ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

CV中村繪里子

アル・サーメンの一員にして黒き王の一人、闇の金属器を持つ者。かつてマグノシュタットによって滅ぼされた亡きムスタシム王国王女巨乳
ザガン(第61の迷宮)攻略中のアラジン達の前に、柔和な笑みを浮かべてイスナーンと従者のイサアクと共に登場。迷宮内にて闇の金属器を使ってアラジンと戦い、圧倒的な力で追い詰める。



関連イラスト

花と泉の楽園


ドゥニヤ・ムスタシム
無題



関連タグ

マギ ドゥニヤ
アル・サーメン イサアク イスナーン



















※ネタバレ注意!!









堕転した理由は、マグノシュタットの反乱によって、国王である父親やイサアクが殺され、大切な人物が次々と殺されていく運命を恨んだため。
アラジン達に敗北後、アラジンのソロモンの知恵により、イサアクのルフと対面を果たし、彼のルフを受け取って白いルフへと変化した。
迷宮帰還後はシンドバッド達に保護されることに。ヤムライハの出身がマグノシュタットであることもあってか保護された後も口を閉ざしていたが、唯一アラジンにだけは心を開いていた。しかしその後原因不明のまま衰弱し、死亡した。
遺体がカシムの時のように干からびた黒炭のようだったので、ドゥニヤの死亡の原因をジャーファルは「闇の金属器の後遺症か…」と推測していた。遺体は火葬され、アニメ版第2期の第2話においてヤムライハは「私がもっと優れた魔法使いだったら…」と悲しんだ。

アニメ版では味方である筈のイスナーンにより背後から鎌(のようなもの)で貫かれ、瀕死の重傷を負うというオリジナル展開があり、この事がアリババ堕転の道に陥れる一歩となってしまった。

アニメ2期では死に至るまでの過程がアニオリとして描写されている。
以下さらなるネタバレ注意。
















原作同様シンドリアに保護されるも、シンドバッドがマグノシュタットへ引き渡すことはしないとドゥニヤの手を取ろうとした際、彼の金属器が何かに反応して弾き飛ばされる事態が起きる(原作だとヤムライハが慌てて引き離した)。直後、ドゥニヤの身体から黒い結晶が飛び出した。これは彼女の体内に残っていた黒い金属器のカケラで、堕転から解放されてもなお彼女の身体を蝕んでいたのだ。

アラジンはソロモンの知恵を発動し、ドゥニヤの精神に飛び込む。そこで彼はドゥニヤの持っていた黒い金属器に込められた怒りや憎しみ、悲しみを知ることとなる。その中には後にアラジンが出会うこととなるムスタシムへの反乱を企てた学長先生モガメットの姿もあった。
アラジンは黒い金属器の結晶を一気に吹き飛ばし、無事ドゥニヤを助け出す。しかしその影響で彼女は著しく衰弱してしまい、もはや余命いくばくもない状況に。

そしてアラジンのマグノシュタットへの出発が決まったその日の夜、アラジンは再びドゥニヤの寝室を訪れる。アラジンはドゥニヤを治す手段が見つかるかもと彼女を励ますが、その優しい嘘はドゥニヤに見抜かれてしまう。彼女は逆に本当に1人でマグノシュタットへ行ってしまうのかと問うと、アラジン「モルさんもアリババくんもわかってくれるよ。友達だもの!!」とはっきりと答えた。これに対しドゥニヤはアラジンこそがはじめての友達だと打ち明け、涙を流しながら彼に感謝の言葉を送る。そしてドゥニヤの身体は黒く干からび、アラジンの目の前でその生涯に幕を下ろした。後にはアラジンの悲しき叫びがシンドリアの夜に空しく響くだけだった…

関連記事

親記事

アル・サーメン あるさーめん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドゥニヤ・ムスタシム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 213323

コメント