ピクシブ百科事典

あの娘にキスと白百合を

あのこにきすとしらゆりを

『あの娘にキスと白百合を』とは、コミックアライブ連載の百合漫画。
目次[非表示]

作品情報

作者缶乃
ジャンル学園もの百合
出版社KADOKAWA
連載誌コミックアライブ
連載開始2013年
単行本既刊5巻
連載状況連載中
略称あのキス

あらすじ

以下、公式サイトより引用。

少女たちの純粋さとキスが紡ぐ百合物語――…。

品行方正、成績優秀の秀才少女・白峰あやかは、中等部から高等部に進学。
『今までと同じ自分』であり続けるはず……だった。

天才少女・黒沢ゆりねとの出会いから、彼女の世界は一変する。
白峰と黒沢の物語から全てが動きだす、『恋』と『キス』の青春オムニバスストーリー。

従姉妹と先輩、同級生と後輩、そして教師まで。
少女たちの数だけ、物語は存在する――…。

概要

清蘭学園という中高大一貫の女子校での、少女同士の恋愛(→百合)を主題とした学園ものの漫画作品。ドラマCDも発売されている。
主役で、後述する高等部一年生(連載当初、後に進級)の白峰あやか及び黒沢ゆりねや、彼女たちをとりまく学年も性格も様々な少女たちの恋物語が描かれる。
あらすじにもある通りこの作品はオムニバス形式で、あやかやゆりねを物語の中心として関わりを持つメインキャラがおおむねコミックス一巻ごとに一つのストーリーを成立させるのが特徴である。尤も、一度メインに登場したキャラクターが他の巻に登場することもある。

番外編としてあのキス小劇場という1ページ漫画があり、本編では登場しないキャラのショートストーリーが含まれている。本編の登場人物に密かに恋心を抱いていたり、友達同士の掛け合いなど内容はそれぞれ異なる。まれにあのキス小劇場で登場したのちに本編で活躍するキャラもいる。

一部のキャラ同士はお互いの苗字の漢字が対になっている(峰と沢、など)。

登場人物

全ての登場人物を挙げると内容が膨大になってしまうので第一巻で主に登場した者を挙げる。
CVはドラマCDで声を充てた声優
※注意!一部、ネタバレ要素を含んでいます。閲覧は自己責任でお願いします。


白峰あやか

CV:照井春佳
清蘭学園の中等部で学年トップの成績を取り続けてきた、負けず嫌いで努力家の女の子。
高等部に進級してからは同級生の『黒沢ゆりね』にトップの座を奪われ悔しがる。その後は何かにつけて
1番になろうと彼女と競いたがるが、大抵負けている。
ゆりねから溺愛されており、時にはキスなどもされ困惑する様子が見られる。
『瀬尾瑞希』とはいとこ同士の関係。

黒沢ゆりね

CV:水橋かおり
清蘭学園には高等部から入学している。テストの点数であやかを抜き学校一の成績を誇る。
スポーツもできるため文武両道の天才肌。
知らない人にはあまり心を開かないが、あやかのことは初期から非常に好んでいる。
すみれという妹がいる。

瀬尾瑞希

CV:内山夕実
「せお みずき」と読む。
陸上部で体を動かしており、同じ部活の『二階堂 萌』とは中等部から知り合った。
萌のことが好きで、自分がどう思われているのか考え込みすぎてしまう節がある。
かつては少し長い髪を後ろに結んでいたが、現在ではショートヘアにしている。
前述の通りあやかとはいとこ同士で、一つ上の先輩でもある。寮も同室を使用している。

二階堂萌

CV:沼倉愛美
中等部から瑞希とは仲がよい同級生で、現在は相思相愛の関係である。二人は陸上部で知り合ったが、萌はマネージャー。
第一巻でゆりねを陸上部に勧誘する時など、一度決めたら熱心にやり通すところはあるが、自分だけでは出来ない場合瑞希に頼ることもある。
ピーマンが苦手。

上原愛

CV:大空直美
明るく楽天家で、誰とでも気軽に話せるフレンドリーな性格。
かわいい物が好きで、第一巻と第四巻では特にテディベアが好きなようだ。
同級生の『日下部千春』と仲がよく、話が進む中でゆりねとも親交が深くなっている。

日下部千春

CV:福原綾香
愛とは対照的に冷静沈着な性格だが、親友である。
風紀委員を務めており、一つ下の秋月伊澄とは風紀委員のパトロール中に知り合った。おでこが広く見えているため、彼女からはデコ先輩と呼ばれている。

関連タグ

コミックアライブ 百合

関連リンク

缶乃のpixivアカウント
公式サイト
公式twitter

pixivに投稿された作品 pixivで「あの娘にキスと白百合を」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 233228

コメント