ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

GAVIRULとはドールズフロントラインに登場する存在である。読み方は「ガビアル」「ガービラル」など。
その正体は、古代遺跡を作った未確認生命体であり、高度な技術を持っていたと推測される。なお、その技術は人類が120年かかってもおよそ20%しか理解できなかったほど複雑なもの。

容姿

一切不明だが、ソ連の報告書には「化け物」と記載されているのが唯一の情報。
北蘭島と南極の遺跡にて、半ミイラ状態となっていた所を虜獲された。
細胞質や遺伝子はほとんど破壊されておらず、死後も体組織を良好な状態に保っていたらしい。

能力

人知をはるかに超えた知能を持ち、崩壊液の崩壊技術や、バラクーダの設計、古代遺跡の堅牢なセキュリティーを制作するなどその偉業は多い。

三女神計画

何を思ったか、この生物の遺体の細胞を使って試験管ベビーを作ろうと科学者たちが画策。
どこをどうトチ狂えばこんな凶行ができるのか不明だが、その計画は見事に成功。
「ジェフティ」「ノイエル」「ルニシア」の三人の少女らを作り出した。
彼女らに求められたのは、GAVIRULだけが解除できる遺跡のセキュリティパスを代行して解除する能力。
その目的が達成された暁には遺跡技術を完全に利用することが可能となるらしい。

しかし…。

「ノイエル」は適応障害があった為一旦コールドスリープ状態に。
「ジェフティ」は逃亡。その後数十年にわたって姿をくらませてしまう。
「ルニシア」は少女兵となった後死亡。
その後、ルニシアの死体はとある人物に持ち出され、主任のフィリップ夫妻とシュナイダー博士は何者かによって暗殺され計画は頓挫してしまった。
その計画は40年後の世界に引き継がれることになる。

関連タグ

ドールズフロントライン
コーラップス液
未確認生物
























???「私たちは、GAVIRULの遺産、遺跡の要、そして…。」
はるか古来の住人は新たな災厄をもたらした。

関連記事

親記事

コーラップス液 ほうかいえき

兄弟記事

コメント