ピクシブ百科事典

KINGGHIDORAH2019

きんぐぎどらにせんじゅうきゅう

映画「ゴジラ・キング・オブ・モンスターズ」に登場するキングギドラ。
目次[非表示]

『彼らは、底知れぬ所の天使を、王として頂いている』
『ひとつの星が、天から地に落ちて来るのを見た。その星には、底知れぬ所の穴を開く鍵が与えられた』
『そして、底知れぬ所の穴が開かれた。すると、その穴から煙が大きな炉の煙のように立ちのぼり、その穴の煙で、太陽も空気も暗くなった』

 ~ヨハネの黙示録の第9章11節、1節、第9章より引用~

【 菩提薩垂 依般若波羅 】(真理を求むる者は 悟りの果てに往ず)
【無意 識  色即是空 是】(意志もなく、認識もなく、万象は空虚なり)
【受想行識  無色無受想行】(いかなる行いも虚しく 意味がない)
【 菩提薩垂 依般若波羅 】(真理を求むる者は 悟りの果てに往ず)
【 無無明亦   無無明 】(己の無力さ、無知さが尽きる事はない)
【波羅 無無明亦 無無明尽】(讃えよ 己の無力さ、無知さが尽きる事はない)
【乃至菩提薩垂 依般若波羅】(故に、真理を求むる者は 悟りの果てに往ず)
【無意 識  色即是空 是】(意志もなく、認識もなく、万象は空虚なり)
【受想行識 無色 無受想行】(いかなる行いも虚しく 意味がない)

 ~玄奘三蔵訳 仏説般若波羅蜜多心経より編曲~

概要

身長:158.8m
体重:141056t

南極の氷の中で冬眠状態で発見された正体不明の巨大怪獣。

近年発見されたばかりなため情報が少ない謎の存在で、モナークではモンスター・ゼロのコードネームで呼ばれており、伝承によると当時栄えていた人類文明を滅ぼし、そのあまりの破壊力から“生きた絶滅現象”、"恐怖の象徴"として恐れられた。
世界各地に残るドラゴン(例えば黙示録の赤い竜など)の伝承はギドラの事を書き残すことさえも恐れ、忘れようとした古代の人々が間接的に残したものだという。

正体

モナークに「最強の怪獣」と呼ばれ、対抗できるのはゴジラしかいないとされる強力なタイタンであり、当初は他の怪獣と同じく地球に秩序をもたらすタイタンの一種と思われていたが、地球の生物としてはありえないレベルの再生能力を発揮したことからそのことに疑念を持たれ、そして僅かに残されていた伝説から正体は地球の秩序から外れた外来種、すなわち宇宙怪獣であることが判明した。

地球からすればまさに侵略者であり、地球の王として君臨するゴジラと偽りの王として支配権を簒奪しようとするギドラは太古の昔からライバル関係にあった。
ギドラの名称は伝承を精査したチェン博士が発見したもので、「一つにして無数(The One Who is many)」を意味するという。

こんなKOMはいやだ漫画。


怪獣でありながら明確な知性を有しているように思えるが、性質自体は極めて凶悪かつ残忍で、人間に対しても憎悪とも取れるような敵対感情を抱いて積極的に攻撃を加えようとしたり、地球の生態系を自分の都合のいいように作り替えようとしたり、そしてそのために地球怪獣を自分の僕として自身の利己の為に使役するなど、その性質はまさしく傲慢な王でもあり、西洋の伝承に伝わる邪悪なドラゴンと言っても差し支えない(公式パンフレットに記載されているゴジラ・ラドン・モスラ・ギドラのそれぞれを現した、恐らく古代文明のものの壁彫りの彫刻では、ギドラだけは他三体が敬う対象として描かれているのとは対照的に、明確に怖れ立ち向かうべき邪悪な存在として描かれている)。

一方で、ギドラは一見人間に対して明確な敵意を持って攻撃してきたと見えるが、実は特定のターゲットを明確に消滅させることはないといい、そもそもギドラ自身が戦う必要はなく、侵略された星はギドラの天候操作などの力により惑星の環境自体が変わっていき、その結果。人間や動物、最後には怪獣さえも自然に滅びていくのだという。

またギドラにとって戦闘行為は一種の狩猟でもあり楽しみとされ、人間への攻撃は戦争ではなく、需要でもないただの娯楽とされるほど通常の生物の範囲を超えている存在でもある。
そしてその支配体系は世界のバランスを崩す者以外に手を出さない秩序の神たるゴジラと対極に位置するものである。

