ピクシブ百科事典

ウルトラ警備隊 空想特撮ゲーム

うるとらけいびたいくうそうとくさつげーむ

『ウルトラ警備隊 空想特撮ゲーム』とは、1996年にバンプレストから発売されたウルトラマン30周年記念のアケードゲームである。制作はセタが担当。
目次[非表示]

概要

ジャンルは縦スクロール方式のシューティングゲーム
このゲームの主人公はウルトラマンではなく、各作品に登場する防衛チームである。
ウルトラ警備隊』とタイトルにあるが、初代ウルトラマンからウルトラマン80までの防衛チームが登場する。
各防衛チームの戦闘機を操り、歴代の強豪怪獣達を倒していく。全7ステージ。

操作方法

レバー・・・自機の移動。
Aボタン・・・ショット。ノーマルショットとホーミングショットを同時発射できる。ただし、ホーミングショットはアイテムを取る必要がある。ボタンを長押しすると連射が可能。

Bボタン・・・機雷。レバーと組み合わせることによって、相手が触れると爆発する機雷を任意の方向に発射可能。画面上に8個までバラ撒ける。

Cボタン・・・ウルトラボム。各機体に一人ずついるウルトラ兄弟を召喚して攻撃する。使用回数に制限があるが、発動中はウルトラ兄弟が去るまで自機が無敵状態になる。

アイテム

途中に現れるアイテムキャリアを破壊することで現れる。

P・・・ノーマルショットの攻撃力が最大16段階まで増える。16段階目にPを取ると左右に攻撃できるサイドショットが追加される。しかし、普通にこのアイテムを出した場合は15段階目で打ち止めになってしまい、16段階目を出したい場合は14段階目でPを出したままもう一度Pを出すか、?アイテムを取ってフルパワーアップ状態にするしかない。

M・・・ホーミングミサイルが撃てるようになる。それ以降に取ると最大6発まで撃てるようになる。

B・・・ウルトラボムの使用回数が1回増える。最大9回分までストック可能。

1UP・・・残機が1増える。

?・・・ショットとミサイルがフル装備になり、サイドショットが追加されるラッキーアイテム。

赤い正八面体・・・得点アイテム。

登場機体

ジェットビートル・・・科学特捜隊
ウルトラホーク1号・・・ウルトラ警備隊
マットアロー1号・・・MAT
タックスペース・・・TAC
コンドル一号・・・ZAT
マッキー3号・・・MAC
シルバーガル・・・UGM

ステージ

ステージ1~4までは自機選択後にプレイヤーが任意で選択し、前半の4ステージをクリアすると後半の3ステージが解禁される。最初の4ステージのボス戦のBGMは「TACの歌」。

  • ステージ1
区域:JAPAN
中ボス:ゴモラ
ステージボス:バルタン星人
BGM:ウルトラマンの歌

  • ステージ2
区域:AMERICA
中ボス:レッドキング
ステージボス:キングジョー
BGN:ウルトラセブンの歌

  • ステージ3
区域:EUROPE
中ボス:ギエロン星獣
ステージボス:ベムスター
BGN:帰ってきたウルトラマン

  • ステージ4
区域:CHINA
中ボス:無し
ステージボス:バキシム
BGM:ウルトラマンエース

  • ステージ5
区域:AIR ZONE
中ボス:エレキング
ステージボス:ゲラン
BGM:ウルトラマンタロウ

  • ステージ6
区域:SPACE
中ボス:無し
ステージボス:ノーバ
BGN:ウルトラマンレオ

  • ステージ7
区域:MOON
中ボス:無し
ステージボス:ファイヤードラコ
BGM:ウルトラマン80

最終ボスゼットン ファイヤードラコ撃破後に連戦。

関連タグ

ウルトラマン 防衛チーム アーケードゲーム シューティングゲーム

コメント