ピクシブ百科事典

ジャーファル

じゃーふぁる

『千夜一夜物語』の登場人物。『マギ』の登場人物。
目次[非表示]

ジャーファル(『千夜一夜物語』)

アッバース朝の宰相ヤフヤー・イブン=ハーリドの次男。
アッバース朝第5代目カリフ、ハールーン・アッ=ラシードに仕えた。
王とは寝食を共にする程親しかったが、ある日唐突に一門は徹底的に粛清される。
王がこの粛清を命じた理由はいまだ定かではない。ジャーファル自身は首斬り役マスルールによって処刑された。
千夜一夜物語(アラビアン・ナイト)には、ハールーン・アッ=ラシードの従者・大臣役として、
マスルールと共にたびたび登場する。

関連タグ
アラビアンナイト イスラム


ジャーファル(マギ)

ジャーファル


週刊少年サンデー連載の『マギ』の登場人物。
pixivではこちらの意味で使われる。

プロフィール

出身地不明
立場八人将、シンドリア王国政務官
年齢30歳(初登場時25歳)
身長172cm
体重65kg
家族構成無し
特技暗殺術
趣味仕事
好きな食べ物コーヒー
嫌いな食べ物
好きなタイプシンドリアに貢献してくれる女性
嫌いなタイプ忠誠心のない従者
好きな休日の過ごし方明日の分の仕事をする
悩みごと酒ぐせが悪いと言われるが、記憶がない
弱点怒りっぽい

CV:櫻井孝宏

シンドリア王国、八人将の一人。政務官。
シンドバッドの第一の側近にして眷属であり、八人将の中でも最古参の域に入る。
本編では、バルバッド編にて、シンドバッド王の従者としてマスルールと共に登場した。
カフィーヤ(クーフィーヤ)で隠れているが、髪は短い。
エプロンのような前掛けは、シンドリアの文官が付ける、インク汚れを防ぐためのもの。

穏やかな性格の常識人だが、怒らせると怖い。
やや心配性気味で、ボケの多い周囲に仕事の絶えないツッコミ役。
頭の良いキャラとして、作中では解説係を担当していることも多い。

シンドバッドのせいでいつも気苦労が絶えないが、主君に対する忠誠は本物で、何も知らない他人にシンドバッドを侮辱されると我を忘れて刃を向けるほど激昂してしまう。
ただ、そんな風に深い忠誠を捧げている一方で、彼の酒癖・女癖に関してはまったく信用しておらず、問題が生じる度に頭を痛めている。

普段は政務に携わっているが、戦闘でも大いに活躍する。
武器は、長い縄の先に刃物が付いた、縄鏢に似た二本の眷属器「双蛇鏢(バララーク・セイ)」
普段袖に隠れている腕には、その縄がぐるぐると巻きつけてある。

子どもを危険事に関わらせるのを好まなかったりと、何かと子供を甘やかしがちな性質。
アラジンモルジアナが戦いに参加することにも、当初は強く反対していた。
また、第77夜で主人公たちが規格外の大変貌を遂げた原因の一端も担っていたようである。
おかげでファンからは、お母さん呼ばわりされる始末。

作者のものと思われる手書きブログでは、仕事が趣味で普段から官服を着ているため、私服は14歳の時にシンドバッドからもらった1着(もう小さくて着られない)だけしか持っていないという描写があった。
他のメインキャラの中でも一番持っている私服の数が少ないらしい。



そのかつては、暗殺者としてシンドバッドの命を狙っていた存在
愛用の武器も、本来は暗殺具として扱われていたものである。
穏やかな表情が多い今でも、本気で怒った時などには当時の表情が見え隠れする。
詳しい事情は本編では語られていないが、『シンドバッドの冒険』にてその経緯が語られつつある。

また、幼少の頃はぶっちゃけ患っていたようである。
おかげで、一部では当時を「元ヤン時代」と呼ばれる始末。
16巻ペーパー及びBSにてその様子を垣間見ることができる。



関連イラスト

嫁
ジャーファル


現政務官、
じゃふぁる


関連タグ

マギ シンドリア 八人将
シンドバッド(マギ) マスルール

シンドリアの母 ジャーファル君マジおかあさん
シンドリアの狂犬 長髪ジャーファル
子ジャ

古参組

他の記事言語

Jaafar

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャーファル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 45753293

コメント