ピクシブ百科事典

アンピリトテ

あんぴりとて

アムピトリーテー ギリシア神話の海の神ポセイドーンの妃 石膏デッサン像の一人

アムピトリーテー(Amphitrite)(現代ギリシャ語: Αμφιτρίτη)

  • ギリシア神話の海の神ポセイドーンの妃である。
  • あるいはアンピトリーテーアンピトリテとも。
  • 名前の意味は「大地を取り巻く第三のもの」、即ちをあらわす。
  • 聖獣はイルカヴェール王笏がその象徴となる。
  • アムピトリーテーは、ネーレウスがオーケアノスの娘ドーリスとの間にもうけた50人の娘ネーレーイデスの一人だといわれる。
  • ポセイドーンの求婚に始めは抵抗したが、ポセイドーンからイルカをプレゼントされ、婚姻を承諾した。
  • また一説には、アムピトリーテーは、はじめポセイドーンを嫌って海の西の端オーケアノスの宮殿に隠れた。
  • 1匹のイルカがポセイドーンに隠れ場所を教えた。その結果ポセイドーンはアムピトリーテーと結婚できたことを喜び、このイルカを天に上げたのが、いるか座となったという。
  • ポセイドーンとの間に、トリートーン、ロデー、ベンテシキューメーを生んだ。トリートーンは上半身が人間、下半身がイルカ(または魚)の姿をしている。
  • レートーがデロス島でアルテミスとアポローンを出産したとき、ディオーネー、レアー、テミスとともに立ち会った。
  • ポセイドーンはもともと大地の神だったが、アムピトリーテーとの結婚によって海も司るようになったともいわれる。

関連

石膏デッサン ラボルト

コメント