ピクシブ百科事典

アクリル絵の具

あくりるえのぐ

アクリル樹脂を固着材に用いた絵具。 なお、メイン画像のイラストもアクリル絵の具で描かれている。
目次[非表示]

概要

 アクリル絵具(アクリルえのぐ、アクリリックペイント、英: Acrylic paint)は、アクリル樹脂を固着材に用いた絵具。(wikipediaより引用)
 この項ではwikipediaより定義されている「水性アクリル絵具」を取り扱う。
 画材屋等で用意に入手できる20世紀末に誕生した現在も研究されている画材の1つである。
 アクリルガッシュ不透明水彩とは別物であり、その点についても触れておきたい。

特徴

 20世紀末に誕生した最新の画材で、幅広い用途で用いられるほか、他の画材の良さを継承している。
種類等多岐に渡る為、すべてを紹介することは出来ない。またアクリル絵具にしかできない表現も沢山ある。
油絵具に使う高級顔料を使用している事もあって、耐光性、耐久性に優れ、劣化しにくい。
・高い堅牢性を持ち、剥離しにくい。その為屋外に展示する作品にも向いている。
・メディウムの種類が豊富で、それらを用い厚塗りや表面に変化を付ける事が可能。
・多めの水で溶くことで水彩表現ができる。しかも乾くと耐水性を持つ為、重ね塗りが容易。
 等の様々な効果を持ち、画材として非常に優秀と言える。

注意したい点

・何より乾きが早い。筆やパレット等、こまめに洗う様にしないとガチガチに固まって使えなくなる恐れがある。その為、パレットは使い捨てのペーパーパレットを使用するユーザーも多い。
・エッジ現象(効果)により絵具のエッジ(縁、塗膜が薄いところ)から乾く。盛り上げ技法を使った時等、乾燥時間に差が出る。
・筆は天然毛だとアルカリの影響で即座に傷んでしまう。間違ってもセーブル等を使用しない様に。安物でいいので人工毛の製品を使用する事を勧める。

アクリル絵具と他の絵具との類似点と相違点。

画材構成特徴
アクリル絵具高級顔料+アクリル樹脂乾きが非常に早く、表面は丈夫で耐光性も高い。発色が良く、色にもよるが概ね艶やかに仕上がる。また、色によって透明色や不透明色があるのも特徴。
アクリルガッシュ合成顔料+アクリル樹脂アクリル絵具程ではないが乾きが早く、乾くと耐水性になるが耐光性、耐久性はやや劣る。その代り、この中では比較的安価。発色は鮮やかでマット(艶無し)に仕上がる。
透明水彩(絵具)高級顔料+天然樹脂非耐水性だが、耐光性は高く薄塗りでも発色が良い。一方、表面がベタつくので厚塗りには不向き。なお、薄塗りだと分りにくいが、表面はやや艶がある。
不透明水彩(絵具)高級顔料+天然樹脂ガッシュ(グアッシュ)とも。乾きは比較的早めだが、非耐水性の上、表面もこの中では最も弱いので作品の取り扱いには十分注意する事。一方で発色が大変良く耐光性にも優れる。仕上がりはマット。
ポスターカラー合成顔料+天然樹脂仕上がりは不透明でマットだが、鮮やかさと安価を優先した合成顔料を使用している為、耐光性は期待できない。また、非耐水性の為、水滴は天敵。
学童用絵具合成顔料+天然樹脂価格と安全性を優先した合成顔料を使用。非耐水性で、耐光性も劣るが、透明・不透明どちらの表現もでき、上手く使うとかなり完成度の高い作品を作る事が可能。

使用方法

 水彩風に使う場合、ある程度厚みと強さを持つ用紙なら何でも使えるが、中でも水彩紙は発色の良さを活かせるのでお勧めしたい。また、絵具をしっかり溶かせば、エアブラシの技法にも使える。
いずれの場合も、薄塗り用のメディウムを加えると塗膜が丈夫になる上、発色も更に良くなる。
 厚塗りを行う場合は、ジェルメディウムモデリングペーストを使うと比較的安価で抑えることが出来、効果を発揮しやすい。
 絵具の堅牢性と柔軟性でカバーできる為、ほぼどんな支持体にも使える。但しキャンバスは油彩用はそのままでは使えない事も。むしろボードやベニヤの方が使い易く優れた効果を発揮する場合が多い。なお、支持体の地色や表面が気になる時は、あらかじめジェッソプライマーを塗り、乾かしてから着彩を始めると良い。

関連タグ

画材 絵の具
アクリル アクリル絵具

pixivに投稿された作品 pixivで「アクリル絵の具」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 379197

コメント