ピクシブ百科事典

テニスラケット

てにすらけっと

テニスラケットとはテニスで使用される道具である。

概要

初期にはヘラしゃもじを大きくしたような形状)のようなものも存在したが、やがて手網状をしたの縦横に(※)を張り巡らせた現代の形になった。
その成り立ちからかつては木製が主流であったが、1970年代からアルミグラスファイバーカーボンファイバーなどの新素材ラケットが続々登場、1976年にはプリンス社がのちに「デカラケ」と呼ばれる打球面積110平方インチのラケットを発売、テニスの歴史を大きく塗り替えることとなった。
現在は、ラケットのサイズは全長73.66cmまで、ラケット面の大きさは縦39.4cm、横29.2cmまでと定められている。

※ガットと呼ばれ、初期はを撚り合わせて作られたが、現在ではナイロン製品が主流となっている。

pixivに投稿された作品 pixivで「テニスラケット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 22997

コメント