ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

プロトコル・オメガ

ぷろとこるおめが

『イナズマイレブンGO クロノ・ストーン』に登場するチーム。時を越えて天馬たちに襲い掛かる敵。
目次 [非表示]

概要

プロトコル・オメガは、『イナズマイレブンGOクロノ・ストーン』に登場するチームである。

200年後の未来における意思決定議会「エルドラド」が差し向けるチーム。

歴史改変を行う「ルートエージェント」で編成されており、サッカーというスポーツの存在を消そうとする。

スフィアデバイスというサッカーボール型の装置で催眠・時空間移動を行う。

また、顔につけている装置で平行世界の自身の記録・記憶を共有できる。

各チームのキャプテンの名前の由来はアルファを始め、ギリシャ文字から来ている。他のメンバーの名前の由来・法則性については不明。

ゲームにおいてはベンチメンバーもいることが明らかとなった。


エルドラド所属チームの必殺技名には「(行為)コマンド(番号)」に変換される仕様となっており、アニメ版や『イナズマイレブンGO ストライカーズ 2013』では電子音声で本来の必殺技が読み上げられる。

化身必殺技の場合は番号部分の先頭に『K-』と付くのが特徴。



関連用語

エルドラド

世界各国の普通の人間の代表者によって構成された意思決定議会。強制力のある国際連合のようなもの。

未来での重要事項はここで決定される。サッカーの抹消もそのひとつ。

超能力を持った「セカンドステージ・チルドレン」(通称SSC)の脅威に苦しめられており、サッカー消滅計画を企てているのもそのため。

サッカー消滅計画とは、「SSCは優秀なサッカー選手の遺伝子から生まれる=ならばサッカーという元を断てばSSCは存在しなくなる」、という発想で立てた。


トウドウ・ヘイキチ

エルドラドの議長。黒髪の長髪を伸ばした老人。


ムゲン牢獄

エルドラドからの命令を果たせなかった、害を成すと判断された者たちが強制的に送られる施設。収容された者たちは過酷な再教育を受ける。

ムゲンとは「MUST-GENERIC TRAINING CENTER」の一部を取って付けられた通称で、「人間の精神と肉体を極限まで高める」ことがこの機関の趣旨である。


プロトコル・オメガ

アルファさんちぃーっす!

キャプテンはアルファ



プロトコル・オメガ2.0

プメガ2.0

3度もチーム雷門(及びテンマーズ)に敗れたアルファに代わり、ベータがキャプテンを務める。

アルファと共にクオル、ネタン、ジーニーはムゲン牢獄に送られる。

天馬の時代の日本代表に成りすまし、アメリカ代表との親善試合で危険なラフプレーを起こし、日本に「サッカー禁止令」を敷かせ、サッカー消滅計画を成そうとした。

バージョンアップ前からの引継ぎメンバーのうち5人はベータに反目し、独自に「チームA5」を結成する。ベンチメンバーに変更はなくそのまま。


  • ベータ - 10番・FW
  • ウォード - 3番・DF
  • ドリム - 5番・MF
  • オルカ - 7番・MF
  • ザノウ
  • メダム
  • ガウラ
  • レイザ
  • エイナム
  • クオース
  • ネイラ
  • ラズロ
  • コプル
  • フィニク
  • メキウス
  • ミネーネ

プロトコル・オメガ3.0

3.0

戦国時代でチーム雷門に敗れたベータに代わり、ガンマがキャプテンとなる。

彼女と共にザノウ、ネイラ、ガウラ、ドリムがムゲン牢獄送りとなった。

しかし、新体制での中世フランスへタイムジャンプを行った矢先にムゲン牢獄の脱獄者であるザナークの襲撃を受け、彼の支配下に置かれることとなった。このときにはベンチメンバーはいない。


チーム雷門に敗れた後はザナークによって全員ムゲン牢獄送りにされ、ザナーク・ドメインに交代された。

詳細はプロトコル・オメガ3.0を参照。



関連イラスト

集合!プロトコル・オメガプロメガまんが


関連タグ

イナズマイレブンGO イナズマイレブンGOクロノ・ストーン

矢嶋陽介 チームA5

関連記事

親記事

イナズマイレブンGOのチーム一覧 いなずまいれぶんごーのちーむいちらん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1077094

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました