ピクシブ百科事典

龍ジュダ

りゅうじゅだ

『マギ』の腐向けカップリング
目次[非表示]

概要

マギに登場するキャラクター、練白龍×ジュダルのカップリング。

連載初期は煌帝国の皇族(第四皇子)と神官という間柄。
十年来の幼なじみでもあり、そのせいかおまけ漫画や特典ペーパーでは昔話が持ち出されたり、手も口も出る子どものような喧嘩をよく繰り広げている。
ジュダルは白龍が「お気に入り」で、組織の面々との間で時折話題に出したりしている様子。迷宮攻略にも何度も誘っていたが、きっぱりと断られ続けている。
白龍はアル・サーメンの構成員だからと一線を引いてジュダルに接している。が、火事で自身をめぐる環境が悲惨なものとなった中、態度を変えず話しかけてきた彼には内心感謝している面もあった。

物語が進行するにつれ、ジュダルがバルバッドで「ソロモンの知恵」を受けて自身の境遇を知ったことや、国を取り戻そうとする白龍がアラジンたちと相容れなかったこと、白瑛に拒絶されたことなどから状況が徐々に変化。
紅徳の葬儀の後ジュダルが白龍を玉艶と交戦させ、惨敗した彼に協力を申し出、白龍はそれを了承。めでたくタッグ成立と相成った。

煌帝国編では堕転した黒き王の器とマギとして行動。
国を奪還するために突き進む苛烈な白龍と、白龍を「我が王」と定め精力的にサポートするジュダル。これまでとは打って変わって「王」と「マギ」らしいコンビになった。
息のあった連携で玉艶と死闘を繰り広げ、自由を掴み取り、やがて自分達以外の全てを敵に回して死ぬまで戦おうとする姿は破滅的だが、二人とも楽しそうにギラギラしている。
ジュダルが死亡したと思われる状態で途中離脱してからも、お互いがお互いを強く想っていた(る)とわかる一面が多々描かれており、短い期間ながら「同じものを持っている」唯一無二の相手として心を通わせていたことが窺える。

最終章は白龍が指名手配を掛けられ行方知れず、離れ離れの状態からのスタート。
無事再会を果たせたかは不明だが、帰還したジュダルがすぐ「白龍に会いに飛んでいった」り等、二年 離れても絆は健在のようだ。

公式でのコンビとしての呼称は「堕転コンビ」。特典ペーパーで開催されたダブルス羽根つきではチーム「THE BLACK」と名乗っていた(ちなみに二人のデュエットソングのタイトルも「The BLACK」である)。
主人公である王とマギコンビに対比される二人でもある。



関連イラスト

椿
ベリアル



関連タグ

マギ 練白龍 ジュダル 腐向け

pixivに投稿された作品 pixivで「龍ジュダ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1498826

コメント