ピクシブ百科事典

錦織圭

にしこりけい

錦織圭とは、松岡修造の最高傑作であり、歴代ジャパンプロテニスプレイヤー史上最強な男である。
目次[非表示]

概要

島根県松江市出身。
松岡修造主催のテニスのジュニアプレイヤーを対象にした強化合宿、いわゆる『修造チャレンジ』出身のテニスプレイヤー。
必殺ショットは、ジャンプしながらのスマッシュ「AIR・K」と自分の股を抜くようにしてループショットを放つトリックショット。

主な戦績

2011年
スイス・バーゼルで行われたスイス・インドアでノバク・ジョコビッチに勝利。

2012年
「全豪オープン」でベスト8に進み、ジャパンオープンでは優勝した。

2013年
「全豪オープン」「全仏オープン」でベスト16入り、「ウィンブルドン(全英)」では3回戦進出。

全仏前哨戦、スペイン・マドリッドで行われたムチュア・マドリッドオープンでロジャー・フェデラーに勝利。

全仏では、歴代最多7回の優勝回数(錦織と対戦時)を誇り「クレイキング」と呼ばれるラファエル・ナダルと対戦した。

2014年
この年から、コーチにマイケル・チャンがついた。ちなみにこの二人の出会いは、とんねるずの年始バラエティ特番がきっかけだったりする
「全米オープン」では4回戦でミロシュ・ラオニッチ(対戦時世界ランク6位)準々決勝でスタン・ワウリンカ(同4位)準決勝でノバク・ジョコビッチ(同1位)と世界ランク10位以上の選手を続けざまに倒し日本人史上初のグランドスラム(四大大会)決勝進出。決勝では、準決勝でフェデラーにストレートで勝った、マリン・チリッチ(同16位)と対戦、ストレート負けで準優勝。

ジャパンオープンでは2012年の優勝時と同じ相手ラオニッチと対戦、フルセットで勝利。二年ぶり二度目の優勝。

この年は、自身が目標にしていた年間成績上位8選手でロンドンで開幕のワールドツアー最終戦に日本人選手として初出場。
4人ずつ2グループに分かれ、総当たりで予選をおこない、上位2位までが準決勝進出。錦織と同グループは、地元のアンディ・マレー、ロジャー・フェデラー、ミロシュ・ラオニッチ。
その予選では、大会の開幕戦にあたる初戦のマレー戦ではストレート勝ち、フェデラー戦ではストレート負け、ラオニッチ戦は怪我でラオニッチが棄権、相手がダビド・フェレールに変更になり、第1セットを取られたが逆転で勝利し2位で予選突破。準決勝では、もうひとつのグループ1位のジョコビッチと対戦、フルセットで敗退。
この年の世界ランク最終順位は5位。
****2016年****
リオデジャネイロオリンピックに出場し準決勝でマレーに敗れるも3位決定戦でラファエル・ナダルを破り、日本人選手96年ぶりの銅メダルを獲得。

余談

1.「アニメ・テニスの王子様が開始された当初、番組最後に「夢・テニス」という本気でテニスに取り組んでいる少年少女を紹介するミニコーナーがあった。
2001年10月10日第1話放送後の当コーナーで取り上げられた少年は、幼き日の錦織であった。
インタビューに対し、「アガシのようなプレイヤーになりたい」と語り、ナレーションでは「頑張れ!未来のアガシ!」と言われていた。
そして、2014年11月22日開催の『ドリームテニスARIAKE』でそのアガシと対戦。
1セットのみの8ゲーム先取マッチで8-6で勝利。
2.俳優渡哲也渡瀬恒彦兄弟は遠い親戚。(錦織の母方の曽祖父と渡の祖母がきょうだい。)

外部リンク

テニス情報総合サイト「テニス365」内のプロフィール
公式サイト『KEINISHIKORI.COM
公式サイト内ブログ
ファンサイト『KEI NISHIKORI FAN SITE
wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「錦織圭」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 39708

コメント