ピクシブ百科事典

アカントデス

さいごのきょくぎょるい

古生代石炭紀~ペルム紀前半頃に生きていた魚。なんだか方言みたいな名前だが「とげを持つもの」という意味。

概要

すべてのヒレにトゲを持つのが特徴的な魚である「棘魚類」の仲間。大きさ30センチくらい。
トゲはあっても歯はなかったので主にプランクトンを食べるおとなしい魚だったようだ。ちなみに淡水魚だった模様。
 
アカントデスは棘魚類のラストを飾った種類で、彼の絶滅をもって棘魚類は全滅。
ペルム紀は終わり頃に当時の生物の2/3ほどが絶滅した事で知られるが、アカントデスはその史上最大の絶滅が起きるより前にいなくなった。

関連記事

棘魚類
クリマティウス

関連記事

親記事

棘魚類 きょくぎょるい

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アカントデス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 41

コメント