ピクシブ百科事典

Plant hwyaden

ぷらんとふろうでん

Plant hwyadenとは小説及びアニメ『ログ・ホライズン』に登場するギルド。Plant hwyadenと正しくは綴るが、全て小文字にしたり、hwyadenではなくHwyadenと綴られることがあり、多くのサイトで表記揺れが見られる。

概要

 Plant hwyadenは西のプレイヤータウンミナミを統治する巨大単一ギルド。ギルドマスターは濡羽
 円卓会議がギルド間の連携による相互互助を目指し、人権思想の共有、11のギルドマスターによる合議制をとる一方、Plant hwyadenは単一ギルドによりミナミを支配しており、ミナミの冒険者全員が同ギルドに所属を義務付けられる。さらに、大神殿をゾーン購入していることから、生死与奪の権力をもつ。このように全体主義的で恐怖政治を行うPlant hwyadenは、政治体制から相容れない自由主義的な円卓会議と潜在的敵対関係にある。
 なお、ギルドマスター濡羽を最高権力とするが、実際はインティクスが実権を握っており、中心として十席会議をもつ。いわば、寡頭制(少数の人間が権力を独占する政治体制)である。
 〈大災害〉直後、妖艶な濡羽を中心に形成され、後に〈神聖皇国ウェストランデ〉の元老院を取り込み、絶大な権力を手にする。大地人の血税を元にナカスの冒険者の生活は支えられており、アキバをリードする技術力の源も彼らの血税である。
 本拠地はイコマにあり、単一ギルドによるギルド間格差撤廃、現実世界帰還のための勢力結集を謳うが、内部は派閥が乱立し、十席会議メンバーの思惑もそれぞれ異なる。インティクスの狂気により、西日本及びヤマトは混乱に向かっている。

十席会議

 Plant hwyadenの中心。会議を行う部屋はゆるやかな階段のような形状になっており、階段というより低い踊り場の連続といった趣の部屋。
段差の数は十、上の段ほど地位が高い。それぞれの段は十人の席将達によって思い思いの場所が作られている。なお、インティクス、カズ彦、KRは元放蕩者の茶会メンバーである。

第一席:“西の納言”濡羽
第二席:インティクス
第三席:“監視塔”ゼルデュス
第四席:“東跋将軍”ミズファ=トゥルーデ
第五席:“南征将軍”ナカルナード
第六席:“預言の唄い手”クオン
第七席:カズ彦
第八席:“ミラルレイクの大魔導師”ジェレド=ガン
第九席:“近衞長”ロレイル=ドーン
第十席:“変幻道化”KR

コメント