ピクシブ百科事典

エアタービン

えあたーびん

歯医者さんで歯を削るのに使う、いわゆるドリル。
目次[非表示]

通称「歯医者ドリル」。例の甲高い「チュイーン」音の正体である。

ちなみに一般的なドリルとは違い、正確には「先端にダイヤモンド粒子が付いたヤスリ」に近い。歯はダイヤモンドの次に硬度があるのでダイヤモンドで虫歯を削るのである。その為ドリルとしては厳密には間違い。
近いものとしてはホビー分野で特にモデラーがよく使うリューターみたいなものである。


名前の通り、エアー(圧縮空気)によってタービン(風車)を回す事で動作する。
多くの人が、モーター(電気によって)で回っていると思っているが、間違いである。
通常、歯科ユニットに
エンジン」・・・回転数は落ちるがトルク(削る力)が優る
と共に設置されている。

何故空気で駆動するのか

1.電気的に絶縁を保つ・・・医用接地の観点から治療中のマクロショック事故を防ぐため保護接地及び等電位接地が義務付けられている事が多く、その絶縁策として。
2.排気による飛散防止・・・ポイント(ドリル先端)周辺に排気を利用したエアカーテンを形成する事により削りカスの飛散を抑える目的がある。

他にも有ると思いますが、詳しくは専門書をご覧下さい。(間違っている可能性も<が>高いです)

あまり知られていない事

実はこのエアタービン、削る際に浄水器を介した細かい霧状の水も噴出させている。これは摩擦熱が口の中のたんぱく質の変性(早い話が摩擦熱による火傷)を防ぐための冷却なのである。

関連タグ

 虫歯 歯科医院 歯科医 歯科医師 歯科衛生士
痛かったら悲鳴あげてくださいねー

関連記事

親記事

歯医者 はいしゃ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「エアタービン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 540625

コメント