ピクシブ百科事典

クラティ母

くらてぃはは

クラティ母とはファイナルファンタジー7のクラウドとティファのカップリングが大好きな母である。FF7世代的な意味でも、クラエア姉の生みの親である意味でも親しみを込めて母と命名された。 ※良識のあるクラティ好きの人とクラティ母は別人である。
目次[非表示]

概要

クラウドの相手はティファしか認めない!という強い信念のもと、ネット上でエアリス、ティナ等
クラウドと良い雰囲気になったキャラクターを徹底的に攻撃するクラティが大好きな母。
FF7が1997年発売なのを考慮すると、長寿選手は30代、40代と予測出来ることから敬意も込めて
FFユーザーからは母と呼ばれている。
なお、良識のあるクラティ好きの人と、クラティ母は別人なので混合しないようにして頂きたい。

クラティ母たちが最も感動したFF7のシーン「忘らるる都のイベント」

ほとんどのFF7ユーザーが悲しみにくれた、あまりに有名なエアリスのイベントだが、クラティ母にとっては、【最も感動したシーン】に変換されている。気分の悪い話ではあるが、クラティ母にとってはライバルが消えて最高に感激なワンシーンなのである。

クラティ母 語録

『なんだクラエアかと思った!』

ティファにとってあまり芳しくない書き込みをネットで見つけた時のお言葉。
実際はFF6ファンの書き込みだったのだが、母にとっては
ティファの悪口=クラエア派の嫌がらせ …と思い込んでいるようだ。
クラエア好きの人からしたら、たまったもんじゃない思い込みである。母が原因とは言えないが
今やティファが苦手なユーザーは様々なナンバリングのFFファンに存在し、幅広い層に
アンチがいるのが現状である。

『ティファが爆弾テロしたから何なの!反省してるんだし蒸し返すな!』

クラティ母としては、ティファの行為で大勢犠牲者が出ていようと、反省を口にしていれば
無罪なのである。

『クラティとザクエアが公式!それ以外は認めない!!』

クラティを何が何でも公式にしたくて、やたらとザクエアを推してくる。
FF公式カップルのリンク集に非公式のクラティとザクエアのジャンルを作る母もいたほど。


『だから私はクラティしか認めない!みんなもクラティ派になって!』

生息地に記載の掲示板で、画像のリンクやセリフの引用を駆使して自分の考えを
他の人達に押し付ける際に発信する心のメッセージ。
母のおかげで何人のティファファンがファンを辞めたか分からない。




生息地

FF7総合スレ、ティファ・ロックハートアンチスレ、FFRK公式攻略wikiティファページ







他のキャラクターのファンスレに延々とクラティ母の見解(だから私はクラティしか認めない!みんなもクラティ派になって!)を書き込みし続ける。





関連タグ

クラティ クラエア姉

関連記事

親記事

ブロントさん ぶろんとさん

兄弟記事

コメント