ピクシブ百科事典

アモン・ドック

あもんどっく

『機動戦士ゼータガンダム1/2』に登場するティターンズのMA。

概要

機動戦士ゼータガンダム1/2」に登場。
ティターンズの月面拠点で開発されたとされる機体であり、バウンド・ドックがスカート部で上下互い違いに接続されている。
本来の脚部はクローアームとして側面に露出しており、クローアームと左腕にメガ粒子砲が各1門、計4門追加されている。
また、搭載されたサイコミュと搭乗者を連動させることで、予測した状況の推移に応じた対処法の選択や結末を搭乗者に直接伝達するシステムを有しており、これは「戦場に漂う死者の精神をサイコミュシステムに取り込ませ、ナビゲーションとしての役割を持たせる」というものであり、死者の数だけ取り込むことが可能とされている。
当機について描写のある「エドガー・エドモンド・スミスの日記」によれば、バウンド・ドックがニュータイプ用試作機として開発したにもかかわらず、とりたてて内蔵武器を持たない点や、MA状態での機体防御面での脆弱性を否めない点から用兵思想が見え難い兵器であることを指摘しており、当機こそが本来の完成形であるものと仮説を立てているが真偽のほどは不明。

関連タグ

機動戦士ゼータガンダム1/2

関連記事

親記事

機動戦士ゼータガンダム1/2 きどうせんしぜーたがんだむはーふ

兄弟記事

コメント