ピクシブ百科事典

うんうんたいそう

うんうんたいそう

ゆっくり虐待用語の一つ。赤ゆっくり(場合によっては子ゆっくりも)がうんうん(うんこ)を体外へ排泄するための動作。
目次[非表示]

概要

赤ゆっくりは構造上、うんうん(老廃餡)の排泄が上手くできないため滞留しやすい。
そこで、親ゆっくりが赤ゆっくりに教え込むのが「うんうんたいそう」と呼ばれる、うんうんの排泄を促す動作である。
気軽に楽しくやれるため実践する赤ゆが多いとされるほか、作者によっては「人間に『うんうんたいそうのうた』を歌われると反射的に体が動いてしまう」という設定もある。

やり方

① まず体を左右に動かすことで体内に散乱している老廃餡を集め寄せる。
② 次に体を上下させることで集まった老廃餡を下部に押し込む。
③ さらに体を転がしたり、後ろに捻ることで、老廃餡をよりあにゃる(肛門)に密集させる。
④ 運動により体内が発熱、排泄を促す。
⑤ ぜん動運動により老廃餡を排泄。

うんうんたいそうのうた

歌詞は作者により若干異なる。当記事ではこの設定の初出作とされる『ほんとうのしあわせ』で使用されたものを記載した。(作詞:キリライターあき氏)

みぎに ひだりに ゆ~ら ゆ~ら(やり方の①)
おてんとさま まで の~び の~び(やり方の②)
ぽんぽん ぽかぽか ゆわわ~い♪ うんうんさん も おでかけするよっ♪(やり方の③)
「うんうんでりゅ!」「でりゅ!いっぴゃい!」「うんうんでりゅよ!」

ブリュッ! ブプチッ ミヂミヂ……

「でりゅ!でりゅ!」「でりゅ!」「まだでりゅ!」

関連タグ

ゆっくり虐待

関連記事

親記事

ゆっくり虐待 ゆっくりぎゃくたい

兄弟記事

コメント