ピクシブ百科事典

あらすじ

病弱な小説家・小山笹舟(こやまささふね)は同郷の憧れの文士・雪村千鳥(ゆきむらちどり)の未完の遺作『架空亭』を発見して、小説の中に招き入れられてしまう。『架空亭」は客の生気を吸収して存続していることが分かり、女主人の甘喃(あまなん)、料理人の緑青(ろくしょう)、客部屋の世話係の九庫(くくら)、その他、幽霊や妖怪たちのおもてなしが始まる。やがて、笹舟の祖父の影響で、笹舟の友人・柄井真向(からいまこう)まで巻き込まれて、雪村の姪・カノコが現れて…。

単行本は全一巻。小説家の笹舟と作中作『架空亭』の女主人(女主人公)甘喃のラブストーリー。
『架空亭』は雪村と縞(こう)の悲恋がモデルになっていた為、笹舟と甘喃は『架空亭』の結末のメモ帳と同様に心中しそうになってしまうが…?
単行本同時収録の読切「999番目のハナ」も名作。こちらも悲恋、悲恋からの立ち直り、和風の精霊を扱っている。

関連タグ

lala
和風ファンタジー 作中作 異世界トリップ ホラー

関連記事

親記事

lala らら

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「めぐる架空亭」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「めぐる架空亭」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1349

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました