ピクシブ百科事典

アイテマーズ

あいてまーず

「アイテマーズ」とは、マリオシリーズの二次創作作品。人間の姿になったアイテムが主人公の漫画作品で、Miiverseで投稿されていた。
目次[非表示]

概要

ヒトの容姿を手に入れたアイテム「アイテマーズ」たちを描く、zak氏によるマリオシリーズ二次創作作品。

作品解説

スーパーマリオシリーズの世界観に加えてマリオカート7をはじめとするマリオカートシリーズのアイテムをモチーフにしており、2015年12月ごろからMiiverseのマリオカート7コミュニティにて不定期に投稿されていた。
ダッシュキノコのアイテマーズ・ファスを中心とした「エージェント」と呼ばれる機関のアイテマーズたちが、近未来のキノコ王国各地で起こるアイテムの関与した犯罪や事件に対抗していく物語となっている。

あらすじ

「―ある日、とあるただのキノコが奇跡の力を受け、ヒトと化した。」
その奇怪な事件を皮切りにヒトの姿をしたアイテムが出現するようになり、
その一族はヒトの容姿でありながらアイテムの力を代々受け継いだ。
人々は彼らの不可思議な能力を恐れつつも頼りにし、世界の秩序は保たれていた。
これは、そんなトクベツな力を持つ彼らの物語。そして人々は彼らをこう呼ぶ…
アイテマーズ

キャラクター

ファス
ダッシュキノコのアイテマーズ。
トリプル三姉妹のひとりで、好きなものはアイスクリーム。
アイテムカードを駆使して戦い、スピードを活かした攻防が得意。
リョク
ミドリこうらのアイテマーズ。シェルファミリーに所属するエージェントのひとり。
手から生み出すコウラを利用した狙撃攻撃に長けており、片目にはスコープを装着。
4話ではI.WORLD発動事件を受けて真っ先に出動し、イエロと対峙した。
イエロ
バナナのアイテマーズ。ジャンボバナナの孫娘に相当。
岩石の如く巨大なバナナを落下させるなど、魔力的な攻撃方法を持つ。
過去の暗い経験から人間社会に憎悪を覚え、I.WORLDですべてを消し去ろうと目論む。
ツインズ
ダッシュキノコのアイテマーズ。ファスの姉にあたる。
三姉妹の次女と思われ、ドッキリに弱く酒に酔いやすい。
実は王国軍第一隊長に推薦される程の高度な戦力を隠し持つ。
トリエル
ダッシュキノコのアイテマーズ。エージェントに所属する。
三姉妹の長女で、時間に厳しい性格だが料理も上手な姉貴分。
キノコ地区の管轄に当り、冠名は「クラウン・キノコ」。
フレング
ファイアフラワーのアイテマーズ。フラワー地区を管理するエージェント。
だらだら熱血漢という微妙なポジションだが、王国軍第三隊長も務めるなど意外に頑張り屋。
与えられた冠名は「クラウン・フラワー」。
スーパースターのアイテマーズ
ょぅι゛ょにしてスター地区・星の聖殿を管理するエージェント。名前はない。
誕生することが非常にまれな「星の精」のアイテマーズで、聖殿の巫女の素質を持つ。
幼いころに故郷を破壊され記憶を失った身の故に厳重な管理体制に措かれ、冠名もない。
スペンダー
トゲゾーこうらのアイテマーズ。コウラ地区を管理するエージェント。
奇抜な風貌だが律儀な性格で、国家警備隊・シェルファミリーを束ねる主でもある。
王国軍第二隊長。与えられた冠名は「クラウン・シェル」。
ジャンボバナナのアイテマーズ
バナナ地区を管理するエージェント。
孫がいるらしく、年相応(?)か最近物忘れが多いご年配のアイテマーズ。
与えられた冠名は「クラウン・バナナ」。
ハスワ
スーパーこのはのアイテマーズ。コノハ地区を管理するエージェント。
技術開発担当の最高責任者で、自身の身体にサイボーグ化を施してあるという。
与えられた冠名は「クラウン・リーフ」。
カルル
サンダーのアイテマーズ。サンダー地区を管理するエージェント。
いつも不機嫌そうな形相をしており、広範囲に雷を雨のように落とす攻撃手段を持つ。
与えられた冠名は「クラウン・サンダー」。
キラーのアイテマーズ
用心棒としてスーパースターの護衛に付く最強のアイテマーズ。
顔に深い傷を負っており、過去の戦いからその実力は未知数と噂される。
エージェントではない者で唯一聖箱の出入りが許可されている。
クラウン・マスター
エージェントの総指揮を担う存在。荒廃した世界の再興を担った第一人者。
何のアイテマーズであるかは分かっておらず、通り名もこの冠名のみである。
顔を独特のマスクで隠し常に敬語で応対する紳士で、カリスマ度もトップに相応する。
ダブルチェリーのアイテマーズ
短気な姉と従順な弟のペアで登場。2話、ファスが助っ人として呼び寄せた。
巨大ワルイージに苦戦するファスにアイテムカードの力を与える。
セキ
アカこうらのアイテマーズ。
3話に登場、サイバーチックなゴーグルを装着。
刑務所を管理し、脱獄を試みるワリオとワルイージの追跡を係員に指示する。
バナナ執事
イエロに従事するバナナの執事で、彼女を令嬢と呼ぶ。
4話でトリプル三姉妹の前に事情を話しに現れる。
ワリオ
ワルそうなヤツと呼ばれる悪党。
ワルイージを「兄弟」と呼び、チームワークの連携はバツグン。
1話で登場した際には、ボム兵で銀行強盗や高速道路の爆破を試みた。
ワリオマン
ワリオがニンニクで変身した姿。
ワルイージ曰く「あらゆる戦いにおいて弱点をなくすためにワリオ自身が独自に生み出した能力進化」。
だが、アイテムカードを使ったファスにあっけなく倒された。
ワルイージ
ワリオとセットで登場。
コンビの彼を「相棒」と呼ぶが、仲は大して良いわけでもない模様。
2話ではワリオと共にキノコタウン刑務所へと収容され、脱出を試みる。
巨大ワルイージ
ワルイージが巨大キノコで変貌を遂げた姿。
ファスに追い詰められ、店の景品の巨大キノコを一か八か口にしたことで変身。
自我を保つことができず暴走、その巨体と恐るべき移動速度でファスを苦戦に陥れた。
キノモ
キノコタウン警察支部局長に所属するキノピオ
逮捕されたワリオとワルイージを見たときには不敵な笑みを浮かべた。
3話冒頭では遅刻により上官のトリエルから給料を引くと告げられる。
キノコ王国の伝説の英雄
王国戦争に火を着けた人物の一人。
自ら灯した戦火に命を散らした。
「姫」
かつてのキノコ王国の王妃。
王国戦争の有様を受け、君主を辞退しとある島に隠居。
zak
たまにコマを割って登場する謎のキャラクター。
その正体は作者のアバターで、作品の進歩具合などを読者に知らせてくれる。
5話ではMiiで登場した。
ZäQ
zakとごくまれにペアで登場するキャラクター。
こちらはツッコミ担当でzakとプチ漫才を交わす。見た目がZaqっぽい。

作中の用語

アイテマーズ
アイテムの力を持ちながらもヒトの姿をした生命体の一族。
その発端は、過去に突如奇跡の力を受けて人と化したただのキノコだった。
王国戦争の直後、滅びた世界に急速な復興をもたらしたことで世界の統治権を獲得。
アイテムカード
アイテムの能力が詰め込まれたカード。本作のキーアイテム。
アイテマーズはこれを使うことでワザを繰り出すことができる。
メーターアップ
ダッシュキノコのアイテムカード。ファスが所持。
2倍、3倍と移動速度を段上げすることで驚異的なスピード能力を発揮する。
1話でワリオマンを撃破するも、巨大ワルイージに圧倒されてしまう。
ツインピープル
ダブルチェリーのアイテムカード。
自身と同じ能力を持つ多数の小さな分身を生み出し、対象にまとわりつく。
2話ではファスの分身を100体生成、巨大ワルイージの動きを封じた。
メガバナナ
バナナのアイテムカード。イエロが所持。
特殊なバリアの張られたバナナを生成・落下させ、目標をそのまま押しつぶす。
5話で使用。
形状変化-鋼
自身の身体を金属性質に変換する能力を持ち、発動すると容姿も大きく変化する。
5話でリョクが発動、メガバナナの猛攻を圧倒した。
I.WORLD
トクベツな力を秘めた未知のアイテムカード。それは聖箱の中で極秘に取引されるほど。
使い方を誤れば世界を破滅へと導きかねない危険な能力を持つ。
4話でイエロにより奪われ発動されてしまう。
エージェント
世界の統治権を握るアイテマーズの代表的存在。
詳細はキャラクター項目を参照。
冠名
エージェントのうち特殊な7人に与えられたコードネーム。
「クラウン・(アイテムの名前)」という風に呼ばれる。
なお、スーパースターのアイテマーズだけは冠名を持たない
王国戦争
物語の4年前、キノコ王国クッパ帝国の間で勃発した巨大戦争。
両陣営の英雄が決着を着けるために引き起こされたこの戦争は広範囲に戦場を拡大しつつ、最終的にはキノコ王国の勝利に終わった。
しかしその爪痕は世界中に残り、世界はすっかり荒廃してしまっていた。
新キノコ王国
王国戦争後に再建されたキノコ王国。
エージェントの統治下に措かれている。
聖箱
七色に光る巨大な立方体建造物。
王国の中枢にそびえ立ちながら、エージェントと他の一部のアイテマーズ以外は入ることができない。
もっぱらエージェントの会議に利用される。
キノコタウン
キノコ王国の大都市。
トリエルの管轄地区で、ファスたちが暮らす。
キノコタウン刑務所
空に浮かぶキノコタウンの刑務所。
セキが監視を務める。
シェルファミリー
アイテマーズを中心とした国内警備隊。
エージェントの独裁管理を阻止し秩序を保つため、スペンダーにより設立された。
B.O.S
Bowser Office Soldiers(バウザー・オフィス・ソルジャー)の略。
王国戦争の際にクッパ帝国に寝返ったアイテマーズたちの徒党。
新キノコ王国への復讐を誓い、宣戦布告を企んでいるという。

関連タグ

二次創作 Miiverse

この記事のカテゴリ

作品名

コメント