ピクシブ百科事典

ウ=ス異本

うすいほん

クトゥルフ神話に関わるとされる書物
目次[非表示]

概要

「ウ=ス異本」(Yiu-th Text)とは、名状しがたい書物である。
ウス異本」と表記されることもある。
ただし、一つの書物ではなく、独立した多くの書物の総称であり、しかも常に増え続けている。
共通点はページ数が少なく厚さが薄い事とされるが、厚くなる事もあるという話もある。
歴史は割と浅いが、近代技術を駆使する事で急速に広まったようである。
執筆者は一人の場合が多いが、複数の存在によって作り出されたものもあるという。
クトゥルフ神話に関わる魔導書とも言われるが、読み続ける事で少しずつ正気を失い、全てを把握する前に自らを旧支配者に捧げてしまうか混沌に引きずり込まれるらしく、その真偽は定かではない。
また、一目見ただけで正気を失ってしまうものもあると言われている。

それを読んだ人によると、内容は「現実の人間とはとても似通わない、目が大きかったり鼻が小さかったり髪色が極彩色の奇怪なヒト型の生物たちが奇妙な衣装を着ており、さらにそれを脱ぎ捨てて交わりあう事もある、という恐ろしい内容」であるらしい。

かくの如き恐ろしい書物でありながら、ある種の人々の間で密かに取引が成立しており、一説によれば定期的に行われる“魔宴”において一般の人々が知る事なく不浄なる取引が大々的に行われるとも言われている。
また、これらを収集する冒瀆的な存在も確認されているようである。

抜き打ち1025号室捜索(´Д`)


その力を恐れた存在により没収されるの図

関係するとされる存在

イラストは想像図です

全般

ホモォ(Hom-oh)

 一年ほど前から確認されるようになった謎の生命体。

ホモォを飼いたい。
ただの暇つぶしですが何か問題でも?
新世紀ホモォゲリオン
寝る前に描いたモノが別な方向へと走り出した瞬間


 元々は人間のような姿をしているが、同族との接触などによって特有の容姿になってしまう。
 また、それらと関わった者やウ=ス異本を読んだ者がこの姿へと変貌したという話も散見する。
 その特性上、「深きものども」と関係があると考えられている。

キマシ塔(タワー)(The Towers of Kimasy)

 名状しがたい存在。キマシの塔とも呼ばれる。

メリケンパークをバックに
キマシタワー(塔)
がんばれ小傘さん 668

(3コマ目)

ここにキマシタワーを建てよう
キマシタワー
光り輝くアレ・・


 建造物のように「建つ」とされるが、それ自体を知覚する者がいないため、そもそも生物か非生物かすら分かっていない。
 仲の良い女性が存在する場に現れ、その者たちの周囲にいる者にその名を叫ばせるという逸話を持つ。

キマシタワー


 その名前と逸話は、咆哮する顔のない円錐形の頭部を持つ「這い寄る混沌」を連想させるが、その天敵であるクトゥグアが関わっている事もあるとも言われる。

這い寄る混沌


ヲンタク鳥(Wontaks)

 割と昔より生息する生命体。

パソコンのマウス


 基本的には、太い頸に繫がる頭部はに似た形をしており、全身は厚い脂と粗野な衣で覆われているヒト型の生物とされるが、人間と見分けがつかない者もいる。
 また、ウ=ス異本に登場するような奇妙な衣装や髪の色をしている事もあるらしい。
 は持たないはずであるが、油断していると、「大いなる展望の地」などに飛んで行ってしまう。
 また、ホモォと同様に、関わった者やウ=ス異本を読んだ者が変貌したという話も散見する。
 「シャンタク鳥」と関係がある、下級の奉仕種族と考えられている。

聖地とされる場所

全般

大いなる展望の地(The Big Sight)

 東京に存在するとされる場所。

漫画用背景素材・東京ビッグサイト屋上広場

(右の建造物)
 逆ピラミッドのような部分を持つ冒瀆的な姿が特徴と言われる。
 年に二度、この地において大規模な“魔宴”が開かれるらしい。

輝キノ街(Sunshine City)

 「大いなる展望の地」同様、東京に存在するとされる場所。

Sunshine


 バベルの塔のような、天を突くが如くそびえ立つ部分を持った冒瀆的な姿をしている。
 そこに潜む深淵を覆い隠すため、わざと明るい名前を付けられているとされる。
 年に三度、この地において“魔宴”が開かれるらしい。
 刑務所跡に建てられたらしく、上記したような冒瀆的な存在たちに加え、そこで命を落とした亡霊たちも密かにを抜け出してその“魔宴”に集うと言われている。

魂の同盟(animate)

 こちらは日本国内各地に、青い看板を掲げた冒涜的な姿で存在する。
 

日本一魚臭かったアニメイト仙台店

(画像の施設は仙台にある魂の同盟)
 魔宴で取引されたウ=ス異本を魔宴に訪れることの出来なかった者に対し取引する不浄な施設とされる。
 なお、ウ=ス異本は数えられないほど多数の原本が存在し、ウ=ス異本は執筆者がこれらの原本を元に執筆しているとされているが、その原本や原本に関連する書物や雑貨についても取引を行っている。











要するに
要は薄いh
ああ、そんな!
   あの手はなんだ! 窓に! 窓に!

pixivに投稿された作品 pixivで「ウ=ス異本」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 594822

コメント