ピクシブ百科事典

キリサキシンドローム

きりさきしんどろーむ

『キリサキシンドローム』とは、電撃文庫より刊行されているライトノベル。
目次[非表示]

概要

著:小林三六九、イラスト:池田靖宏、によるライトノベル。既刊は2巻。

ストーリー

主人公・伊佐美遥彦は、巷を騒がせている”キリサキ魔”による殺人事件の現場に居合わせてしまい、その巻き添えで殺されてしまう。
だが―――翌日、彼は何事もなかったかのように蘇っていた。

様々な疑問を抱えたままの遥彦は、高校で昨日自分を殺した犯人を見つけた。
「昨日、俺を殺しませんでしたか?」
その犯人とは、校内一の美少女―――三日月彼方だった。

登場人物

  • 伊佐美遥彦(いさみ はるひこ):地元の学校に通う高校2年生。”キリサキ魔”により口封じのため殺されてしまうが、なぜか不死身の体になって復活した。
  • 三日月彼方(みかづき かなた):遥彦と同じ学校に通う高校1年生。遥彦は彼女が”キリサキ魔”の犯人ではと推測するが・・・。
  • 野々原歩実(ののはら あゆみ):遥彦の幼なじみでクラスメイト。いつもハツラツとした元気娘。
  • 瀬里沢道流(せりざわ みちる):遥彦のクラスの委員長。内気で控えめな少女。
  • 御木本卓郎(みきもと たくろう):遥彦の幼なじみでクラスメイト。可愛い女の子に目がない。
  • 不知火杏奈(しらぬい あんな):「退魔師の黒巫女」を名乗る謎の女性。


関連タグ

ライトノベル 電撃文庫

pixivに投稿された作品 pixivで「キリサキシンドローム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65

コメント