ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「そうでなくては。」
「その通りだぜ…!!」
「「戦わなくては、意味がない!!!」」

概要

マギ』に登場する練白龍ジュダルの二人組の呼称、またはその2人をメインとした作品に付けられるコンビタグ。

コンビ名の由来は2人が堕転した「王の器」と「マギ」であることから。(2人が表紙を飾る単行本26巻で2人のラバスト付き特装版が発売された際に公式が使った呼称でもある。
また、2人のデュエットソング『The BLACK』にちなんでザブラックと呼ばれることもある。(ちなみに28巻の書店用特典ペーパーでは羽根つき大会でペアを組み「チーム The BLACK」と名乗っていた。)

同じ「王の器」と「マギ」のコンビである主人公2人の対に位置する者として、煌帝国編はこの2人を中心に物語が展開されていく。

尚、pixivにおいてはCP要素の薄い作品においてもコンビタグよりCPタグであるジュダ龍又は龍ジュダで投稿されていることが多い。

2人の関係

※最終章までのネタバレを含みます。

物語の序盤において、白龍は煌帝国の第四皇子、ジュダルは煌帝国の神官という立場。
また、2人は同じ母親(育ての親)の元で育った幼馴染でもある。
ジュダルは早くから白龍を王の器だと見込み、他の皇子や皇女たちと同様に迷宮攻略することを勧めていた。しかし、白龍はアル・サーメンに所属するジュダルを警戒し、決して誘いに乗ろうとはしなかった。

このように、関係が良好とは言えない2人であったが、ジュダルがアラジンの「ソロモンの知恵」によって赤ん坊の頃に組織に親を殺されて誘拐されたという自身の過去を知り組織を憎むようになったことや、復讐に囚われて戦争を起こそうとする白龍に対してアラジンたちや白瑛が難色を示したことをきっかけに状況は徐々に変化。
一度は玉艶に挑むも惨敗した白龍にジュダルが協力を申し出、後に白龍は(不審に思いつつ)彼の手を借りることを決意。
「『マギ』として俺に力を貸せ、ジュダル!」
「仰せのままに、我が王よ。」
2人は国に反旗を翻す共犯者となった。

攻略に向かった迷宮「ベリアル」では、白龍は白瑛とモルジアナアリババの幻影に、ジュダルはアラジンの幻影に、それぞれから「怒り」の心を捨てて共に正しい道を歩むよう諭される。(実際は幻影ではなく自分自身の本心らしいが。)
しかし……
「「世界が俺たちに背くのならば………」」
「「俺たちが世界を殺して作り変えてやるよ!!!」」
2人は「怒り」を呑み下して理不尽な運命を受け入れることはできないという答えを出し、白龍は堕転する。「黒き王の器に金属器は渡せない。」と言うジンをジュダルが制し、金属器を奪取。迷宮「ベリアル」を攻略した。この出来事によって2人は「まったく同じもの」を持つ者として共鳴し合い、仇である玉艶を殺すべく本格的に動き出す。

以降は、苛烈に突き進む白龍と、そんな彼を「我が王」と見定めて精力的にサポートするジュダルの姿が描かれる。2人の巧みな連携には、玉艶も「まさに『王』と『マギ』。涙ぐましいわね。」と揶揄い半分に感心していた。
激しい戦いの末、2人はついに玉艶を殺害する。

数日後、白龍は紅炎を討つことを決意。ジュダルは、自分の行いを棚に上げて紅炎を非難する白龍に対し、紅炎への非難は建前で、本当は誰かに怒りを向けないと生きられなくなっているのだと指摘する。その上で、ジュダルはそれこそが自分たちの生き方であると認め、覇道を行く白龍のことを歓迎した。
「わかっていたのか、俺のことが全部。」
「そうだ。言っただろ?おまえだけが俺と同じだってな!」
2人は、死ぬまで世界の全てを敵に回して戦い続けることを誓った。

その後、白龍を説得するためにやってきたアリババとアラジンの2人と交戦。結果、白龍はアリババを倒した代わりに両脚を焼失し、ジュダルはアラジンによって宇宙の果てまで飛ばされた。
アラジンから、ジュダルが戻ってくることはないと言われた白龍は「自分の脚を失ったところで今更どうとでもなるが、ジュダルだけがいなくなることは想像していなかった。」と吐露した。(32巻ペーパーでは「(ジュダルと)もっと色々話せばよかった。」とも言っている。)

実はジュダルは生きており、ハニワ化したアリババと共に暗黒大陸を彷徨っていた。が、そんなことを知る由も無い白龍は、煌帝国の皇帝に就いた後、ジュダルの葬式を出して立派な墓まで建ててしまった。(31巻ペーパー参照。)

最終章では、別離から3年の時を経て再会。
元々は復讐のために手を組んだ2人であったが、復讐をやめてマギの力を必要としなくなった白龍がジュダルを探しに行ったり、白龍に対して以前と変わらず自分が選んだ王の器として行動を共にしているジュダルの様子からは、お互いを唯一無二の相棒のように思っていることが窺える。
ジュダルに至っては、他のマギを妬んだり今とは違う人生を生きたかったと思っていた時期もあったが「俺は自分の人生ってやつに満足してる。白龍と暴れて結構楽しかったからな。」と語っている。

ちなみに、ジュダルの生まれた時に付けられた本当の名前を知っているのは、本人と故郷の村人を除けば白龍のみである。(読者さえ知らない。)


その他

単行本の巻末おまけ漫画や書店用特典ペーパー、BACKSTAGE、原作者である大高忍氏の手書きブログなど、本編以外でも絡んでいる様子がよく見られる。本編ではシリアスな描写の多い2人だが、こちらの方では幼馴染らしく昔話をしたり子供じみた喧嘩をすることも。
先述した単行本の特典やデュエットソングのように2人でセット扱いされることも多い。

年齢はジュダルの方が2つ歳上で、身長もなんだかんだでジュダルの方が高い。
(ジュダル:173cm、白龍:165cm→172cm)

白龍の金属器の属性は両方ともジュダルが苦手とする8型であるため、魔法の相性はあまり良くない。
炎の金属器使いのアリババと炎の魔法が得意なアラジンという相性抜群な主人公2人とは対照的。
アリババとアラジンが運命に祝福された2人なら、白龍とジュダルはまさに運命に抗い叛逆する2人である。

大高忍氏曰く、白龍は「自分にも他人にも常にむき出しの本音を要求する」性格で、ジュダルは「自分の内面の葛藤のような部分をどんなに親しい他人にも真面目に口に出しては明かさない」らしく(BS Vol.337より)、本来ならば噛み合わなさそうな2人が誰よりも互いを理解し信頼していることが、この2人の関係の面白い部分でもある。

関連イラスト

白龍まとめ


【 タナトスと死神 】


関連タグ

マギ
練白龍 ジュダル
マギコンビタグ マギのグループタグ一覧

関連記事

親記事

マギコンビタグ まぎこんびたぐ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「堕転コンビ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2942

コメント