ピクシブ百科事典

うちのメイドは不定形

うちのめいどはふていけい

うちのメイドは不定形とは、静川龍宗によるライトノベル。
目次[非表示]

概要

スマッシュ文庫より2010年6月に発売されたライトノベル
不定形生物が形を成したメイドと主人公との(非)日常を描く。
クトゥルフ神話を題材にし、『萌え萌えクトゥルフ神話辞典』を制作した森瀬繚静川龍宗が原案・著者を担当している。
イラストは文倉十。既刊2巻。

登場人物

新井沢トオル
主人公。男子高校生。
ある時、南極に出ている父親から送られてきた『玉虫色の塊』を手紙に従い湯で戻した所、
不定形メイド『テケリさん』を目覚めさせてしまい、非日常に叩き込まれた。
平凡な日常を愛する性格の為に彼女に振り回されることになるが、相手が異形である事には特に恐れは無い模様。

テケリさん
1億5千5百万年の眠りから覚めたメイド。
不定形の体を持つ為に変身や分裂能力を発揮でき、家事に対しては万能の手腕を誇る。
その正体は奉仕種族として創られた生命体『ショゴス』。

あさひ・ビーバディ
トオルのクラスメイトである帰国子女
元々は魔術結社に所属する魔女だったが、組織に反逆し追われる身となった。
テケリさんが人外である事に気づき、興味を持って行動を開始する。

関連タグ

ライトノベル スマッシュ文庫
メイド
クトゥルフ神話 ショゴス
萌えクトゥルフ

pixivに投稿された作品 pixivで「うちのメイドは不定形」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6006

コメント