ピクシブ百科事典

VDF-0F

ぶいでぃーえふぜろえふ

VDF-0F型はVDF-0の最終生産型で複座のD型をベースに開発された複座の戦闘攻撃機型である。

VDF-0FはVDF-0を元に様々な改良が施されている。

【アビオニクス】
機首にある光っているものは、オーバーテクノロジーを使用した特殊鉱石で、これを用いて統合慣性制御装置と前席パイロットの脳波コントロール装置を直結してVDF-37を上回る機動性を実現している。また、無人戦闘機の管制操縦装置も直結されている。なお、無人機の操縦も母機のコックピットから見た前席パイロットからの3人称視点で普段は操縦しているが、無人機の人工知能を解き放った後は、自分の機体の操縦に集中できる。

【武装】
武装はVDF-0Dと比べてミサイルランチャーポッドの数が増えており、いざ攻撃となった時に役立つ。また、UME反応弾などの特殊兵装も装備可能。

【エンジン】
エンジンはEDF-700の改良型、EDF-7000を採用している。エンジンは特殊改良を施されており、推力が40%増しとなった。おかげで最高速度はM30.2+となった。

pixivに投稿された作品 pixivで「VDF-0F」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 174

コメント