ピクシブ百科事典

スペック(バキ)

ほんもののかみをころしたおとこ

スペックとは、漫画「バキ」に登場した極悪死刑囚である。
目次[非表示]

概要

 スペックの名に恥じず、恐るべき身体能力を持つスキンヘッド巨漢。目にした一般人曰く「ジャージのオバケ」。
 他の死刑囚も民家に火を付けたりビルを粉塵爆発で大炎上させたりと卑劣な行為を行うものの、スペックはそれが突き抜けて残虐かつ傲岸不遜であり、多くの読者を驚かせた。範馬刃牙曰く、「アイツにそっくりだッッ」。

来歴

 アメリカ沿岸の水深200mに停泊している潜水艦内部に収監されていたが、面会に来たカウンセラーを殺害しその金歯で牢を破って脱獄泳いで海岸まで辿り着き、捕縛しようとした沿岸警備隊員を返り討ちにして来日。
 日本に着くとヤンキー喧嘩していた範馬刃牙の元に唐突に現れ、ヤンキーの持っていた拳銃で自分の頬を撃ち抜くという度胸試しを行い、挙句殺害した警官手首を刃牙に放り投げ「オメェノ愛スル者ノ手ダゼッ」と外道挑発を行い、暴行する…が、さすがにこの騒ぎで警察がやってきて収監される。
 勿論、牢屋などに閉じ込めることは不可能で、勝手に留置所を破壊して脱走コンビニエンスストアを襲撃して店員を殺し、肉まんを持って帰るなどといった犯罪行為を行う。なんとスペックは、留置所をホテル代わりに使っていたのだ。
 その後徳川光成老の呼びかけに答えて格闘家との戦いに参加することを誓い、松本梢江デートをしていた刃牙を強襲する。しかし、そこで待っていたのは日本最強の喧嘩士・花山薫。花山はスペックを殴り飛ばし、戦闘を開始する。スペックは猛然と打撃を打ち込むが、花山は任侠立ち(おとこだち)のまま耐えてスペックを殴打。襟首をつかみ「まだやるかい」と凄んで見せる。スペックは諦めずに何度も殴り掛かり、「まだやるかい」をあと2回繰り返した直後、拳銃弾丸を花山のに突っ込み、起爆させる。これで花山も一巻の終わりか、と思いきや花山はまだ戦闘を続行し、スペックを街灯に叩きつけて感電させ、逆転勝利を収める。
 一丁で花山は警視庁に向かい、スペックを放り出して帰ろうとする。しかしスペックは警視庁ロビー覚醒、警官11名を虐殺してパトカーに乗り込んだ花山に襲い掛かった。警官から追剥した武器(拳銃、閃光手榴弾、特殊警棒)で花山の膝を撃ち抜き、更にの中にを突っ込んで射殺を目論むが、花山はわざと頬を撃たせてマウントポジションを取り、卑劣な死刑囚をタコ殴りにする。もはやこれまでと覚悟を決めたスペックは閃光手榴弾で視界を奪って花山を絞め殺そうとするが、逆に『握撃』でを握りつぶされ、最後はを潰されて完全に失神した。
 病院に搬送されたスペックは、もはや見る影もない程急速に老衰し、シワクチャの老人になっていた。じつはこの、既に97歳だったのである。

武器

 スペックは様々な武器を使用するが、本人が「武器ヲ使用スルトイウコトハ、私ニトッテ手加減シテイルモ同然」と言っているように、彼の真の武器はスペック本人の五体ということになる。
 彼は5分間の無呼吸行動が可能であり、その息を止めた状態での連打は、自由の女神を破壊するほどの威力を持つ。これに平気で耐えた花山っていったい…。

関連項目

グラップラー刃牙 下衆 外道 猟奇
アンドレイ・チカチーロ - 元ネタ。

pixivに投稿された作品 pixivで「スペック(バキ)」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14227

コメント