった状態で動く。
  • 崖を一瞬で駆け下りて戻ってくる。
  • 巨大化・凶暴化したマンドラゴラを一撃で鎮める。
  • 腹に鉄による攻撃をもろに受けても平然と懐のシュークリームの心配をする。
  • 人形のボタンを噛みちぎり、吹き飛ばして弾いたコインを吸い戻す。
  • 泳いだ経験がないにもかかわらず、己の勘で鮫を置き去りにする速度の泳力を身につける。
  • 巨大な扉をテコの力でこじ開ける。
  • 上級生の攻撃で全身に切り傷を負わされたにもかかわらず、腹部に刺さった剣を腹筋に力を入れて固定する。
  • スピードを殺された状態で地面や剣を叩き割る。
  • 前述した数々の必殺技を寝る前のイメージトレーニングだけで使える様になる。
  • 口に侵入したデカい節足動物の様な寄生虫を舌でバルーンアートの犬の様に結ぶ
  • ブレイクダンスの回転で竜巻を起こす。
  • 受けたダメージを跳ね返す敵の能力の許容量を超える迄殴り続ける
  • 更にそれ迄跳ね返され続けて受けた自分の攻撃によるダメージにも鼻血だけで平然としている
  • 腕を一振りして山を消し飛ばす校舎よりもデカい亡者という怪物と、綱引きをして勝った上に投げ飛ばす

etc……


尚、後から発覚したがこれでも超絶重い腕輪で普段はパワーとスピードをセーブしているのだ。


弱点

脳筋故に勉強や情報量が多い(難しい)話が大の苦手。

情報量が多い(難しい)話には気絶して話が止まる事がしばしばあり、簡潔にまとめてもらって漸く理解する。

勉強に関しても、実技の方は(アレでも)なんとかなっていたが、学力で一定の成績がなければ退学という事実を知った際は、それまで見た事がない程動揺し、模擬テストでは壊滅的な点数しか取れなかった。

終いには逃げ出して「土に還りたい」と弱気になったが、フィンの説得により、友人達と一緒に猛勉強して赤点を免れた。


動物には好かれない性質のようである。森ではトレーニング光景を目にした鹿やリスに恐怖で怯えられる他、フクロウからは必ずその場に居る総出で攻撃される程嫌われている。理由は作者にも解らないようだが、ピクチャードラマでアビスに対し「フクロウはタンパク質」と答えており、それが原因ではとツッコまれている。


ちなみにマカロン戦にて、耳が弱い事が発覚している。


語録

彼はその容赦なく制裁を下す様から、一部では天然ドS等と称される事もある。

以下はそんな彼の一面を表す言葉である。


  • お前ら全員地獄行き

唯一の家族を拷問した警察たちに対し言い放った。

彼の人差し指の挑発行為もこの言葉と一緒に行われたのが最初である。


  • 「次僕の家族に手出ししたら、殺すぞ

心を折った警察達に対し言い放った追い討ちの言葉。


  • その時はボコボコにしてあげますよ。グーパンで

「もし校長が立ちはだかったら」という質問に対する言葉。


  • 謝るのは お前の方

同室のルームメイトであり友人のフィン・エイムズを利用しノートを破かせた挙句、ボロ雑巾のように痛めつけた上級生兼高官の息子ロイド・キャベルに対し、「そんなボロ雑巾なんてほっといて食事会に行こう」と誘った際に彼の前髪を掴みボロ雑巾のごとく地面に叩きつけて言った言葉。

この時、マッシュは涙ながらに真実を語り謝罪するフィンを見ていたため、彼の心を踏みにじったロイドの言葉は耳に入っていなかった。

「自分にされたらどう思うか」という事を言外に伝える皮肉もこもっている。

なお、アニメオリジナル描写としてプライドを粉々にされて放心状態のまま体育座りするロイドの姿が映っている。


  • それに一人やったら二人目も一緒だし

上級生が食事会でマッシュを紹介しようとした教頭ファルマン・クレゴスの言葉をやかましい黙っとけと言わんばかりに膝蹴りを浴びせ、「話が通じなさそうだったから…」「つい…」と語った後の半ば開き直って言った言葉。

周囲からは「殺人鬼の理論!!」と突っ込まれている。


  • 「あなたが僕をいつでも退学させられるように、僕もいつでもアナタを埋められる。

牢屋に閉じ込められようと体が半分なくなろうとも這いずってでも埋める

自分を退学させようとした教頭を口封じに生き埋めにしようとした上で言い放った言葉。

理屈で通じないマッシュのこの行動に恐怖したのか、彼もまたアニオリ描写で放心状態のままロイドともども体育座りする場面が映っている。


  • あれ? 君も本当は 這いつくばるの好きなの?

重力で自分を地面に這いつくばらせたランス・クラウンを転ばせて、見下ろして言い放った言葉。

  • 「いい加減しろよお前ら…………

上等だよ。今度は僕が10回勝負 受けてやる。


かかってこい ゴミ野郎

ドット・バレットを女を使って騙し、不利な状況に追い込んで一方的にいたぶりその信念を嗤い飛ばした上級生、シルバ・アイアンに言い放った激怒の言葉。

又、この前にも不意打ちで腹を攻撃された事も彼を怒らせた要因の1つと考えられる。

尚、この時大好物である筈のシュークリームを相手の口枷に使っている。


  • 「今ので2回。10回耐えるんでしょ?

