ピクシブ百科事典

丸ノ内線

まるのうちせん

東京メトロ(東京地下鉄)が運営する地下鉄路線。
目次[非表示]

東京メトロ(東京地下鉄)の路線の一つ。

概要

池袋駅(豊島区)から大手町駅(千代田区)、新宿駅(新宿区)などを経由し荻窪駅(杉並区)までを結ぶ本線部(営業キロ24.2km)と、途中の中野坂上駅から方南町駅を結ぶ分岐線(通称方南町支線、営業キロ3.2km)からなる。
銀座線と並び東京メトロとしては2路線のみの第3軌条集電方式を採用しており、他会社との相互直通運転がない。

沿革

  • 1954年1月20日:池袋〜御茶ノ水間が開業。
  • 1962年3月23日:現在の路線が全線開業。1972年まで新宿以西は「荻窪線」と称していた。
  • 1988年10月17日:現在の運用車両、02系が運転開始。1996年までに旧型車両の置換を完了。
  • 2009年3月28日:全線でワンマン運転を開始。


車体更新

登場から20年が経ったため、車体更新が施工されている。内装は、施工された時期で、サーモンピンク⇒白⇒そのままと変わっている。また液晶ディスプレイが扉上に2台設置されたが、内装がそのままの車両は右側のディスプレイが小型化されている。チョッパ制御車は、制御装置のVVVF化も実施。

ダイヤ

本線は、平日は多い時で1分50秒間隔、昼間でも4分間隔となっている。設計の都合上中型車6両編成で運転されているので、運転本数を増やす形で輸送量を補っている。
方南町支線は、平日は多い時で4~5分間隔に加えて、本線から直通の中野富士見町発着が混ざり、昼間は6分間隔。支線区間のみの列車は3両編成の02系80番台を使用。

余談

旧型車両のうち、500形の一部がそのままの外装でアルゼンチンブエノスアイレス地下鉄で運用されている。
方南町支線で活躍していた旧型車両の2000形のうち、2040号は銚子電気鉄道へ移り(同社デハ1002号)、2015年まで現役だった。
丸ノ内線はかつて新宿から練馬区を経て朝霞付近へ至る計画や方南町支線を井の頭線方面へ延伸する計画があったらしい。(参考

駅一覧

支線1

駅番号駅名乗り換え路線
M01荻窪
  1. JR中央・総武緩行線
M02南阿佐ヶ谷
M03新高円寺
M04東高円寺
M05新中野

支線2

駅番号駅名乗り換え路線
Mb03方南町
Mb04中野富士見町
Mb05中野新橋

共通

駅番号駅名乗り換え路線
M06中野坂上
  1. 都営大江戸線
M07西新宿
M08新宿
  1. JR山手線
  2. 埼京線
  3. 中央・総武緩行線
  4. 都営大江戸線
  5. 都営新宿線
  6. 小田急電鉄小田原線
  7. 京王電鉄京王線
M09新宿三丁目
  1. 東京メトロ副都心線
  2. 都営新宿線
M10新宿御苑前
M11四谷三丁目
M12四ツ谷
  1. JR中央・総武緩行線
  2. 東京メトロ南北線
M13赤坂見附
  1. 東京メトロ銀座線
  2. 有楽町線(永田町駅)
  3. 半蔵門線(〃)
  4. 南北線(〃)
M14国会議事堂前
  1. 東京メトロ千代田線
  2. 銀座線(溜池山王駅)
  3. 南北線(〃)
M15霞ヶ関
  1. 東京メトロ日比谷線
  2. 千代田線
M16銀座
  1. 東京メトロ銀座線
  2. 日比谷線
M17東京
  1. JR山手線
  2. 京浜東北線
  3. 中央線快速
  4. 京葉線(武蔵野線)
  5. 横須賀線
M18大手町
  1. 東西線
  2. 千代田線
  3. 半蔵門線
  4. 都営三田線
M19淡路町
  1. 都営新宿線
  2. 東京メトロ千代田線(新御茶ノ水駅)
  3. 都営新宿線(小川町駅)
M20御茶ノ水
  1. JR中央・総武緩行線)
M21本郷三丁目
  1. 都営大江戸線
M22後楽園
  1. 東京メトロ南北線
  2. 都営大江戸線(春日駅)
  3. 都営三田線(〃)
M23茗荷谷
M24新大塚
M25池袋
  1. JR山手線
  2. 埼京線
  3. 東京メトロ有楽町線
  4. 副都心線
  5. 東武鉄道東武東上線
  6. 西武鉄道西武池袋線


関連イラスト

丸の内線
チカテツニフルユキ(差分)


左のイラストは02系、右のイラストは500形。

関連タグ

丸の内/丸ノ内 営団地下鉄
名古屋市営地下鉄ブエノスアイレス地下鉄へ移った車両がいる。

pixivに投稿された作品 pixivで「丸ノ内線」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46527

コメント