ピクシブ百科事典

高嶺悠人

たかみねゆうと

高嶺悠人とはPCゲーム『永遠のアセリア』の主人公である.
目次[非表示]

人物像

高校生で、義妹の佳織と二人暮らし。
かつては枯木という姓だったが、両親が亡くなったのをきっかけに高嶺家に引き取られるも、飛行機事故が原因で義理の両親さえも失う。
そのため、佳織以外の他人とは簡単に打ち解けたがらないが、根は心優しく妹思いで、時には自己犠牲も辞さない。
同級生の碧光陰岬今日子は、砕けた態度で話せる数少ない友人であるが、一方で佳織に一方的で歪んだ好意を抱く秋月瞬とは犬猿の仲で、会うたびに一触即発の展開を見せる。

本来はどこにでもいる普通の高校生なのだが、正体不明の巫女の倉橋時深との出会いをきっかけに、突然異世界ファンタズマゴリアへ飛ばされてしまう。

異世界に飛ばされた直後、赤いスピリットの女に襲われ(PC版かコンシューマ版かで、襲われ方が異なる)、そこを命令を下され派遣されたアセリアによって命を救われる。
しかしその後、佳織をラキオス王によって人質に取られ、神剣『求め』を握らされ、ラキオスのエトランジェとして戦うことを強要されてしまう。

最初は、体がマナで構成されていたり神剣魔法が使えることを除けば人間とまったく変わらないスピリットの命を狩ることに強い抵抗を覚えていたため、時折精神的に追い詰められることも多い。そのため、望まぬ戦いを強いるラキオス王家に対して、佳織の命を盾にされていたために、命令こそ聞いていたが激しい殺意を抱いていた。

戦いを通じて腕を上げていき、アセリアをはじめとした仲間たちと硬い信頼関係を結び、精神的にも成長していく。また、ラキオス王家のレスティーナ王女とも、身分やわだかまりを越えた強い絆を結んだ。
ファンタズマゴリアの言語でもある聖ヨト語も当初は理解できなかったものの、エスペリアから講義を受けたことで理解できるようになった。(一週目の序盤は全て聖ヨト語となっているが、二週目からは全て日本語ボイスで聞くことができる)

しかし、同じくファンタズマゴリアに飛ばされた光陰や今日子が、敵国マロリガンのエトランジェとして現れ、更なる苦しみに満ちた戦いに身を投じざるを得なくなった。

苦悩と苦痛に満ちた戦いを続けていくうちに、彼はファンタズマゴリアをはじめとした世界の真実と永遠神剣の秘密、そして永遠の命を持つとされるエターナルとの戦いに巻き込まれていく。


声優・CV

紫月澄人(PC版)
中村俊洋(PS2・PSP版)
櫻井孝宏(OVA)

登場作品

永遠のアセリア
聖なるかな

関連イラスト

久遠戦記「悠人」
アセリア
聖なる賢者・ソウユート。



関連タグ

永遠神剣シリーズ 永遠のアセリア ソゥユート アセリア・ブルースピリット エスペリア・グリーンスピリット ウルカ・ブラックスピリット オルファリル・レッドスピリット

関連記事

親記事

永遠のアセリア えいえんのあせりあ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「高嶺悠人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1832

コメント