ピクシブ百科事典

おつぼね様

おつぼねさま

おつぼね様とは、『妖怪ウォッチ』に登場するキャラクター(妖怪)である。
目次[非表示]

概要

CV:笹本優子

No267
種族ブキミー
ランクC
好物パン
スキル(通常)さぼりじょうず(さぼったときHPが少し回復する)
スキル(元祖)くそまじめ(決してさぼらない)
こうげきかみつく
ようじゅつ吸収の術
必殺技がみがみマウス(がみがみとグチりながら敵全体にかみつきまくる)
とりつくグチっぽくさせる(とりつかれた妖怪は文句だけは一人前だがなかなか行動しなくなる)
さぼったときHPが少し回復する

おつぼね様にとりつかれると、少しのミスでも見逃さず、がみがみとしかりつかえる口うるさい人間になってしまう。(妖怪大辞典より)

口だけおんな(顔が口だけしかない女妖怪で大口を叩く)」の色違い。赤紫の髪の毛に色白の肌、お歯黒べったりみたいに歯が黒い。スキル違いはそれとは逆に歯が白い。「無印」ではオフィス街の機械下で昼のみ、「2」ではさくらEXツリーで出現する。
ちなみにおつぼねというのは"局"と書き、江戸時代の大奥から使われてきた言葉。現在では口うるさい古参OLへの皮肉を意味する。

アニメ

第104話にて登場。
取り憑かれると、口うるさく言った後に「これだから〇〇は!」、「なんか文句ある?」と言う。
フミちゃんに取り憑いて、些細なことで口やかましくさせる感じの悪い性格にさせる(掃除の時間でケータ達が遊んでいる、机がちゃんと拭かれていない、下駄箱の靴が入れ方が雑など)。

フミちゃんに取り憑いたおつぼね様を退治しようとケータホノボーノを召喚。だが、「天気なんて仕事に関係ない」「あんたがほのぼのしている間に私たちが頑張ってるのが分からない?」と言ってホノボーノを何も言い出せなくさせる。
続いて召喚したガマンモス「我慢だけでよく生きてこれたわね。だから出番が少ないのよ」とメタな話からはじまり、「我慢しかないのは自分の意見がない」「我慢しか無いから出世できない」「一生我慢し続ける人生で楽しい?」と言って心をへし折った。

苦戦するケータにジバニャンしきるん蛇におつぼね様に仕切らせればいいと提案し、ケータはしきるん蛇を召喚(妖怪ウォッチUのニョロロン族初召喚!)したが、上記の2人とは少し違う様子を見せていた。実はしきるん蛇とはなんと元夫婦。まさかの異類婚姻である。結婚していた当時の事を話していくうちに頬が赤くなるなど徐々に良いムードになっていく。

すると、偶然しきるん蛇のケータイに着信音が。それを見ると、

「どこにいるの、会いたい。今すぐ来ないと許さないから。」

なんとそれはしきるん蛇が付き合っている今カノからのメール
それ見たおつぼね様は「しきるん蛇が仕切られてどうすんのよっ!これだから女たらしはっ!」と大激怒。せっかくのムードも険悪になって台無しになり、怒りの矛先はしきるん蛇を呼んだケータにも向けられ、「こんな男呼ぶくらいなら、次からは私を呼びなさいっ!!ふんっ!」と言ってケータに妖怪メダルを渡し、カンカンになってその場を去って行ったが、彼女のあまりの気迫にケータ達はただボー然と立ち尽くすしかなかった。

なお、メダルを貰ってはいるがこの回の『きょうの妖怪大辞典』ではメダルが紹介されなかった。この後スタッフはおつぼね様に怒られたに違いないだろう。
まあ次の回にはちゃんと大辞典にメダルが載ってあるのでご安心を。

コロコロ版


ちゃお版

第31話「フミちゃんの肝だめし」(単行本第二巻に収録)にて登場。
生前のやぶれかぶれ院長のもとで働くナースたちに取り憑いており、悪い噂を立てていた。

61話ではフミちゃんに憑りつき、クラスメイトをいびったり、
「結婚」と言う言葉に涙を流すようになる。

憑りついた理由は「未来がありそうで何かが変わる気がしたから」だった。
しゃれこ夫人の見立てでドレスを着用し、意気投合した。
「当分結婚は出来そうもない」というウィスパーの言葉に地獄耳を立て、首(?)をしめた。

関連タグ

妖怪ウォッチ ブキミー族 口だけおんな お局様

pixivに投稿された作品 pixivで「おつぼね様」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 30845

コメント