ゴジラの自然を考慮した王政に対しギドラが行う王政は恐怖政治であり彼の暴政の下で、生態系は完全に崩壊されると言われているが、基本的にゴジラ側とギドラ側を分けるとすればモスラを除くほとんどのタイタンがギドラ側につくと目されている。
理由としては一部のタイタンは本質的に攻撃的で環境を破壊するが(最も典型的な例はラドン)、ゴジラの支配下では領土を拡大する機会がなく、万一行動を起こしてもゴジラによって生態系にダメージを与える者は罰せられることになるので自由に行動をずることができない。しかし、そんな彼ら(例 カムソッソやスカルクローラー)にとって完全な自由を与えるギドラはまさしく寛大な王であり、実際にタイタンの心理的説明ではスカルクローラーは「ギドラ軍門に参加できてうれしい」との内面可愛らしい描写がある。
ただし、ラドンでさえある程度一定の生態系の安定性を維持したり、他の過激なタイタンも自制心は持っているが、この世界で地球の生態系を一切考慮しない唯一のタイタンがギドラである。

ちなみに「自らの意志で地球侵略に乗り出したギドラ」平成モスラグランドギドラ以来となる。

容姿

全体的なデザインは「黄金の体、2枚の羽、2本の尻尾、3つ首」と概ね日本のオリジナルそのままだが、ドハティ監督の意向により各所にアレンジが加えられ、より東洋の龍を模したデザインとなっている。

身長は158.8mとされているが、翼開長や全長は身長の約2倍~3倍と思われ、見た目以上に巨大な印象を与えている。
また、体重は14万1056tと派生種であるカイザーギドラを含めても、歴代のキングギドラの中では最大クラスの体格を誇っている。

原形を残しつつコウモリと同じく腕が発達したようなワイバーンに近い形になり、歩行時はコウモリのように前足として使用される。腰にある翼を構築する皮膜は画家のウィリアム・ブレイクの描いた絵画「赤い龍」をモデルにしているという。

特に大胆な変更がされ、日本版の怪獣としてよく見るどっしりとした太い脚ではなく、恐竜のような獣脚となっている。
これに加えてCG化の恩恵もあり、旧来よりも器用に扱うことができるが、細くなったことで歩脚としての性能は落ちており、直立するのが精一杯らしく二足歩行をする場面はほとんどない。

皮膚

裏設定では真皮層に微量の金を含んでおり、これが生体電流を運ぶ導体として機能し、体が黄金色に見える要因になっているのだという。

KING GHIDORAH 2019


それぞれの頭部はvs版の個体を彷彿とさせる後ろに向かって複数の角が伸びているような形で、3つの顔それぞれの角の形に若干の差異がある。
こちらも東洋の龍に近い感じの顔つきになっているのが特徴。

東京コミコンにて明かされた情報では、3つの首には兄弟のような上下関係があり、それぞれで性格も異なっており、インタビューによれば真ん中の首がリーダー格で生真面目、ギドラから見て右の首は好戦的で意地が悪く、左の首は好奇心旺盛とのこと。

実際の劇中でも、興味を優先しようとする左の首を真ん中の首が叱りつけたり、右の首と相談するような仕草をしており、兄弟の例えに乗っかって真ん中が長男、右が次男、左が三男としてファンから親しまれている。
ちなみに、頭部は胴体とは別に3人のモーションアクターが演じており、制作陣はそれぞれの首を日本語でイチ(真ん中)、ニ(右)、サン(左)と呼んでいたとのこと。

なお鳴き声に関しては、平成版の西洋のドラゴンらしい甲高い咆哮と、昭和版特有の「カラカラカラ」という電気信号的な唸り声の両方が採用されている。

能力

伝承に違わず、地球上の怪獣たちの中でも極めて強力な力を持ち、3つの口から雷撃状の光線を放つだけでなく、外部から吸収した電撃を尻尾や両翼の棘から広範囲に拡散発射することができる。
光線は電力エネルギーであり、公式サイトでも生体電気によるものと明記されており、千年竜王から2体目となる「引力ではなく電撃を操るギドラ」となる。翼からのエネルギー放射はグランドギドラ以来。
ただし、光線の名称そのものはGravity Beam(引力光線)のままである。

