ピクシブ百科事典

アル・サーメン

あるさーめん

週刊少年サンデー作品『マギ』に登場する組織
目次[非表示]

マギでのネタバレが含まれます





概要

ジュダルが属している、世界に異変を起こし運命を逆流させる「堕転」を目的とした「八芳星」の名を持つ謎の組織。「計画書(アジェンダ)」と呼ばれるものに従い、政治家、貿易商、官女など様々な姿に扮して国々の中枢に入り込み歴史を裏で操ろうと暗躍している。一味が特定の組織名を名乗ることはなく、この名称もシンドバッドが仮の名称としてつけたもの。
…のはずだったが結成時に全員で「アル・サーメン!アル・サーメン!」と叫んでいた。
ちなみに同じアル・サーメンのアポロニウスも「アル・サーメンの奴ら〜」と発言していた。




組織としての真の目的は、「イル・イラー」をこの世界に呼び出し「偽の神も運命もない清浄な世界」にする事。
…だが主要メンバーはウーゴとシバを除く名前ありのソロモンの家臣ほとんど全員であり、はっきり言えばとにかく現ソロモン政権が気に入らないものを全員集めたに等しく、下っ端の方にはあまりイラーを尊重してると思えない発言をしたものもいれば、リーダーのアルバは運命がどうの等気にした様子が無い。

ちなみに、イラーを呼び戻せば運命支配が復活するのではないか?との疑問がかなり見られるが、上記の組織の目的からして彼らはそう判断してない(不可逆だと思っている)としか言い様がない。
(もっと言えば今現在イラーの支配から抜け出せているとソロモン側が判断してることすら錯覚である、という伏線がかなりあり、おそらく議論しても無駄である)




しかし現在イスナーンを初め、リーダーである練玉艶(アルバ)も練白龍ジュダルにより倒されてしまい、事実上壊滅状態となっているが、アルバはある人物に乗り移り、生存していた。

しかしダビデと融合していたシンドバッドに見抜かれてしまい、アルバがシンドバッド(事実上ダビデ)に屈服してしまいこれまでのアル・サーメンは滅んだと言っても過言では無い状況。


幹部のアルバが事実上ダビデに屈服した時点で組織は瓦解したと思われるが、実際の所は不明である。

メンバー

(現在確認されている人物)


マギ

ジュダル

魔導士

マルッキオ
武器商人
イスナーン

黒き王とその眷属

ドゥニヤ・ムスタシム
イサアク
ズルムッド
ビョルン
アポロニウス

幹部

練玉艶(正体はアルバ(マギ))

関連タグ

マギ ジュダル アラジン(マギ) アルマトラン アルバ(マギ)

pixivに投稿された作品 pixivで「アル・サーメン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 62171

コメント