ピクシブ百科事典

ゆりかごダンス

あかちゃんがうまれたおいわいに

「ゆりかごダンス」とはサッカー選手による「赤ちゃんが生まれたお祝い」である。

解説

ゆりかごダンス」とは、主にプロのサッカー選手がゴールを決めた時に行う「ゴールパフォーマンス」の一つである。

ゴールを決めた選手に赤ちゃんが産まれたお祝いと、「頑張ってくれたと、生まれてきた赤ちゃんにこのゴールを捧げる」という意味を込めて行われる、特別なパフォーマンスである。

ゴールを決めた選手とそのチームメイトで行われ、両手を赤ちゃんを持つような形にして、「ゆりかご」のようにゆらゆらと動かす。

1994年のアメリカサッカーワールドカップにて、ブラジル代表だった「ベベット」が行ったのが発祥。
ジョゼ・ロベルト・ガマ・デ・オリベイラ - Wikipedia

それ以降、全世界のサッカー選手の間で広まった。

もちろん、日本の選手も行っている。
ゆりかごダンス - Google 検索


ちなみに一番最初に「この祝福を受けた赤ちゃん」は、無事、成長したそうな。
【鹿島アントラーズ】「ゆりかごパフォーマンス」から23年――ベベットの息子がポルトガルの名門と契約!

pixivに投稿された作品 pixivで「ゆりかごダンス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 0

コメント