さらに活動するだけで地球の気象にも大きな影響を与えるとされ、そのためギドラの周辺では大規模な嵐が巻き起こり、「生きた台風」のごとく暴風雨と雷を常に引き連れている。その威力は現実に存在しないカテゴリー6に相応するといい、そのうえこの嵐は規模を拡大し続けるだけではなく増殖および分裂を繰り返して最終的に地球全体を覆い尽くすことなる。
しかもこの発生させた嵐はギドラが死してなお残り続けるという厄介な性質があり、ギドラ本体が倒された後も太平洋上に残り、これによってコングの生まれ故郷である髑髏島にカムソッソと共に壊滅的な被害を与えた。

この嵐によりギドラが直接手を下さずとも他の生物は自然に死んでいき、最終的にギドラによって創造される環境に耐えられる生物はギドラ(および細菌)だけと言われるなど、まさしく“生きた絶滅現象”というにふさわしい強大な能力を秘めている。

また、アルファタイタンの一種であり、全タイタン達にアルファコールと呼ばれる信号を使用して命令することが可能(アルファタイタンの定義は、”タイタンのトップ” ”タイタン界の頂点捕食者”)であるとされ、この能力によって地球上のほとんどの怪獣達に人類への攻撃、都市の破壊などを実行させた。
現在公式に認定されたアルファタイタンはゴジラ、ギドラ、コングの3種だけである。

例え首が千切れても短時間で復活させるほどの強力な再生能力を持ってもいる。ドハティ監督によればギドラのニューロン(神経細胞)はタコのように手足や全身に散らばっており、それにより記憶や個性を残したまま新しく頭を再生することができるとのこと。

劇中での活躍

封印されていた南極の第32前哨基地の中で眠りについていたが、怪獣による地球浄化を掲げるアランエマの工作によって氷の中から解き放たれ、脱出を図っていた芹沢およびマーク達の部隊を見つけて襲いかかる。そこにギドラの復活を察知して南極に向かっていたゴジラが現れたことで両者は一度目の交戦に入るも、この時はゴジラとの応戦もそこそこにモナークの飛行船「アルゴ」の急な乱入のため、目覚めたばかりで状況を知らないギドラは撤退を図る。

その後はハリケーンを伴いながら北上を続け、中米付近に差し掛かった所でアルゴが誘導してきたラドンと遭遇し、お互い激しくもみ合うがすぐに撃退。次にアルゴに迫った所をギドラを追撃してきたゴジラが立ちはだかり、泳ぐことができないギドラは水中戦でゴジラに圧倒され、首の一つを失うダメージを負うも、そこに米軍が使用した対怪獣用殲滅兵器「OD」が炸裂。ゴジラがODの効果で弱体化した隙に逃走し、今度は世界各地に眠る怪獣たちにアルファコールを使用し、全タイタンに「狩りをしろ」と命令し、次々と復活させると、屈服させたラドンを筆頭に彼らを従えて地球の生態系を滅ぼそうとする。

風暴の子



その後はラドンと共に米本土に上陸、首都ワシントンを襲撃して大嵐で都市全体を水没させ、米軍の大艦隊およびアルゴによる迎撃を受けるが、それもアルゴを残して壊滅に追いやっている。
ちなみに小説では具体的なギドラに対しての人類側の戦力も記述されており、ギドラを攻撃するために用意した総戦力は3つの空母打撃群に加え、さらに空軍も含めた大西洋に配置された米軍部隊全体による総攻撃が敢行されたとし、最強の空母打撃群+原子力潜水艦8隻という小国を制圧するには十分な戦力を用いてギドラに挑んだものの、「4つの竜巻が応答するように掃いた嵐の中に魔王が座っている。ワシントンに残ったのは黄金の地獄だけ」という文でギドラとラドンの猛威の前に全て数時間で消え去った。

エマの娘のマディソンが「オルカ」を使って他の怪獣を制止しようとするとそれに気づいて信号の発信源であるボストンに飛来、オルカを動かしたマディソンを殺そうとするが、そこに再起を遂げたゴジラが現れ、両者は最後の戦いに突入する。

モスラとラドンも入り乱れての戦いの中でエネルギー過剰により身体が限界に来ていたゴジラをギリギリまで追い詰めるも、エマが作動させたオルカの信号に気を取られている間にゴジラはギドラに倒されたモスラの力を取り込んでヒートウォーク形態へと変化。その凄まじさを前に一転して怯んで逃げ出そうとするも、ゴジラの放った超高熱波であっという間に翼が焼け落ち、間髪を容れぬ連射で全身を焼き尽くされた。残った首もゴジラに咥えられた状態でありながらまだしぶとく抵抗するほどの生命力を見せつけていたが、最後にはそのまま放たれたゼロ距離からの熱線で跡形もなく吹き飛ばされて完全に滅び去った。

