ピクシブ百科事典

SARU

さる

SARUとは、『イナズマイレブンGO クロノ・ストーン』の登場人物である。
目次[非表示]

CV:岡本信彦

概要

本名「サリュー・エヴァン」。200年後の未来で人類の脅威となっているセカンドステージ・チルドレンの組織「フェーダ」の皇帝を名乗る少年である。『クロノ・ストーン』のラスボスであり、最強の敵チーム「ザ・ラグーン」のキャプテンを務めている。

SARUの名前の由来

セカンドステージチルドレンは最も人間の進化した姿なのに、その頂点に立つものが「
という名前なのは皮肉みたいなものらしい。サリュー・エヴァンという名前もそこから後で追加したとか。

プロフィール


幕末編にて支援者Xと共にザナークの前に姿を現し、彼を暴走させる力が何なのかを伝え、それがフェーダに入る資格だとも言及する。

松風天馬たちが恐竜時代にタイムジャンプしている間にエルドラドを襲撃し、トウドウ達の前に姿を現して決着を付けるラグナロクの提案を持ちかけた。

普段は飄々としながらも落ち着いた態度だが、歪んだおどろおどろしい性格の持ち主(アスレイ曰く『邪悪』)であり、このような性格になってしまったのは作中での描写を見る辺り強い力を持ちすぎた事、エルドラドから化け物扱いされ、長年虐げられてきた事が原因であると推測できる。

フェイ・ルーンを雷門に送り込んだ張本人。
エルドラドがサッカーを消そうとする計画を企てている事を知り、彼もその計画を阻止するための作戦を考えた。そこで「サッカーにすがりながら生きてきた彼を使ってエルドラドに対抗する」という提案をし、彼のフェーダに所属していた時の記憶を消して時間改変に反対するアルノ博士の元に送り込んだ。

最終決戦後は考えを改めて天馬達と和解し、同時にトモダチとなり、SSC制御ワクチンの提案を受け入れ、能力を失った後はエルドラドとも完全に和解したらしく、EDではプロトコル・オメガのメンバーと幸せそうにサッカーを楽しんでいた。

続編であるイナズマイレブンGOギャラクシーでは、スーパーノヴァ限定でアースイレブン追加メンバー候補として登場する。

容姿

逆立った白髪にゴーグルを着用している。素顔は天馬と似ており、劇中で彼の子孫だということをほのめかすシーンはあるが、開発の途中段階までは明確な子孫設定だったようだがSARUより天馬に似ているキャラクター(現時点で最有力候補はヨッカ)が登場するため「血を受け継いでいるかもしれない」という設定に変更された。
もっとも天馬が子供を2人以上作って血筋が続いてればSARUもヨッカも天馬の子孫という事になるが…

必殺技

  • シェルビットバースト
  • デコイ・リリース
  • ドラゴンブラスター


ラスボスというポジションであるにも関わらず、意外な事に属性一致技を1つも覚えない。
(本人は山属性。シェルビットバーストとデコイ・リリースは無属性、ドラゴンブラスターは風属性。残り1つはスキル)
しかしこれは3のラスボスであったロココ・ウルパも同様である。

ギャラクシーではドラゴンブラスターとスキルの代わりにストームゾーンと、ミキシ技であり、待望の属性一致技でもあるエボリューションを覚えるように。

化身

化身


超魔神エヴァース
山属性の化身。白い体毛のゴリラの姿をしている。一部天馬の「魔神ペガサスアーク」と似たところがある。
必殺技は「モータルスマッシュ」(死すべき運命を壊すという意味を持つ。)
名前の由来はおそらく「Ever」+「Earth(地球)」から。

ミキシマックス

ゴリライダー・フェイ


自らに宿るS遺伝子とミキシトランスすることでゴリラのような姿に変身することが可能。
ミキシマックスをした姿は体格がゴツくなり、顔が猿そのものとなる。
また、声も若干太くなる。
ミキシトランスでの必殺技は「エボリューション」(本来は天馬の必殺技)。

関連イラスト

僕は成長を否定しているのではない
今はひとまず


SARU
SARU



関連タグ

イナズマイレブンGOクロノ・ストーン サリュー・エヴァン
セカンドステージ・チルドレン ザ・ラグーン

pixivに投稿された作品 pixivで「SARU」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2538494

コメント