ピクシブ百科事典

League_of_Legends

りーぐおぶれじぇんど

League of Legends(LoL)とは、米Riot Games社のdota系オンライン対戦ゲーム。
目次[非表示]

米Riot社が運営しているオンラインゲーム。 WindowsならびにMacと対応している。
 Warcraft3:The Frozen throneのUMSである「DotA Allstars」の流れを汲むDotA(AOSとも)と呼ばれるジャンルに属している。

 国内外で非常に人気が高く、現在、一日あたり2700万人がプレイしており、1時間あたりの同時接続数は750万人と、世界で最も多くプレイされているオンラインゲームであると言われている。
 課金システムが存在するものの、無課金でできないことはほぼない(キャラクターの外見を替えるskin・サーバーの変更のみ課金限定。これはゲーム内での強さに対して何も影響を与えない)。またオンラインゲームによくある尋常じゃなく出にくい「レアアイテム」や異常に時間のかかるレベリングシステムが存在しないため、課金者と非課金者に強さの差が出ない非常に良心的なつくりになっている。

 日本語Wikiの充実度もかなり高く、中学生レベルの英語力であっても遊ぶ事は充分に可能。Ping機能(ミニマップに警戒や集結などのマークを打つ)などから、英語を使わずとも最低限の意思疎通は可能なところもポイント。

 競技性と人気からe-Sportsとして世界的に認められており、本国では1000万円規模の賞金が出る大会が開催されたり、プレイヤーならびにチームへスポンサーがつくこともある。今日では日本国内でもプロリーグが開催されるようになった。

 プレイヤーは100種類以上いるキャラクター(Champion)から1人選んで操作する。Championには様々な個性があり、どのChampionにも他のChampionにはない要素があると言っても過言ではない。
 キャラクターもたっているため、お気に入りのChampionがきっと見つかる。詳しくはLeague_of_Legendsに登場するChampion一覧を参照。

ゲームシステム

 各プレイヤーの操作するChampionはゲーム毎にLv1,少しの所持金を持った状態でスタートする。Championは敵陣Nexusから湧いてくるザコ敵(Minion)や中立モンスター、相手Championを倒すことでお金と経験値を入手し、レベルアップしていく。レベルアップ毎に基礎能力が向上するほか新しいスキルを憶える、もしくはスキルをパワーアップさせることができる。また稼いだお金は武器や防具、アイテムを購入することに使うことができる。
 例えるならばこのゲームはRPGの戦闘システムの縮図(ザコ敵(Minion)を倒してお金と経験値を稼ぎ、より強い装備を入手し、中ボス(相手Champion)を倒し、敵ダンジョンの最深部までいく(Nexusを破壊する))であるといえる。RPGと異なるのは、味方も敵も一人ずつ操作しているプレイヤーがいることだろう。
 その性質から、往年のRPGと同じように、チームには壁役のTankやダメージソースのMarksman/ADC、魔法を使うMageや味方を援護するSupportなど、様々なRole(RPG風に言うならジョブ)をバランスよく用意することが定石となっている。
 もちろん相手も全く同じ条件なので、味方との連携や相手への妨害によってレベル・装備を先行させたり、逆に妨害されないよう連携を崩したりする必要がある。

 ゲーム中にHPが0になっても一定時間経つと復活できる。しかし負けると相手に多大なお金と経験値を与えてしまうほか、復活までの間自身は経験値もお金も稼げないため、死ぬ回数が多ければ多いほど相手のほうが加速度的に強くなってしまう。また、復活にかかる時間はレベルが上がる毎に上昇していくため、終盤では一度のデスで試合が決まることもある。

ゲームモード

Classic(Summoner's Lift)

 最もポピュラーかつベースとなるゲームモードで、プロチームの試合も基本的にこのモードで行われる。いわゆるランクマッチであるRankedやNormal、vsAIなどで遊ぶことができる。
チームメイトと協力して相手の陣地にあるNexusという建造物を破壊する事が勝利条件。逆にこっちのNexusを破壊されたら負け。マップはSummoner's Lift。5vs5のチーム戦。
 20分からサレンダー可で、1ゲーム20~50分程度。

Classic(Twisted Treeline)

 Classic(Summoner's Lift)のMap違いバージョン、3vs3となっており奇襲や視界の奪い合い以上にレーンでの殴り合いが大きな要素となってくる。
 人口はSummoner'sLiftより少ないためNormal(BlindPick)推奨。
 15分からサレンダー可で、1ゲーム15~40分程度。

TeamBuilder

 ルールやマップはClassic(Summoner's Lift)と全く同じ。ただし、Champion等の決定法が異なる。
 Classicではメンバーが揃ってからChampionならびにRoleの割り振りを行うのに対し、TeamBuilderでは自分の使いたいChampionとRoleを決めたうえでメンバーとのマッチングを行う。
 Classicと異なりChampionどうしの連携やTeamとの相性といったものが偏りがちだが、人気RoleやChampionの練習にはもってこいのモード。

ARAM(Howling Abyss)

 一本道の特殊なmapで行われるモード。ARAMはAll Random All Midの略、このモードでは、所持Champion+毎週選出される無料Championの中からランダムに選択される。
 短時間で終わる為気楽にプレイできるものの、死亡しないと買い物が出来ない、特殊なアイテムの存在等、通常mapとは大きく違う戦術を求められる。
15分からサレンダー可能で、おおよそ20~40分程度。

Dominion(The Crystal Scar)

 5vs5で行う陣取りゲームで、勝利条件がNexus破壊ではない唯一のモード。相手を打ち倒したりキャプチャー地点を占拠することで、相手チームのポイントを減らすことができ、先に相手のポイントを0にしたほうが勝ち。
 セガのアクションゲームボーダーブレイクに例えるなら、コア凸できない代わりにプラント占拠で相手のコア耐久値を減らすことができるモード。
 少々マイナーだが、Dominion独自の戦略が存在するためコアな層から人気がある。ゆえにマッチング速度の問題でNormal(BlindPick)推奨。
試合展開がめまぐるしく、1ゲーム10~20分程度。
2016年2月22日をもって常時リストから削除し、期間限定としてリニューアルされた。

その他、期間限定で2~3週間特殊なゲームモードが実装されることがある

 ARAMに続く新モードの模索をしているとのことだ

1試合につきだいたい20-50分。チームは試合ごとに原則的に近いレベルの人が自動でマッチングされる。もちろん友達と一緒にチームを組むことも可能。

pixivのタグとして

スペースをアンダラインに置き換えた「League_of_Legends」がお勧め。
スペースを入れたままの「League of Legends」と入力すると、タグが「League」「of」「Legends」の三つに分けられてしまう。それはpixivの仕様でスペースの入れたタグが許されないため。

このタグ分離現象は海外からの投稿者で多く見られる。詳細はタグの項目を参照の事。

関連イラスト

私はいつもパン屋になりたいと思っているのだ。
ソナ
Veigar
[LOL] Soraka
lol lulu
POPPY
魚人ショタFizzちゃん!
Ziggs LoLより



関連タグ

Poro: マスコット的な存在
オンラインゲーム イースポーツ

略称タグなど


外部リンク

League of Legends公式HP
LoL 日本語 Wiki

pixivに投稿された作品 pixivで「League_of_Legends」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 186935935

コメント