しかし、中米沖でゴジラに引きちぎられた首の一つは現地の漁民に引き上げられており、それが後にアランの手に渡ることになる。
この首はその後、大手テクノロジー企業の「エイペックス・サイバネティクス」に売却され、5年後の2024年を描いた『GODZILLAvsKONG』では同社の開発した史上最悪の兵器の素体として利用される事になる。

そして、エイペックスのCEOであるウォルターはギドラの脅威度を見誤ったエマと同じ失策を犯し、本末転倒な最悪の事態を起こしてしまう。

その他ドラゴン怪獣との相似

オリジナルのキングギドラはもちろん、後述の東宝映画「ヤマトタケル」に登場した魔王ヤマタノオロチへの類似点の他にも、海外においてはハリウッドにおける「革新的なCG表現に成功したドラゴンたち」との類似も指摘されている。

  • 一つはスマウグである。ブレス攻撃の際の喉の発光、下あごの形状、悪意を持った表情、地上で歩行に使用する翼、モーションキャプチャによる演技が共通・類似している。
    • ウェタ・デジタルは両シリーズに関与しており、また、モーション・キャプチャを本格的に映画産業に取り入れたことで有名である。ちなみにアンディ・サーキスはキングコングとゴジラの両キャラクターを演じたが、これは中島春雄以来となる。
    • 今作のラドンに関しても、飛ぶ際に翼の後ろが燃える描写も、やはりスマウグのコンセプトに同様のものがあった。
  • 二つは「サラマンダー」に登場したドラゴンたちである。後の数々の創作のドラゴンに影響を与えたとされており、そこにはハリー・ポッターゲーム・オブ・スローンズポケットモンスター等も含まれる(と言われている)。今回のキングギドラとの類似点は頭部である。「サラマンダー」においては「核」となる一頭の雄竜とサポート的な雌竜たちが登場するが、雄竜の頭はより分厚く角が曲がっており、役割も重要性が他の竜よりも重い。そして雌竜たちは雄竜よりも角がまっすぐである。

その他

宣伝などでは過去作に合わせて“キングギドラ”と呼ばれているが、劇中での呼称は基本的には“ギドラ”である(一部シーンで「キングギドラ」の呼称が使用されている)。これは過去作のキングギドラの海外名が単に「ギドラ」であるため。ギドラの名称が登場する前は「モンスター・ゼロ」(旧作にてX星人がギドラにつけた呼称「怪物ゼロ」の英訳)と呼ばれている。

2017年公開のモンスターバースシリーズの第2作『髑髏島の巨神』のエンドロール後のポストクレジットシーンで先行登場。MONARCHがコンラッドとウィーバーに見せた映像の中で、ゴジラ・モスラ・ラドンと同様に世界各地の遺跡に壁画として描かれている様子が映し出されており、そしてその最後にはゴジラとギドラの対峙する姿が描かれた壁画が出てきた直後に画面が暗転し、ゴジラの咆哮が響き渡るという本作の内容を暗示する演出となっていた。

余談

  • 劇中では怪獣のコントロールも可能にするテクノロジー「オルカ」を執拗に攻撃している描写がある。自らの地球侵略の障壁になるからという理由もあるのだが、メタ的には侵略者の手先として操られるのが常であった過去作品の鬱憤を晴らしているようにも見える。
    • 覚醒当初はオルカの音によって人間に誘導される場面があり、行動を操られやすいという歴代キングギドラのお約束はある意味で守っているともいえる。
    • 一方でオルカを明確に敵と認識して以降は怪獣を宥める音を至近距離で大音量で聞いても全く鎮静せずにオルカを狙って攻撃を仕掛けており、意志そのものは強固である。
  • モンスターバースシリーズが金子修介による平成ガメラGMKの影響を受けているという指摘は国内外から数多くあり、「GODZILLA」と「KOTM」を視聴した金子自身もキネマ旬報(2014年7号)と映画秘宝(2019年6月号)にて類似点があることを認めている。ギドラに関しては金子自身の指摘を含めると「神話生物や幻獣の伝説に影響を与えた」「聖書の一節にたとえられ、地球を自分の好みの環境に変えたり侵略しにきた」「古代から地球に存在し、氷の中にいたところを人間に起こされた」「ゴジラと水中戦を行い、潜水艇に乗った人間が介入して誤射をする」「引力光線以外に明確な電気に関する能力を持つ」「指骨があり折りたたむことができる翼」「鳥の足のような脚部」など設定容姿シチュエーション、その他GMKに登場した魏怒羅の影響が色濃い。
    • ただし魏怒羅東洋の龍で「くに」を守る神であるのに対し、本作のギドラは西洋のドラゴンで地球を荒らす侵略者であるなど、その立ち位置とキャラクターは対照的である。

神話伝承との関係

  • 海外版のポスターでは三本の首に因んで第9章の11、第9章の1、第9章の2の3つの黙示録からの引用が組み合わせられ、一つの文章として構成されている(この記事冒頭を飾る言葉がソレである)。
  • ギドラが封印されていたモナークの南極前哨基地はOutpost32という名前であるが、これは『遊星からの物体X』に登場した南極基地「Outpost31」にちなんで名づけられたもので、「南極で氷漬けにされた太古の宇宙生物」というシチュエーションも物体Xのオマージュが込められているとのこと。ただし物体Xの世界観と繋がっているわけではない。
  • ドラゴン系統のデザインに見えるが、エンディングで示唆されている内容や不死身にも思える再生能力などから、生態としては地球上のヒドラに近い存在であることが示唆されている。なおヒドラとギドラはどちらもギリシャ神話のヒュドラに所縁のある存在である。
  • 上記の通りキングギドラ自体は西洋に登場するドラゴンや悪魔をモチーフとしてるが、本作のギドラのオリジナルテーマには仏教の般若心経が読経されているのは極めて印象的である(ページ冒頭部参照)。ドハティ監督は「リアルな感じと、古(いにしえ)の音楽に感じられるようにしています」との意図があるらしい。
    • 実はこれで唱えられているものはリズムや踏韻を優先して再編されており、厳密には意味が通じない経文になっているという。
    • ちなみにこのBGMの中で流れている般若心経は日本から本職の僧侶を呼んで読経させたものを使用している。言わずもがなこれら読経に使われる仏教漢語や梵語などは古来より仏門=知識階層が触れて来た渡来言語であるが、対してゴジラ側のBGMは若衆たちによる囃子(はやし)=大和庶民の言葉で拮抗している。監督や音響スタッフがどの程度まで日本史や日本文化に通じているかは未知数だが、ある程度具体的な風土知識を備えていたことが窺える。
  • 当初は世界中の神話や伝説を調べても該当する怪獣を発見できなかったとされているが、現実においては著名な三つ首のドラゴンの伝説としてペルシア神話アジ・ダハーカが存在する。「広げれば天を覆うほどの巨大な翼をもつ」、「世界の支配者の証といわれる光輪を火の神アータルと争いあった」、「世界の終末に封印から解き放たれ、世界の生命の3分の1を食らう」、「最終的には死後の世界から再臨した英雄に打倒される」など、今作のギドラと多くの類似点を持つ。
  • 「地球の秩序から外れた外来種」「秩序の神たる地球怪獣に対する混沌の神」「地球の秩序を自身に都合良く作り変える」「ボストン沿岸から上陸」「嵐を纏う金(黄)の王」など、クトゥルフ神話要素も見られる。


関連項目

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ
アラン・ジョナ
キングギドラ 魏怒羅 偽りの王


ドラゴン 怪獣 絶対悪 外道 吐き気を催す邪悪 だいたいこいつのせい 下衆 諸悪の根源 全ての元凶 卑劣 クズ 人外のクズ

MUTO・・・前々作の敵怪獣。無意味な殺戮を行ったギドラと違い人間から攻撃を仕掛けられた事から敵意を抱くようになり、子孫を残す為に暴れていた。
スカルクローラー・・・前作の敵怪獣。ギドラ同様、よその生態系から侵入した外来種であることが語られている。

魔王ヤマタノオロチ・・・頭部の形状、特に角に類似性がある。

ロン無間龍・・・同じく多頭竜。凶悪無比な実力、自分本意で己の欲の為だけに好き勝手に命を弄ぶ極悪度と凶暴性、最終的には因縁のある同種に滅ぼされる等、共通点が極めて多い。

関連記事

親記事

キング・オブ・モンスターズ きんぐおぶもんすたーず

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「KINGGHIDORAH2019」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「KINGGHIDORAH2019」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 285559

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました