ピクシブ百科事典

イドアズ

いどあず

「ツイステッドワンダーランド」内の腐向けカップリング。
目次[非表示]

概要

ツイステッドワンダーランド」に登場するキャラクター ジェイド・リーチ/フロイド・リーチ×アズール・アーシェングロットの腐向けカップリング。ジェイアズフロアズ両方の要素を含むものに対して使用される呼称。
カップリング名の由来は攻め二人の名前に共通して「イド」がはいっていることから。

3人はナイトレイブンカレッジに入学する前からの知己であり、珊瑚の海では同じミドルスクールに通っていた幼馴染である。
フロイドとジェイドはウツボの人魚、アズールはタコの人魚であり、ウツボはタコを好んで食べる習性がある。
またプロフィール欄ではフロイドの好物は「たこ焼き」ジェイドの好物は「タコのカルパッチョ」と公式で設定されている。公式が病気

名前ジェイド・リーチフロイド・リーチアズール・アーシェングロット
オクタヴィネル副寮長オクタヴィネルオクタヴィネル寮長
学年2年E組13番2年D組17番2年C組3番
誕生日11月5日(蠍座)11月5日(蠍座)2月24日(魚座)
身長190cm191cm176cm
年齢17歳17歳17歳
出身地珊瑚の海珊瑚の海珊瑚の海
利き手
得意科目魔法薬学音楽錬金術
部活山を愛する会バスケットボール部ボードゲーム部
趣味テラリウムダンスコイン集め
嫌いなこと予定調和束縛運だのみ
好きな食べ物タコのカルパッチョたこ焼き唐揚げ
嫌いな食べ物アナゴしいたけ栄養バランス食品
特技紅茶をいれることパルクール暗算
CV駒田航岡本信彦田丸篤志





メインストーリーのネタバレを含む






















太ったグズでノロマな珍しいタコの人魚ということもあり、幼少期周囲から虐められて育ったアズール。
海の魔女のような偉大な魔法士になり、虐めてきた奴らを見返してやると蛸壺に籠り必死で勉強をつづけるアズールに目を留めたのが、ジェイドとフロイドだった。

「ねぇ、タコちゃん。そんなせまい蛸壺に引きこもって何してるの?」
「すごい、どの貝殻にもびっしり呪文や魔法陣が書いてある─(中略)─君、その八本足でずっと魔導書の研究を?」

そう声を掛けてきたフロイドとジェイドに対し、「うるさいな、僕のことは放っておいてよ」「墨を吐き付けられたいのか!邪魔をするな!」と邪険に扱うアズール。そんなアズールを「ジェイド。あのタコ、面白いね」「ええ、フロイド。興味深いですね」と評する2人。これが3人の出会いである。

それから数年が経ち、学園内で起こる奇っ怪な出来事の黒幕はアズールではないかと双子が話を持ちかけたところ、アズールは「まさか、もうバレてしまうなんてね」と、黄金の契約書を完成させたことを2人に告げた。
フロイドの「俺たちエレメンタリースクール入ってからずっと一緒のクラスだったらしいけど、オレ、アズールを認識したのミドルスクール入る直前だし」と言う言葉もある通り、幼なじみではあるが今のビジネスライクの付き合い(本人ら曰く)に落ち着いたのはここ数年の出来事である事が伺える。


双子←アズール

twst腐log②


「無能はいらない」と公言し見出だした価値に見合う結果を示し続けなければ容赦なく切り捨てるアズールが、己の醜い過去を知っている2人を腹心として傍に置き続けている。
またオーバーブロットした際の「ああ、ジェイド、フロイド。やっと戻って来てくれたんですね…」のセリフに気が狂った小汚い雑巾は多い。
過去回想で「僕はいつもひとりぼっち」というセリフがあるが、契約書を完成させた後の独白では「僕はもう、グズでのろまな"ひとりぼっちの"タコじゃない」というセリフがあり、さらに4章では「今年も"3人ぼっち"のホリデーですか」という台詞もある。アズールは、もう自身をひとりぼっちだとは思っていないようだ。
しかし双子に対しての認識は「従者ごっこ」「面白がって従ったフリをしているだけ」「飽きたら離れていく」である。
「僕がリーダーとして間違った、或いはつまらない選択をしたら、2人はあっさり僕から離れ、寮長の座を奪いに来るでしょう」とアズールは言っているが、見境なく他人の魔法を奪い挙句オーバーブロットしたアズールの元に、今も変わらず双子が傍に居るという事が全てを物語っているのではないだろうか。

フロイド→アズール

無題


面白い事が全ての極度の飽き性で、楽しくなくなった対象にはすぐさま興味が失せるフロイド。4章でも「今はアズールの言うこと聞いてるのが面白いからそうしてるだけ」「(アズールに勝負を)挑む予定はねーよ…今んとこは」と言っているように、アズールが面白くなくなったら離れることを公言しているが、アズールがオーバーブロットした際は「ちょっとゲンメツ」と言いながらもその後のストーリーで当たり前のように傍に居続けている。オーバーブロットでちょっと幻滅レベルならば、これ以上の出来事などそうそう起こらないのではないだろうか。
さらに過去を情けなく思うアズールに対し「別にいーじゃん。オレ、この頃のアズール、好きだけどな。……今より食べでがありそ〜だしぃ」というからかいのセリフを残しているが、この「この頃のアズール、好きだけどな」の声色があまりにも邪気がなく、あまりにも優しく、あまりにも穏やかだったため、多くの小エビの心臓が捻切れた。ありがとう岡本さん。
さらにフロイドは基本的に他人をあだ名で呼ぶが、アズールのことは名前で呼ぶ。これについてホーム画面での会話で「アズールにあだ名ではつけないのかって?だって、アズールはアズールじゃん」と言及。
(黄金の契約書を完成させたミドルスクール時点では「タコちゃん」と呼んでいたため、何処のタイミングでこの認識になったかは不明)
また気分屋でキレやすく、相手が怒っていようと全く気にしないマイペースな面があるフロイドだが、アズールからお使いを成し遂げられなかった時は「アズール怒るかなぁ」「これがあればアズール怒らないかな」と気にし、長時間の説教や正座にも応えたり(ラギー曰く「自由人フロイドくんも、アズールくんには頭が上がらないンすかねぇ?」とのこと)、歩けなくなるまで尾びれを絞られる原因になったアズールの閃きにも「次はねーぞ」のガン飛ばしだけで許している。なぜ。

ジェイド→アズール

ジェイアズ中心落書き詰2


情があるように見せかけ自身の探究心を満たす為なら他人を利用する事に一切の躊躇がないジェイド。常に冷静さを崩さない彼だが、アズールの異常を察知した際には焦りを隠しきれず苛立ち、オーバーブロットしているアズールに対して声を荒らげて説得していた。また正気に戻ったアズールに心から安堵している様子が伺える。
片割れ以外の他人をさん付けで呼ぶが、アズールに対しては呼び捨て。
(初対面では「君」だったが、ミドルスクール時点では既に「アズール」と呼びかけている)
ジェイドは恒常カードである制服・運動着・実験着・式典服・寮服、さらにイベント限定カードのビーンズカモのどれをホーム画面に設定してもアズールについて言及しており、「アズールは目的のためなら手段を選ばない……つまり努力家なんですよ。誤解されやすいんですけどね」「人を惹きつける才能ならやはりアズールが一番かと」など、本人がいないところではアズールを評価している様が見受けられる。
だが4章では「アズールに爪の垢を煎じて呑んでいただきたいくらいです」「卑怯さのレベルで言えばアズールと見劣りしません」と本人を前にめちゃくちゃ煽る言動ばかりしている。しかしながら「アズールは人魚になっても泳ぐのが速くありませんから」と煽り言葉を挟みつつも、背中に乗せる相手にいの一番にアズールを指名したりなど、思春期男子中学生のような非常に複雑な言動や行動をアズールにとる。
またフロイドがアズールと契約し自身のユニーク魔法を差し出した際に「僕ならぜったいにアズールと契約なんかしたくありませんよ」とボロくそに言っているが、3章でオーバーブロットし「僕と取引しましょうよ」と持ちかけたアズールに対しては、「いつものアズールとなら取引してもいいけど今のアズールとはヤだな」というフロイドに「同感です」と返している。
さらに豆イベントではアズールの足音に対し、イデアが居る前では「この忙しない足音は」と表現したが、その後の心中セリフでは「(あの高らかな足音は)」と言い方をわざわざ変えている。なぜ。
ちなみに豆イベントは一発目のイベントということもあり、メインストーリーと同様枢やな先生がシナリオを担当している。先生どうして。


その他

他にも様々なカードやイベントで3人は出演。さんこいちを見せつけている。
ジェイドがアズールに愛想を尽かし転寮する話、アズールの実家のリストランテに双子がミドルスクールの頃行った事があること、アズールがピアノ・ジェイドがベース・フロイドがドラムでトリオで演奏していたことや、「いつも一緒の2人は?」「オクタヴィネルの仲良し3人組じゃん」「悪徳3人衆!」「うちのジェイドとフロイドが〜」等、聞き捨てならない台詞や設定が山のようにある。
オクタ寮のパーソナルストーリーのディレクションは枢やな先生が担当しているので、まだ未プレイの方はぜひ1度本作品をプレイしてみてほしい。


関連イラスト

ツイステログ01


オクタ+イドアズログ1
ギブアンドテイクの関係/イドアズ



関連タグ

ツイ腐テ アズール・アーシェングロット フロイド・リーチ ジェイド・リーチ 3P

関連記事

親記事

ツイ腐テ ついすてっどわんだーらんどふむけ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「イドアズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 64160717

コメント