ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

タグについて

アルバ」で作品検索やタグ登録をしてしまうと、『戦勇。』や『サモンナイト4』などのアルバと被ってしまうため、投稿の際にはこちらでのタグ付けを推奨する。


人物

マギ』のもう一つの世界、アルマトランの人間であり、ソロモンがリーダーとなる「抵抗軍(レジスタンス)」に所属。

耳の下で二つに分けて結わえた大きなおさげと赤茶色の髪が特徴。

額には、ソロモンと揃いの三日月形の装飾を付けている。

ソロモンよりも背の高い女性である。


ソロモンの元召使いであり、彼を「坊ちゃん」と呼ぶ癖が長らく抜けなかった。

その度にソロモンからは、自らを律する戒めのためにも「二人いる時は対等な立場でいろ」と頼まれていた。

そのように、ソロモンと最も気の置けない仲を築いていたらしく、彼に杖を用いた剣術を仕込んだのも彼女。ソロモンに次いで他メンバーを率いる立場にあったと思われる。


シバがメンバー入りしてからは、彼女の姉や母のような立場にいたが、後に「対」となる立ち位置を二人で考え上げる。


宝玉を先端に埋め込んだ、広げた羽根の形の神杖を持つ。



その正体は長く本編で語られつつも正体不明であった「裏切りのマギ」。

アル・サーメンを率いてアルマトランを滅ぼした張本人であり、現在の世界もまた滅ぼそうとしている。


アルマトラン編が始まるまでは、恐らく彼女が裏切りのマギと思っていた人も多い筈。

なにせアニメ版では裏切りのマギを迎え撃つソロモン王の隣にいたほどである。また、ソロモンの作った世界(アラジンたちのいる世界)では持っていた杖が三日月型のものだったため。実際は自分の杖を捨てて、持ち替えていた。


その詳しい出生は不明だが、本人曰く身の回りの世話をさせる為に、ダビデが造った「魔導士シリーズ」の一人らしい。

どうやら、生まれた時からイル・イラーの声が聞こえていたと言う。


イル・イラーを「我らが父」と涙を流して崇め奉り、それに従い、アル・サーメンを作り上げ、黒ルフの研究をし、ソロモン王が亡くなる寸前にイル・イラーを降臨させ、アルマトランを死の世界へと陥れた。

その後は、ソロモン王の眷属たちとウーゴにより、別世界にアル・サーメン達と封印されたが、意識だけの存在となり、神杖と共に今の世界に来た。


そして、練白瑛練白龍の母親である練玉艶の身体を乗っ取り活動していた。

イスナーン達、他のアル・サーメンのメンバーは生身の人間ではなく、人形に意識を移して活動していた。

神杖はどうやらアルバのもの以外持ち込めなかった様。



ひとつ言って置くが、「練玉艶」として活動していた際、かなりの悪行を行っていたが、それは「練玉艶」ではなく「アルバ」なので玉艶本人に罪は無い。

そのせいで玉艶がかなりの悪者扱いされている。


白龍戦の最後に、「練玉艶」の意識が戻ったが、実際今までの乗っ取られていた時の記憶は無かった様。



神杖は、以前から使っていたものではなく、シバの神杖を使っている。

反乱の最中にシバと一騎討ちをし、動けなくさせるほどの深手を負わせたうえ、彼女から神杖と王妃の装飾を奪ったからである。

その際、わざと周囲に聞こえるように大仰な芝居をし、自分がそれまで使っていた神杖と装飾はシバの近くに捨てた。



だが煌帝国編ラストで彼女は未だに生存してた事が判明。

練玉艶の死後、練白瑛を乗っ取りシンドバッドに近づいたものの、ダビデと融合しつつある彼に正体がバレた。


そしてアルバが崇める「イル・イラー」そのものとなったシンドバッドに屈伏してしまった。

ラスボスオーラを纏っていた面影は無く、代わりに黒幕オーラというより悪役オーラ満載のシンドバッドに堕ちてしまった様子だが…?


関連イラスト

アルバ無題ソロシバアルバ


関連タグ

マギ

アル・サーメン アルマトラン ソロモン(マギ) シバ(マギ)

練玉艶 練白瑛





※下記ネタバレ注意
























※ネタバレにつき閲覧注意

その後アラジン練白龍を襲撃。

白龍を倒そうとする前に練玉艶の肉体を乗っ取り子供を産むことで渡り歩き、アルマトラン時代の強さを保つための予備体を育てていたことを明かしたが、白龍が演技していたことを見抜けず、鬼哮砲の一撃を受けてアラジンたちを逃がしてしまった。


その3年後に暗黒大陸でユナンと対戦。

ユナンを堕転させて追い詰めるが、そこに成長したアラジン、モルジアナ、白龍が現れる。

剣だけでモルジアナと白龍を圧倒しようとしたが、修行を積み重ねた二人の敵ではなく、魔法を解禁してアラジンと対戦。

壊滅したかと思われたアル・サーメンの魔導士を召喚し、4つの極大魔法でアラジンを倒そうとしたが、アラジンに力魔法で全て跳ね返され、錬金魔法で白瑛の体から追い出される。


蠍の状態になってもなお白龍の体を乗っ取ろうとしたが、練紅炎のルフと混ざっていたため失敗しパルテビアに敗走した。



子供の身体を奪えない現在は、本人の幼少の姿となっている。

関連記事

親記事

アルマトラン あるまとらん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59855

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました