ピクシブ百科事典

ぶぶ漬け

ぶぶづけ

ぶぶ漬けとは、京都のある意味で地雷なアイテム。
目次[非表示]

概要

京都弁お茶漬けの意味。

イケズアイテムとしてのぶぶ漬け

京都では他人の家を訪問した時「ぶぶ漬けでもどうどすか」というのは「もう帰れ」という意味と言われ、遠回しな言い方で嫌味を言う京都人のイケズを表すテンプレとして落語などでよく語られる。

現代の京都ではさすがにリアルにこの言い回しを使う人はそうそういないとも言われており、落語などの誇張という意見も存在する。

とはいえ、特に中京区近辺の古い街だとこのレベルの嫌味は存在するという証言も少なからずある。
有名なところでは京都精華大学のウスビ・サコ学長(アフリカマリ出身)が語った「自宅でパーティーを開いていたら近所の人に「お友達といつも楽しそうにしてはって、うらやましおす」と言われた(要は「うるせえ」という意味の嫌味)」エピソードがあり、ニューヨークタイムズの記事にもなり大いに話題となった。

ネットスラングではこうしたエピソードを踏まえ、「ぶぶ漬け」を「塩対応」に近いニュアンスでも使うことがある。

なおリアルでは「お茶のおかわり」が「ぶぶ漬け」に相当するイケズワードであり、親切心からおかわりを聞く人ももちろんいるが、頻回にお代わりを訊ねられた場合は危険信号と覚えておいて損はないだろう。

関連タグ

京都府

関連記事

親記事

京都市 きょうとし

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ぶぶ漬け」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 363620

コメント