格の違い 見てみたいな。


あと8回 残ってるし

シルバを完膚無きまでに叩き潰し、座った上で言った言葉。

もう一撃も耐えられないシルバにとってこの言葉は死刑宣告同然であり、この言葉で完全に屈服してしまった。


  • 「もうやめにしようか。 なんかカワイソウだし」

倒れ込んだシルバを見下して言った言葉。

この言葉を聞いたシルバは緊張が切れ、意識を失った。


  • 「大丈夫。 僕は

男女平等に扱うから

シルバとつるんでいた女子生徒を背後からジャーマンスープレックスで叩きつけて言った言葉。

尚、男女平等と言っているが彼にとって地面という武器を使う事は手加減しているとも考えられる為、この場合は程度は違うが制裁は平等に下すという意味と考えられる。

実際、その女子生徒はたんこぶ程度の軽傷だった。


  • 「怖くても必死に立ち向かう、

自分より圧倒的に強い相手に立ち向かう僕の友達を、


ヘラヘラ笑って見下すのは……


僕が許さない

痛みを知らない凶悪エリート、カルパッチョ・ローヤンと対峙した際の言葉。

神覚者試験におけるチーム対抗の水晶割り戦にて、相手の追撃を受けても親友のために水晶を手放さなかったフィンの窮地に駆け付けたマッシュは、「助けられてばかりのザコの悪あがき」と彼の行いを冷ややかに評するカルパッチョの言葉に怒りを燃やし、猛烈なラッシュを浴びせた。


  • 「そんなに知りたいなら、

教えてあげますよ。


痛み

カルパッチョの力の源である杖の化身をテニスの壁打ちで打ちのめした後、そのまま鉄のテニスラケットで脳天を叩き割った際の言葉。

フィンと自身がこれまで受けた痛みの重さを倍返しで返したといえる。

あまりの出血量の多さにはフィンも「やりすぎじゃあ……」と心の中で突っ込んでいた。


  • 「この学校は僕にとって大切な場所なんだ。

それを壊すって言うなら


何度でも締め落としますよ。僕の筋肉で

他人を利用価値のないゴミ呼ばわりするドブネズミ野郎をパイソンチョークで締め落とした時の言葉。その際に相手は大量のシュークリームを無理矢理に口へ押し込まれて悶絶する幻覚を見て失神する。

相手が何者であろうと親しい友人を見下し手にかけるようなら力づくでねじ伏せるその意志はダイヤモンドよりも固かった。



関連イラスト

無題マッシュルまとめ①

マッシュルいろいろマッシュル ツイログ ⑥


関連動画

キャラクターPV



関連タグ

マッシュル-MASHLE-

脳筋 ポーカーフェイス 根暗 天然ドS 怖かっこいい シュークリーム 物理攻撃 最強 チート


アスタ(ブラッククローバー)…同様に魔法が使えて当たり前な世界で、魔力が無いので魔法が全く使えないが、マッシュ同様に鍛え抜かれた筋肉を武器に戦うジャンプ主人公。性格は真逆だが絶対仲良くなりそうで「最強ジャンプ」でまさかのコラボを果たした。



その正体(※ネタバレ注意!)




































































神覚者の選別試験を襲撃してきた犯罪組織『無邪気な深淵』の一人で、以前も一度戦った組織の幹部であるセル・ウォーから、マッシュが何者なのかについて語られた。

彼自身の正体は、組織の首領であるイノセント・ゼロが、ある目的の為に儲けた6人の子供の内の一人であり、つまりマッシュはゼロの生き別れた実の息子である。

その目的とは、6人の血の繋がった人間の心臓を使って不老不死の心臓を造り出すという闇魔法である「造体禁忌魔法」を完成させる為であり、ゼロはマッシュに対して親の情など微塵も持ち合わせておらず、自分を更なる高次元の存在へと進化させる為の「パーツ」としか思っていなかった。

セル・ウォーは、自分を差し置いて敬愛するゼロに選ばれたマッシュに強烈な嫉妬と敵愾心を抱いており、魔力の無いマッシュを「どうせ無価値な人生だから使ってもらえて良かっただろう」と嘲笑う。

しかし…


マッシュ「えーおもた……」


セル・ウォー「…」


マッシュ「…」


マッシュ「おもたいななかなか…僕の人生…」


マッシュ「とりあえず」


マッシュ「一回寝ます…ZZZZZ…」


セル・ウォー「寝るな」


マッシュ「はっ」


マッシュ「ダメだ… 起きても現実だったぽい…」


自分に関するメチャメチャ重たい話を聞かされショックを受けたにもかかわらず、本人はこのマイペースぶりである。


更にはセル・ウォーは話してる最中にマッシュの拳を食らう。

その直後にマッシュは後述の台詞を言い放つ。


「人生おもたかろうと」

「無価値な人生だろうと関係ないね」

「無敵なんで自分」

「かかってこいよ」


マッシュのメンタルは全くブレる事が無かった


セル・ウォー撃破後、ウォールバーグ・バイガンの救出の際に実父ゼロと再会し、実父に「貴様のような魔法が使えない人間はこの世界で生きていけない」と吐き捨てられるも、「筋肉で倒しがいがある宿敵」として認識すると同時に宣戦布告している。

又、神覚者選定最終試験にて生き別れていた実兄の1人であるドミナ・ブローライブと再会しているが、本人はゼロの下で暮らしていた頃の記憶を無くしている為、「家族はじいちゃんしかいないから兄弟はいない」と公言している。

関連記事

親記事

アドラ寮 あどらりょう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5731050

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました