ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

韓国で運用中の『KF-16(F-16C Block 50/D Block 52 CCIP相当)』および『F-15K(F-15E ストライクイーグル改修機)』の後継機(第5世代ステルス戦闘機F-22を開発したロッキードマーチン設計)。
ステルス性に考慮した低RCS機体となっているが、ウェポンベイはなく4.5世代機にとどまっている(ブロック2でウェポンベイを実装・ブロック3でステルス性能を強化、第5世代ジェット戦闘機とする計画であり機体性能拡充用スペースは確保されている)。

KF-X用技術移転承認により『GE-Aviation F414-EPE』エンジンを純国産化した『F414-GE-400K』(推力:120kN)エンジン×2基およびエルタ・システムズ社製『EL/M-2052』派生型(技術移転承認・純国産化)AESAレーダー搭載予定。

2023年の初飛行後、国内向けのみで120機ほどを量産化予定であるほか輸出も考慮しており、インドネシアが開発に参加している。

要素技術

  • 機体形状

【『KF-X』試作機・最終組み立て開始】(2020年9月2日撮影)

※詳細は韓国航空宇宙産業(KAI) 公式サイト『KF-X Korea Fighter eXperimental』(外部リンク)および韓国航空宇宙産業(KAI)2020年9月3日公式発表『KAI started the final assembly of the KF-X Prototype #1』(外部リンク)の英語情報を参照の事。

  • エンジン
【KF-X用技術移転承認・純国産化『F414-GE-400K』エンジン】(英語)
※GE Aviation 公式YouTubeチャンネルより転載(詳細はGE Aviation 2020年6月4日公式発表『GE Aviation delivers first F414 engine to South Korea for KF-X program』(外部リンク)の英語情報を参照の事)
  • レーダー
【KF-X塔載予定:エルタ・システムズ社製『EL/M-2052』派生型(技術移転承認・純国産化)AESAレーダー】(Xバンド周波数/窒化ガリウム製半導体素子×1088個)
※詳細はエルタ・システムズ社 公式ページ『ELM-2052 Airborne AESA Radar』(外部リンク)およびエルビット・システムズ 2020年2月6日公式発表『Elbit Systems Awarded $43 Million Contract to Equip Next-Gen Korean Fighter Jets in Development with TF/TA Systems - Elbit Systems』(外部リンク)の英語情報を参照の事。

関連項目

第4.5世代ジェット戦闘機 F-22 F-35
韓国

関連記事

親記事

第4.5世代ジェット戦闘機 だいよんてんごせだいじぇっとせんとうき

兄弟記事

コメント