ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

クトゥルフ神話』そのものは、該当記事を参考にされたい。

その話に登場する架空の神々・生物たちは見ただけで発狂するような恐ろしい存在かつ外見をしている…のだが、それを萌え化・擬人化することで可愛らしく描いた絵にこのタグが使用される。


実を言うと、クトゥルフ神話黎明期の代から兆候はあったらしい。

クトゥルフ神話の体系化に関わった一人“デイヴィット・H・ケラー”の著書『最終戦争』が、旧支配者萌え要素として捉えた最初の著書と定義されている。


つまり本家の病気日本人に見つかった結果である。

どういうことなの……


萌えのタイプ

人間女性(たまにショタ)をベースとして、クトゥルフの人外的エッセンスを加えたもの。

月に吠ゆるもの

または、可愛らしくデフォルメされたもの。

クトゥルフ量產中


外見は人からかけ離れたままに、人格が可愛らしいもの。

クトゥルフ my life 2


そしてそれらを複合したもの。

ご奉仕してにゃるですぅ


版権モノ

※詳細はそれぞれの概要を参照されたい。

  • 邪神伝説シリーズ

日本におけるクトゥルフものの漫画では初期の作品。

一応内容は真っ当なホラー漫画。


はいよるこんとん

"這いよる混沌"ことニャルラトホテプの擬人化キャラクターが登場する漫画およびアニメである。

他にもクトゥルフ系キャラクターの擬人化が登場しているため、萌えクトゥルフそのものがテーマともいえる。


最弱無敵

巨大ロボットや変身ヒーローが戦うヒロイックサーガであり、クトゥルフ要素を多分に盛り込まれたキャラや設定が数多く登場する。


沙耶の唄

世界背景にクトゥルフ神話を持ち込んでいるADVゲーム(R-18)

見ただけで発狂する怪物が登場するが、人格は可愛らしい女性ヒロインそのもの。


クトゥルフ関連の擬人化キャラクターが数多く登場する漫画。

世界観シナリオにもクトゥルフ神話ががっつり組み込まれている。


まぁ♪

一人暮らしの少年が、ショゴスメイドさんと一緒に暮らす話。


センシティブな作品

幼少時に両親を亡くし、母方の従兄弟に引き取られた少年がシュブ=ニグラスの異名を名乗るお姉さんと出会い、家族として暮らす話。所謂おねショタ系漫画。

当初は18禁同人誌での展開だったが、後にリライトされた全年齢版が雑誌連載された。


宣伝

ラブクラフト本人が美少女化して登場する。ラヴクラフト最大の誤算の中でも最大級のものかもしれない。


グレハン

クトゥルフの表記ゆれをタイトルとしたアダルトゲーム。

邪神復活をかけ8組の"触手姫"と呼ばれる女性達が相棒"触手"とともに戦う伝奇バトルで、設定・絵面ともにハードなR-18G描写がてんこ盛り。


月瀬 小夜音

クトゥルフもの要素が強いアダルトゲーム。


クトゥルフ神話を題材にしたホラーアドベンチャーゲーム。

所謂米ゲーで萌え要素は無いが、プレイヤーの恐怖を煽る仕掛けが満載。


クトゥルフ要素を取り入れた同人作品。内容や狂気度は、上記の通り物によって異なる。

代表としては2ちゃんねるのスレから始まった、美女や美少女と化した邪神達と主人公のひでぼんこと赤松英とのエロエロな日々を描く18禁小説「ひでぼんの書」等。

ただし同人であるため、クトゥルフ作品の資料集からは徹底的に無視されている。


個人・グループ

それを知るにはSAN値直葬

カオスコード」に魔法少女として登場。クトゥルフの娘。

設定、外見、使用技、ステージ、専用BGMに至るまで隈なくクトゥルフネタで埋め尽くされており、擬人化やパロディの域を超えて原典のイメージまで侵食しつつある問題児。


センシティブな作品

Fate/GrandOrder」の2017年11月末より登場するようになった異質なサーヴァント達で、クトゥルフ神話の存在と融合してしまった歴史上の人物。

またそれ以前の作品でも、片鱗を覗かせる人物は数名登場していたりする。


るるいえ

巡音ルカ」の派生キャラクターだが、そのタコ型の姿からクトゥルフ神話になぞらえられる事がある。たこルカをクトゥルフ的に扱っているのか、もしくは扱っていないのかは作者それぞれで異なるため注意を要する。似た理由でイカ娘も同様。


関連タグ

クトゥルフ神話 萌え 擬人化 ラヴクラフト最大の誤算

関連記事

親記事

クトゥルフ神話 くとぅるふしんわ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1856110

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました