ピクシブ百科事典

アクリルガッシュ

あくりるがっしゅ

アクリルガッシュは、アクリル絵具から派生した水溶性絵具。 (ちなみにタイトルのイラストも、アクリルガッシュを用いて描かれている)
目次[非表示]

概要

顔料と水溶性のアクリル樹脂から作られている点はアクリル絵の具と全く同じだが、樹脂を少なめに配合しているため、(蛍光色や金属色を除き)不透明で艶消しの表面になる。
また、発色と経済性を優先させた安価な合成顔料を採用しているため、アクリル絵の具に比べると耐光性や耐久性にやや劣り、屋外展示にはあまり向かない。その代り乾くスピードがやや遅く、慌てずに着彩できる上、明るく鮮やかな発色が特長。また、価格も比較的安価で、ほとんどのメーカーで普通色と特殊色の2ランクだけなのも長所と言える。

歴史

1950年代に生まれ、日本でも70年代辺りから使われ出したアクリル絵の具は、大変便利な画材ともてはやされたが、長年ポスターカラーを愛用してきたデザイナーからは特有の光沢と色による透明度の違い故から敬遠されていた。
そこで大阪に本社を置くポスターカラーの老舗ターナーが、敢えてポスターカラーと同じ顔料を採用するなど研究を重ねた上で1982年に発売を開始したのが、現在のアクリルガッシュである。
始めはプロのデザイナーイラストレーター向けに大きめのサイズのチューブが発売されたが、やがてその使い易さや発色の良さが評判となり、一般向けに小さめのチューブも発売される様になった。その後、ホルベインやニッカーと言った主に日本のメーカーがそれぞれ個性のある製品を発売、サイズも用途も広がりを見せた。
近年はバニー(リキテックス)やターレンス(アムステルダム)等海外のメーカーも参加、現在に至る。
CGがメインになった現在も広告デザインや様々なジャンルのイラストレーション絵画の他、美術教育、建築のパース等幅広く用いられている。

使用方法と用途

水性の画材なので、水で溶くだけですぐさま着彩に取りかかる事ができる。
ただし極端な薄塗り顔料の粒子が浮き出してムラになりやすく、逆に極端な厚塗りもそのままでは絵具がひび割れてしまうので注意。
いずれの場合も専用のメディウムを使う方ことである程度対応できる(後述参照)。
基本的にはポスターカラー不透明水彩と同じ技法が使えるので、ポップアートやアニメ風のイラスト、日本画風の作品に適している。
性質上着彩途中で主線が消えやすいが、その後の処理によって仕上がりに変化が出る。
そのままだと厚塗り風になり、色鉛筆で主線を描き起こすとソフトに、顔料ペンカラーインクだとシャープに仕上がる。
塗料面がザラついている事もあり、他の画材との併用も容易。但し、色鉛筆パステルを始め、下に塗ったアクリルガッシュが乾いてから乗せること。逆に、コピック等のマーカー類はこれらを先に塗っておく必要がある。透明水彩など水溶性の画材はどちらを上にしてもいいが、必ず下の絵具が乾いてから重ねることが必須である。
なお、アクリル絵の具の各種メディウムを併用すれば、表現の幅が一気に広がる。
例えば、モデリングペーストジェルメディウムなら極端な厚塗りも可能になるし、ペインティングメディウムならエアブラシに用いる際扱い易くなり、表面も美しく仕上がる。但し、使い過ぎると本来の艶消しの質感が損なわれるので注意。
アクリル絵の具同様、基底材をほとんど選ばないのも特長。
紙の場合、極端に薄く弱いものでなければどれでも使用できる。
紙以外にも木材・布・プラスチック等に着彩できるが、基底材によっては発色が落ちたり、定着しづらかったりするものもある。その場合も専用のプライマー(下地)をあらかじめ塗る事で大抵は解決できる。
なお、最初に揃える時に筆用のクリーナーも購入しておこう。万一、服に付いてもすぐさまこれを揉み込み水洗いすればかなり取れるからだ。また、筆は天然毛の高級品ほどアルカリによって早く傷む恐れがあるのでアクリル絵の具専用の筆か学童用、プラモデル用など安価な合成絵筆が望ましい。

(引用元:「アクリル絵具」『Wikipedia日本語版』 2010年3月21日 (日) 05:26 UTCの版
「アクリルガッシュの全技法」南雲治嘉著 グラフィック社
「デザインの現場と道具」「画材大全」以上、美術出版社)

関連イラスト

私の部屋



関連タグ

ツール ペイントツール アナログ
アクリル ガッシュ アクリル絵具

pixivに投稿された作品 pixivで「アクリルガッシュ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2310853

コメント