ピクシブ百科事典

エクスカリパー

えくすかりぱー

「最強の剣じゃないのかー!」
目次[非表示]

ファイナルファンタジーシリーズ

エクスカリバーの偽物としてFF5から登場している「エクスカリー」。
プレイヤーが武器として手に入れられるのは、ギルガメッシュと4度目の戦いに勝利した時。
同作に登場するギルガメッシュを語るのに外せない武器となっている。
これで攻撃すると、必中になる代わりに通常攻撃で与えるダメージは常に1になる。
所謂「固定ダメージで1与える武器」なので、使おうと思えば使えるが通常は不要。
攻撃力自体は100あるので、投げると強いのはご愛敬。
ゴブリンパンチの媒体にしてもしっかり攻撃力100を発揮してくれるので、使い方を間違えなければ実は強かったりもする。
ちなみにギルガメッシュはこの武器の通常攻撃で2桁ダメージを与えてくるあたり流石である。

ちなみにエクスカリバーは柄のところの模様が「太陽」で、パーは「月」になっている。
FF12に登場する「トウルヌソル」はバーと同じデザインをしており、
12のギルガメッシュが持つエクスカリパーはトウルヌソルの偽物と言われている。

各作品における特徴・性能

FF1(GBA版以降)

武器としては登場しないが、追加ダンジョンの隠しボスとして登場するギルガメッシュが特技として使用する。
威力はお察しの通り。

FF4(GBA版以降)

追加ダンジョンの月の遺跡にて、セシルが受けられるパラディンの試練に二回間違えると入手できる。
オリジナルとは性能が異なり攻撃力+1となっているので、投げてもダメージは1。これといった使い道もないので歴代で最も役に立たないエクスカリパーでもある。
ちなみに、この試練に成功すると強力な武器である「ライトブリンガー」が手に入る。

FF6(GBA版以降)

世界崩壊後、ジドールの競売場にて50万ギルで競り落とせる。
FF4の時と同じく性能は攻撃力+1となっているので、武器としては全く役に立たない。
しかし、これを竜の首コロシアムの賭け品に出すと戦闘中にギルガメッシュが乱入、戦闘に突入する。
この時彼を倒すと、召喚獣として仲間になってくれる。
召喚技としてもこれが発動することがある。やっぱりダメージは1。

FF8

特殊な条件を満たすとG.F.として仲間になるギルガメッシュの使用技の一つとして登場。
敵全体に1の固定ダメージを与える。
ちなみに、他に使用する技はオーディンから受け継いだおなじみ即死技の「斬鉄剣」、敵全体に9999の大ダメージを与える「まさむね」、同様に敵全体に大ダメージを与える「エクスカリバー」がある。

FF9

4本腕の男関連のイベントにて、名前だけ登場。
見た目はエンキドゥ曰く「ド派手な飾りがついている」らしい。

FF11

2015年のログインキャンペーンにて入手できた。武器のカテゴリーは片手剣。
元ネタ同様威力は武器としては最弱クラスで、見た目もまるでバルーンアートのように丸っこく頼りないものとなっている。
ちなみに、エクスカリパー二つを錬成すると「エクスカリパーII」になる……が、元が元なのでやはりまともに扱おうとするには非常に難がある。また、エクスカリパーIIにすると固有WS「ナイスオブラウンド」が使えるようになる。

FF12(インターナショナル版)

モブとして登場したギルガメッシュの討伐報酬として入手できる両手剣。
相変わらずダメージは1しか与えられないが、クリティカルヒットが発生すると2〜3のダメージを叩き出す
ちなみに、本作のギルガメッシュはエクスカリパーの偽物である「エクスカレプリカ」という剣を使う他、歴代タイトルの主人公達が使っていた武器の偽物も所持している。

DFFシリーズ

ショップで合成武器として購入できる。素の攻撃力は68だが、「物理ダメージ-100%」の効果があるのでやはり使い物にならない。
召喚獣として登場するギルガメッシュは、エクスカリバーとエクスカリパーのどちらかをランダムで使用。バーが発動するとブレイブが3倍に増えるが、パーの方が発動するとブレイブが強制的に1になる。
また、続編のDDFFにてプレイアブルキャラクターとして参戦したギルガメッシュが武器を使う攻撃(ブレイブ攻撃、HP攻撃どちらも)を発動するとランダムでエクスカリパーを使用する。こちらは相手のブレイブに防御力無視の1固定ダメージを与えるものとなっている。相手の防御力によってはダメージが0になる事もある本作においては、なかなか侮れない。

関連タグ

ファイナルファンタジー
ギルガメッシュ(FF) FF5 DFF エクスカリバー

pixivに投稿された作品 pixivで「エクスカリパー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 83875

コメント