ピクシブ百科事典

永遠神剣

えいえんしんけん

永遠神剣とはザウスの「永遠神剣シリーズ」に登場する武器の名前である
目次[非表示]

概要

永遠神剣シリーズに登場する武器。それぞれが意識を持ち、自ら所有者を選びマナの習得を強要し、マナを吸収し力を蓄える事で主に超絶的な力を与える武器。
第一位~第十位までの階位があり、数字が下がるほど意識が明確となり、引き出せる力も上がる。また、「剣」といっても形状は持ち主に合わせたものになるため、剣の形をとるとは限らない。持ち主が傷つくと血はマナ(万物を構成する根源)の霧になって散り、死亡した際もマナとなって周囲に霧散する。
神剣を使ってマナで構成されたものを斬りつけると、そのマナを吸収する。
本能的に一本の神剣に戻る事を望んでおり、神剣同士で破壊しあい相手を吸収しマナを蓄え、最終的に全世界のマナを吸収し一本の神剣になろうとしているらしい。

エターナル

第四位までの神剣は低位とされ、意思疎通こそ可能だが本能的な部分が強く、所有者に強制力を働かせて操ろうとする傾向がある。一方、第三位以上の神剣は上位神剣と呼ばれ、元の一本に戻る本能のまま所有者を支配し、世界を破壊してはマナとして回収する神剣と、自律を良しとし本能に逆らい、所有者と協力してそれを防ぐ神剣の二種類に分かれる。この上位神剣と契約を交わした者及び自律して活動している高位神剣の化身の総称を「エターナル」と呼ぶ。永遠者とも呼ばれる。世界の時間と切り離され、生命体としての寿命が無くなり、殺されない限り死ぬことは無い。エターナルになると体の成長が止まり、食事を必要としなくなる他、別世界や別の時間軸に移動することができるようになる。
別世界に移動することを「渡り」という。これを行うと、時間樹に記録された『ログ領域』から存在情報が抹消されるため、その時間樹に存在している全てから忘却される。存在情報は基本的にひとつであるため、時間樹間を移動するとそちらの時間樹に移動してしまう。
ただし例外的にエターナル同士では、忘却されない。エターナルの存在情報は、時間樹ではなく、神剣(ナル・マナ)宇宙のログ情報で管理されているから。そのため、エターナルの因子を与えられた者は、エターナルになった存在を忘却することはなく、上位宇宙のログ情報にアクセスして、思い出すことになる。
力があまりにも強すぎるため、存在する世界のマナ量によって出せる力に制約がかかる。
力を分割し神剣本体を別の世界に置いておくことで、殺されたときに神剣さえ握っていれば、神剣のところで復活することができる。よって、事実上エターナルが死ぬことは殆ど無い。
すべての根幹にある考え方で、神剣宇宙においては、『概念情報(イシリアル・イデア)』がまず先にある。これはログ領域とリンクしていて、情報管理している。エターナルは、宇宙を移動した時点で、肉体が全て情報化され『器』と『意志』と『力』になる。そして時間樹などに入った段階で、ログ領域にある、各情報から、マナ(ナル)配列が決定し、現実世界で『マナ存在として顕現』する。『概念情報⇒マナ配列化⇒配列から顕現』これがマナ存在の出現の流れ。

神剣宇宙

神剣(マナ・ナル)宇宙とは、『時間樹』が無限に浮かぶ『上位宇宙(アッパー・ユニヴァース)』を示している。そこに、『中位宇宙・時間樹(タイム・ツリー)』が存在している。時間樹には、無数のマナによって構築された『下位宇宙・分枝世界(ブランチ・ワールド)』が大量に存在する。時間樹とは、複数のパラレルワールド(分枝世界)を抱えている巨大な樹。神剣宇宙における世界のこと。
分岐そのものは無数にあるが、分岐の長さ(=世界の寿命)は有限であり、その寿命が尽きて滅ぶとその世界の時間軸そのものが消滅して、新たな分岐を生み出す材料となる。多くの枝を繋ぐためにある、エネルギーを運ぶ『精霊回廊』と呼ばれるものがあり、分枝世界を繋ぐ通路になる。世界のエネルギーはこれを通って流動する。加えて、精霊回廊の側に、根源回廊がある。これは、時間樹の根元、『根源』つまり時間樹発生の位置に存在する世界への通路、足場となるもの。
ここまでが時間樹宇宙であり、時間樹の内包する世界から出ただけでは時間樹外に出たことにならない。
エターナルは普段、時間樹外を活動範囲にしている。

マナとナル

第一位のさらに上に「天位・地位・鞘」の位があり、コズミックバランサーと呼ばれる。天位と地位は対立関係にあるが、戦えば世界が消えてなくなるので戦わない。
この二つを戦わせないように力を封じるのが鞘の役目である。ただ、現在は鞘の存在は確認されていない。
永遠神剣には系統があり、天位系統は主にマナ存在の永遠神剣で、マナで構成されている。逆に地位系統神剣とはナルで構成される。ナルとはマナに対しての相克の存在。神剣(マナ)宇宙があるように、神剣(ナル)宇宙というものが存在する。これは互いが引っ張り合うように存在し、境界線で完全に分割されているようなイメージ。そしてマナ存在というものがあるように、ナル存在というものがある。ナル存在も構成因子がナルなだけで、基本マナ存在と変わらない。
ただし、ナルというものはマナにとって極めて危険な存在で、マナにとりつき変異させ、『ナル化マナ』に変え、マナ宇宙側のマナ配列情報を掻き乱す。浸食を行い、最終的には対消滅させてしまう。

pixivに投稿された作品 pixivで「永遠神剣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 179700

コメント